資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「法律・労務系資格」の難易度解説

  • HOME »
  • 「法律・労務系資格」の難易度解説

「法律系資格」の士業職と言えば、「独立」と言われるくらいに法律系の士業職は独立者が多く、またその資格は他に比べると難易度が高いのが特徴になっています。そのため、以前は法律系の資格を一生モノの資格として人生の一発逆転をかけて取りに行く人もたくさんおられました。しかし、最近その事情に少し変化が見られます。国の政治、経済の影響もあって、この士業職の資格の合格率が下がり、難易度が上がってきています。中でも司法書士、行政書士はその傾向がよく出ているようです。苦労して士業系資格を取り、独立開業したにもかかわらず、仕事がなくて廃業というような状況が多く、資格やスキルだけでは食べていけない時代になったことが明瞭になってきました。それに比べて、国の実情を反映して認知度が急激に高まっているのが「知財関係」の資格です。「知的財産管理技能検定」や、「ビジネス著作権検定」などが今、注目されています。知財関係の基礎知識を今から身につけはじめ、ステップアップを計っていけば、ニーズや将来性は間違いないと思われます。司法書士や行政書士を取得出来ている人は、貿易の拡大によってニーズが高まる「通関士」や「海事代理士」など取得し、専門性を広げてスキルアップを計ることも良い選択になると思います。

日本の最難関国家資格とされる「司法試験」、以前のように合格すれば将来安泰という資格でなくなったのは事実ですが、難易度面では、日本の最難関国家資格であることは変わっていませんし、この試験に合格することで可能性が無限に広がる、ということも間違いないと思います。ただ、弁護士市場の競争の激化によって弁護士の社会的地位の低下や、それに伴う収入の低下により、試験の受検者数が激減し、試験の難易度が低下している今が、受験の絶好のチャンスであるとも言えます。試験は非常に広範囲に難度の高い法律知識が問われるため、法学部出身者か、またはスクールなどでの法学既習者であることは必須で、独学は向きません。また、「行政書士」は「司法試験」や「司法書士」に比べると難易度は低く、独学でも不可能ではないと思いますがスクールや講座を活用し、合格を狙った効率的な受検学習を受けた方が間違いないでしょう。
「弁理士」の難易度は非常に高く、スクールに通って基礎からじっくり学習することが必要です。この資格は法律系の資格でありながら、知的財産を扱うため理工系大学の出身者が多いことが特徴です。合格までの平均的な学習期間は3年~5年です。「社会保険労務士」は最新法令を広範囲に学ばなければならないため、独学は情報収集面で劣るため、スクールや通信教育で学ぶ方が向いていると思います。
「ビジネス実務法務検定」の3級試験はビジネスパーソンとして最低限知っておくべき基礎知識を試す初級者向けの試験で難易度は低く、独学でも可能ですが、2級は難易度が高いため、スクールや通信講座で準備する方がいいでしょう。

このサイトでは、法律・労務系資格の難易度No1を「司法試験予備試験」としました。その理由は以下の通りです。現在、司法試験の受験資格を得るための方法は2つあります。 1つは法科大学院を卒業することと、もう1つが司法試験予備試験に合格することです。この司法試験予備試験は、学歴などに関係なく、誰でも受験することができ、合格すれば直ちに司法試験の受験資格が得られる制度であるため、優秀な人ほど最短で司法試験の合格を目指すために予備試験を受験する傾向があり、上位の法科大学院を卒業するよりも難しくなっており難関試験になっています。
一方、司法試験合格者の法科大学院別の内訳では、東大、京大、早稲田、慶応、中央などの難関法科大学院が高い合格率を出し上位ロースクールになっていますが、予備試験ルートで司法試験を受験した人は、これらの上位ロースクールの約2倍近い合格率を出しているのです。予備試験に合格すれば、司法試験には1~2年以内にほぼ全員が合格するという現状になっているところから判断して、資格の難易度を司法試験予備試験>司法試験、としています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.