厚生労働省は16日、令和3年1月30日(土)、31日(日)に実施された「第114回歯科医師国家試験」の結果を発表しました。
発表された概要は以下の通りです。

【第114回歯科医師国家試験結果】
・出願者数
  新卒者 2,615名
  全体  3,852名
・受験者数
  新卒者 2,103名
  全体  3,284名
・合格者数
  新卒者 1,687名
  全体  2,123名
・合格率
  新卒者 80.2%
  全体  64.6%
・合格基準
 一般問題(必修問題を含む)を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、

 (1) 領域A(総     論)          53点以上/100点
 (2) 領域B(各論Ⅰ~Ⅱ)   107点以上/167点
 (3) 領域C(各論Ⅲ~Ⅴ)   129点以上/206点
 (4) 必修問題     63点以上/ 78点

    但し、必修問題の一部を採点から除外された受験者にあっては、
    必修問題の得点について総点数の80%以上とする。

・試験合格者一覧
  第114回歯科医師国家試験合格速報

(参考情報)
 ・歯科医師国家試験の合格率は64.6%、新卒者の合格率は80.2%。
  平均合格率は、国立が75.3%、公立が78.4%、私立が61.2%、認定や予備試験のその他は53.8%でした。
 ・学校別合格者状況では、合格率がもっとも高いのは「東京歯科大学」94.2%、ついで「北海道大学歯学部」87.5%、「日本歯科大学新潟生命歯学部(日本歯科大学新潟歯学部を含む)」84.6%。
なお、歯科医師国家試験の予備試験合格者は新卒3名が受験して3名合格し、合格率が100%でした。

   厚生労働省公式サイトから引用