改正建築士法が2018年12月8日、参院本会議で可決、成立した。
改正建築法では建築士試験の受験要件である実務経験を、建築士の免許登録時の要件に改める。
建築士試験の受験機会の前倒しを可能にすることで、若手を中心とした受験者の確保につなげる狙いがある。
一級、二級、木造建築士が対象で、早ければ20年の試験から適用される見通しだ。

(参考)
日本建築士事務所協会連合会、日本建築士会連合会、日本建築家協会の設計3会による建築士資格制度の改善に関する共同提案を受け、議員立法による建築士法の改正作業が進められることが決まった。
建築士試験の受験者数の減少を踏まえ、学科試験の受験資格に実務経験を課さないなど試験の要件や内容の合理化が柱となる予定。

  建設通信新聞(行政)から引用

スポンサーリンク