日本ディープラーニング協会は、11月9日(土)に実施した2019年 第3回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #3」の結果を発表しました。発表された結果は以下の通りです。

【2019年 第3回 ジェネラリスト検定 試験結果】
・申込者数:6,786名(前回:5,387名)
・受験者数:6,580名(前回:5,143名)
・合格者数:4,652名(前回:3,672名)
・合格率:70.70%
※過去6回の実施を経てG検定の累計受験者数は21,275名、累計合格者数は14,523名となりました。

今回の受験者層と傾向
・年齢層:10代から70代。20代と30代で全体の約59.7%を占めています。
・業種:情報処理・提供サービス業とソフトウェア業で全体の約43.6%、製造業 約13.6%、運輸・通信業 約11.8%。
・その他:金融・保険業、不動産業、サービス業から学生まで、幅広い属性の方がG検定を受験されました。
・役職:課長職以上 全体の約19.7%。一般層だけでなく、管理職層の方々も数多くG検定合格を目指して引用るようです。

※詳しい内容は、プレスリリース ディープラーニングを事業に活かすための知識を測る「G検定(ジェネラリスト検定)2019 #3」結果発表をご覧ください。

※ジェネラリスト検定(G検定)の試験内容等についてはジェネラリスト検定(G検定)を参照ください。

 

  一般社団法人日本ディープラーニング協会の公式サイトから引用