自分に合った「資格スクール」・「資格講座」の選び方



資格を取得するためには、テキストや問題集などの教材を使って勉強する「独学」と、各種の通信方式で学習する「通信講座」、それと通学して勉強するスタイルの「通学スクール」、大きくはこの3通りの方法があります。特に、一般に「難関資格」と言われるような国家資格や民間資格にチャレンジする場合は、独学で合格を目指すのはリスクが大きくなるため、大手スクールや予備校への通学か通信講座を利用するのが一般的です。独学には、合格へのノウハウがないため、時間だけが無駄に過ぎていくケースが多いからです。
ただ、その資格スクール・講座選びも簡単でなく、なかなか自分に合ったスクールを見極めるのが困難であることも事実です。受講方式に教材、講師やスタッフ、受講料や学習期間、講座の受講者数や合格率、サポート体制等々、多くの受験生が何を基準にしていいのか迷うところです。そこで私共は、このページで「資格スクール選び」の一つの方法を提案します。受験生の方に少しでも役立てれば幸いに思います。
その方法は、最終目標が「資格試験に合格しなければならない」という観点から、選ぶ基準の1番は「合格率の高いスクール」です。
当然、受講するなら、目指す資格スクール(講座)の本試験合格率が高いところが良いに決まってる、と考えたからです。

(参考データ) スクール・講座別試験合格率比較(平成26年版)

 スクール別・講座別の試験合格率の高いところ知る方法
操 作 手 順 画面表示
検索サイトで「教育訓練講座検索システム」にアクセスしてください。
 2 検索システム画面で、一番上の「分野・資格別から検索」を選んでクリックします。   分野別に資格が一覧で出てきます。
 3  例として、二番目の「CAD利用技術者試験」にチェックマークを入れ、検索ボタンを押す。  9つのスクールが表示されます。
 4 今回は上から三番目の「リカレント」をクリックします。  リカレントには5つの講座が登録されています。
 5 その掲載内容を見ます。  ・講座の学習期間/入学料/受講料を確認。
・ここの5つの講座はすべて通学講座です。
・講座を開講中の教室名と場所がわかります。 
 6 次に右端の「教室一覧」を見ます。
 7 最後に、その左の「詳細情報」をクリックします。 その講座の詳細情報が掲載されています。 
 8 「講座情報」のページを下の方にスクロールすると「資格取得状況」の表があります。 平成28年10月1日現在の指定講座の情報です。
 「資格取得状況」では、検索したスクール(講座)の受講修了生の本試験の受験者数や合格者数、合格率などがわかります。
受講修了者数が2桁以上の講座の合格率をスクール別、講座別に比較することで、「合格率の高いスクールや講座」を事前に調べることが可能です。また、受講修了者の多いスクール(講座)は、人気があるスクール(講座)であることもわかります。

目指す資格講座の合格率を比較したら、受講料や入学料なども併せて調べ、スクールや講座の概要をつかみます。念には念を入れて、次は狙ったスクール(講座)の資料請求をしましょう。資料やスクールの公式サイトなどで講座内容を中心に、講師や教材、サポート体制などを細かく見ていきながら、最後に一番自分に合ったスクール(講座)を見極めます。
参考  そのほかの使い方として、「スクール名」や「受講方法」、「地域」、「講座の条件(学習期間)(講座費用)」を指定して、「資格講座」を検索することもできます。⇒スクール・キーワードから検索
注意  ・ このサイトでは、資格取得を目指す講座や専門知識・能力の向上に役立つ講座など、教育訓練給付制度の対象となる厚生労働大臣が指定した講座が紹介されています。各スクールの全講座が掲載されているわけではありません。
・「資格取得状況」では、受講生が1桁などの極端に少ない講座の合格率は、正しい値が計算されていない可能性があります。
 
Newtonジムがお薦めできる資格スクール・資格講座
 ※どのスクール・講座も、気が向いたらまず「資料請求」してみるのがいいでしょう。資料を見て十分検討してください。 
 資格名 推薦する資格スクール・講座  お薦めできる理由 
 宅地建物取引士
  (通学)
  総合資格学院の「宅地建物取引士 通学講座」  ・高い合格率 
  総合資格学院宅建講座受講生合格率
   平成27年度:78.2% 平成28年度:88.2%
・建築関連資格の専門指導校
  建築法規などにも強い
・合格レベルの実力が短期で身につく学習システムが確立されている
参考データ(平成25・26・27年度受験実績)
総合資格学院の「宅建合格重点講座」
 宅地建物取引士
(通信)
 フォーサイトの「宅地建物取引士通信講座」 ・高い合格率(この3資格に関しては、どの講座も全国平均よりも高い合格率をマークしている)
 (平成27年度フォーサイト受講生合格率)
宅地建物取引士:60.9% 全国平均合格率15.4%
行政書士:20.9% 全国平均合格率13.1%
社会保険労務士:7.9% 全国平均合格率2.6%
・リーズナブルな価格
・通信教育に特化し、成長を続けている(受講者数の平均伸び率122%)
参考データ(平成25・26年度受験実績)
フォーサイトの「宅地建物取引士バリューセット2CD+DVDコース」
フォーサイトの「行政書士バリューセット2DVDコース」
フォーサイトの「社会保険労務士バリューセット2CD+DVDコース」
 行政書士
(通信)
 フォーサイトの「行政書士通信講座」
 社会保険労務士
(通信)
 フォーサイトの「社会保険労務士通信講座」
 司法試験
   予備試験
(通信)
 資格スクエアの「司法試験講座」 ・人気講師の授業がスマホ、タブレットで好きな時間に見放題
・圧倒的な低価格
・2016年の司法試験で合格者40名
 弁理士  LECの弁理士講座(通学・通信) ・合格者数が多い
特に弁理士に関しては、毎年多くの合格者を輩出し続ける名門コースと言えます
・教材がすばらしい
弁理士試験を一発で合格した人は、ほとんどがLECの教材を使用している、と言っても言い過ぎではない
・準備されたコースが非常に多いので選択しやすい
1年で合格するために必要な知識をゼロから習得できるフルコースが揃っている
 税理士
(通学・通信)
 資格の大原 【専門課程】  ・50年の歴史を誇る税と会計の専門学校。当然のことながら会計系の資格に強く、難関資格の公認会計士や税理士、簿記などの豊富な過去の実績からみても信頼に値する

・優秀な講師陣とスタッフ、サポート体制も充実している 
・大原グループ全体の教室数は全国64箇所。23の通学講座の他DVDやビデオ、WEBを利用した25の通信講座はトップクラス
・大原が主催する公開模試は規模も大きく、受講者以外の受験者も多い
 公認会計士
(通学・通信)
 簿記
(通学・通信)
二級建築士   総合資格学院の2級建築士通学講座(学科) ・高い合格率
平成27年度2級建築士学科試験:学院現役受講生合格率 95.9%
平成28年度二級建築士製図試験:学院現役受講生の合格率76.1%(学院現役受講生2,398名中、合格者1,824名)
・効率的学習
まじめにしっかり通えば確実に合格が実現する講座があります。無駄な時間を使うことなく効率的に学習できる独自の講習システムの優位性が、合格実績として表れています。
 

 HOME


Copyright(c)2009 資格の難易度 All Rights Reserved.