技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。検定の実施は、検定職種ごとに特級・1級・単一等級・2級・3級に区分し、知事の委任を受けて、実技試験と学科試験を職業能力開発協会が行います。技能検定に合格された方には、特級・1級・単一等級の場合は厚生労働大臣から、2級・3級は知事から合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。

 

本日(28日)、平成30年度前期 「国家検定(技能検定)」の合格発表がありました。

(参考)大阪府の結果は以下で確認ください。
・技能士合格
技能士1級、単一等級、2級、3級
・一部合格(実技・学科)
技能士1級、単一等級、2級、3級
https://www.osaka-noukai.jp/exam/siken_1/goukaku4.asp
 

 ※大阪府職業能力開発協会の公式サイトから引用

スポンサーリンク