法務省は11日、今年の司法試験合格者を発表した。
受験者5,238人(昨年比729人減)に対し、合格者は1,525人(同18人減)だった。法科大学院の統廃合や定員削減などもあり、受験者、合格者ともに新試験へ完全移行した2012年以降で最少でした。

政府が2015年6月に決定した合格者の数値目標「1,500人程度」は上回った。合格率は29・11%(同3・25ポイント増)。合格者の年齢(今年末現在)は19~68歳で平均28・8歳でした。
 試験結果の詳細は、下記参照ください。
    ⇒法務省公式サイト「平成30年司法試験の結果について」

 ※法務省「司法試験」に関する公式サイトからデータ引用

スポンサーリンク