平成30年度国家総合職(大卒程度)教養区分・経験者・専門職(高卒程度)(5種類)の申込状況が人事院より発表されました。
以下、総合職試験(大卒程度試験)教養区分、経験者採用試験(8種類)、専門職試験(高卒程度)の申し込み状況を人事院公式サイトから引用しました。

 
平成30年度国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分、
  経験者採用試験等の申込状況について                
 

   ○ 総合職試験(大卒程度試験)教養区分の申込者数は2,928人で、女性の申込者数は1,036人となり、いずれも試験が新設された平成24年度以降最多です。
   ○ 経験者採用試験(8種類)の申込者数の合計は2,921人で過去最多です。
 ○ 専門職試験(高卒程度)のうち、9月16日と23日に実施する5種類の試験の申込者数の合計は11,967人で、女性の申込者数の合計は2,690人となりました。

1 総合職試験(大卒程度試験)教養区分【第1次試験日:9月30日(日)】
  総合職試験(大卒程度試験)教養区分は、専攻分野にかかわらず、帰国子女や多様なバックグラウンドの人材の確保に資するよう、深い教養や企画立案に係る能力の検証を重視した試験の区分です。
  申込者数は2,928人で昨年度に比べ117人(4.2%)の増加となりました。
  このうち、女性の申込者数は1,036人で、全体の申込者数の35.4%となり5年連続で3割を超えるとともに、いずれもこの試験が新設されて以降、過去最高となりました。

2 経験者採用試験【第1次試験日:9月30日(日)】
  経験者採用試験は、民間企業等における勤務経験を有する有為な者を係長等の官職へ採用する試験です。
  なお、本年度、新たに総務省経験者採用試験(係長級(技術))が実施されます。
  経験者採用試験8種類の申込者数の合計は、2,921人(昨年度2,636人)となりました。

以下詳細は下記ページで確認ください。
 

スポンサーリンク