IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は1月24日、国家試験である「基本情報技術者試験」について、AI人材育成のニーズ等を踏まえ、出題の見直しをすることを発表しました。

今回の見直しでは、午後試験で出題されるプログラム言語において、教育機関・産業分野における利用状況等を踏まえ、2019年の秋期試験をもってCOBOLが廃止され、2020年の春期試験からPythonが追加されることが決まりました。
また、今後のAI時代を見据え、午後試験の出題構成、午前試験の出題比率の見直しも行われます。
具体的には、2020年の春期試験から、選択問題を構成する分野の統合を実施し、出題数及び解答数を、現行の13問出題7問解答から11問出題5問解答に変更するほか、プログラミング能力などを重視して配点が変更されることになっています。

詳しい変更箇所、変更内容はこちらで確認ください。

 独立行政法人情報処理推進機構公式サイトから引用

スポンサーリンク