日本学術会議協力学術団体メンタルケア学術学会が主催する検定試験が、平成30年8月よりメンタルケア学術学会心理系検定試験で唯一、メンタルケア学術学会主催文部科学省後援の「こころ検定」となりました。
試験はCBT方式で10月29日(月)から、2級,3級,4級からスタートになります。

第1回文部科学省後援「こころ検定」公式説明会がメンタルケア学術学会とヒューマンアカデミー株式会社運営ヒューマンアカデミーの共催で11月に行われます。
  ⇒文部科学省後援のこころ検定公式説明会の案内

 尚、こころ検定試験制度発足により今後、より高度な心理学の知識・技能習得証明として以後の2級及び1級は現在、メンタルケア学術学会にて認定している、メンタルケア心理士を2級、メンタルケア心理専門士を1級相当とし、学術学会入会許可を与え研究者の称号を付与する制度としています。

※こころ検定の試験概要や試験日程など詳細
 ⇒「こころ検定」公式サイト

 ※「こころ検定」公式サイトから引用

スポンサーリンク