一般財団法人日本産業協会は、企業の消費者対応に特化した新資格「お客様対応専門員(CAP)」を創設、2018年10月15日、お客様対応専門員(CAP)試験の受付を開始したことを発表しました。本試験は11月15日より受験開始となります。

この試験は、消費者問題から消費者関連法令、消費者行政、消費者志向経営などを幅広く学習できるため、特に企業でお客様相談に携わる担当者やコールセンターで勤務する方にとっては必須の資格と言えます。また日頃より直接お客様に対応している店舗スタッフや営業の方にも、この試験ではお客様相談に関する幅広い知識を習得できるため、大変価値ある資格となるでしょう。

【お客様対応専門員(CAP)資格試験の概要】
 ・試験方式:CBT
 ・出題形式:択一および○×式
 ・学習方法:お客様対応専門員(CAP)資格試験テキストによる学習
 ・試験実施日程/会場:随時(2018年11月15日より試験実施)/全国の指定会場にて
 ・申込方法:インターネット受付のみ(申込日より3日目以降の予約が可能)
 ・受験料:6,302円(8%消費税込)

試験の詳しい内容は、お客様対応専門員(CAP)試験公式サイトで確認ください。

スポンサーリンク