家電製品協会認定センターは11月1日付で、「第35回家電製品協会認定資格試験」(9月に実施)の合格者に認定証を交付した。資格の内容は「家電製品アドバイザー資格」、「家電製品エンジニア資格」、「スマートマスター資格」で、総勢で延べ
16,009人が受験し、3つの資格合計で延べ6,111人が合格しました。

また、非常に優秀な成績の合格者730人に対して、最上級の知識保有者であることを証明する「エグゼクティブ等級」を付与。創設3年目のスマートマスター資格には575人が合格。資格取得者は累計で5,663人となりました。

各試験の結果は下記の通りです。
【第35回全国統一試験】
・家電製品アドバイザー資格試験
  AV情報家電 受験者数6,990名 合格者数2,726名 合格率39.0%
  生活家電  受験者数6,922名 合格者数2,562名 合格率37.0%
・家電製品エンジニア資格試験
   AV情報家電 受験者数280名 合格者数119名 合格率42.5%
   生活家電  受験者数271名 合格者数129名 合格率47.6%
・スマートマスター資格試験
  一般受検 受験者数1,401名 合格者数520名 合格率37.1%
  科目受験 受験者数145名 合格者数55名 合格率37.9%

 さらに詳しい内容は、家電製品協会認定センター 試験結果ページで確認ください。

  家電製品協会認定センター公式サイトから引用