日本商工会議所では、昨年の開始から1年を迎えた「日商プログラミング検定」のSTANDARDレベルにおいて、これまでの3言語(C言語、Java、VBA)に加え、「Python」を2020年4月から新たに開始することを発表しました。
・4月~5月の連休明けまでは、試験会場を限定して先行実施する予定になっています。
・この検定試験の最上級であるEXPERTレベルでは、2020年10月から施行開始予定になっています。

同試験に係るサンプル問題は、以下をご参照ください。
  日商プログラミング検定サンプル問題
※「Python」はAIの開発言語であり、他言語に比べ、初学者向けで学びやすく、昨今注目を集めているプログラミング言語です。

 詳しくは、日商プログラミング検定サイトをご覧ください。

   日本商工会議所検定公式サイトから引用