算数・数学の実用的な技能を測る、実用数学技能検定「数検」を実施・運営している公益財団法人日本数学検定協会は、「数検取得者の入試における活用状況調査」を2022年4月から5月にかけて全国の各種教育機関に対して実施し、その結果、大学・短期大学・専門学校では531校、高等専門学校・高等学校・中学校では1,099校が、一般・推薦入試などにおいて、数検取得者を優遇・評価していることがわかったと、その調査結果を発表しました。
発表された調査内容と結果は以下の通りです。

「数検」入試活用調査2022
●調査概要
【調査名称】「数検」取得者の入試における活用状況調査(2022年度)
【調査方法】郵送・FAXによる自記式調査
【調査期間】2022年4~5月
【調査対象】全国の各種教育機関
     (大学・短期大学・専門学校・高等専門学校・高等学校・中学校)
【調査項目】入試における活用措置の有無/優遇・活用の内容/単位認定の内容
※掲載許可のあった学校のみ記載。
●調査結果
今回の調査では、531校が数検取得者を優遇・評価していることがわかりました。各学校における優遇・活用のくわしい内容については、以下の「入試優遇措置校一覧(大学・短期大学・専門学校)」を参照ください。

 公益財団法人 日本数学検定協会公式サイトから引用