ITエンジニアの登竜門とも称される「基本情報技術者試験(FE)」の制度が、2023年4月から大きく変わります。
変更は実施時期や出題形式、採点形式など試験のさまざまな箇所に及びます。特に大きな変更になる5ヶ所ついての概要を以下にまとめました。詳細は公式サイト等で確認ください。

【変更内容の確認】
変更後の内容(2023年4月以降)
1.試験の実施時期(➡ 随時)
受験者が任意の時期に随時受験できるようになります。これまでは1年に2回、所定の期間に午前試験、午後試験の2つを受験する必要がありましたが、受験時期の変更に伴って午前試験は「科目A」、午後試験は「科目B」という名称に変わります。

2.試験時間(➡ 科目A:90分  科目B:100分)
試験時間は2023年から大幅に短くなります。これまでは午前試験150分、午後試験150分、計300分の試験を受けなければならなかった。改訂後は科目Aが90分、科目Bが100分となり、計190分の試験を受けることになります。

3.問題数(➡ 科目A:60問  科目B:20問)
試験時間の短縮に合わせて午前試験で80問だった問題数が、科目Aでは60問に減ります。

4.午後試験(科目B)の対象分野(➡ プログラミング、アルゴリズム、情報セキュリティ)
午後試験の方式については、特に大きな変更が加わりました。大問方式だった試験が科目Bでは小問方式になります。
午後試験は分野ごとに分かれた11の大問から、必須分野2問を含む計5問を選択する方式でした。
改訂後は科目Bに問題選択の余地はなく、「プログラミング」と「情報セキュリティ」、「データ構造およびアルゴリズム」を中心とした小問20問に解答する。科目Bでは個別プログラム言語について問う問題はなくなり、試験用の「疑似言語」を扱う問題のみとなります。個別言語については科目Aで知識問題として問う形になっています。

5.採点方式(➡ IRT)
改訂後はIRT(項目応答理論)方式に変更となります。IRTは素点ではなく、解答結果に基づいて試験問題の特性と受験者の能力を分けて推定する採点方式なので、解答結果から評価点を算出する方式になります。

主要な変更点は以上ですが、今回の改訂は”1969年に情報処理技術者認定制度が発足して以来の大改訂”と指摘される声もあるほどなので、受験を予定されている方には試験の「難易度」がどうなるのかということにも関心があると思います。
これについて、専門家の方々の意見も分かれているように思われます。
※意見の例
・アルゴリズムが試験に占める割合が高まり、エンジニアに必要な思考力や判断力が強く求められる。個別言語についてはほとんど問われなくなるが、これまで以上にエンジニア向けの試験となる印象で、プログラミング能力や判断力を測る問題に力を入れなければならないことや、試験時間の短縮も難易度が上がる可能性につながる。
・改訂後のサンプル問題を見る限り、試験の難易度は下がると考えている。改訂後は知識量だけでなく、論理的な思考力がより重要となるだろう。合格にはこれまでと比較し、「地頭のよさ」も重要となる可能性がある。

いづれにしても2020年度秋期試験以降、FEの合格率は40%以上を維持しており、2019年度以前の20%台と比較し高い合格率が続いていますが、2023年の改訂により状況が変わることもあり得ます。受験者だけでなくIT人材の育成に取り組む企業も、改訂により受験者数や合格率がどのように変化するか要注目です。

科目Bの問題サンプル。「疑似言語」を使ったアルゴリズムに関する問いが多い (出典:基本情報技術者試験 科目B試験サンプル問題)
疑似言語を使ったアルゴリズムに関する問いが多い
 (出典:基本情報技術者試験 科目B試験サンプル問題)