社会保険労務士


資格名 社会保険労務士
 資格の種類  国家資格(業務独占資格)     主催 全国社会保険労務士会連合会     管轄 厚生労働省
資格の概要   「社会保険労務士」は、厚生年金保険、健康保険などの社会保険に関する事務処理や、労務に関するコンサルティングを行う専門資格です。
労務管理のアドバイスや指導、労働・社会保険に関する法令に基づき、書類作成などを行うのが主な社会保険労務士の仕事です。基本業務は行政機関への提出書類の作成、提出手続きの代行業務、事業所の帳簿書類の作成業務で、これは社労士の独占業務になっています。詳しくは下記の業務内容を参照ください。

よりよい職場環境をつくるための幅広い知識と優れた能力を備えた企業の有力なパートナーとして、有資格者の場は、今後ますます広がると思われますが、試験合格者の数は年々増えており、飽和状態になりつつあります。
特に、これから年金の仕組みが複雑でわかりにくいものになる中で、社会保険労務士に対する期待は高まることが想像されることもあり、受験者数が急増していることもあり、今後は仕事を獲得することが簡単ではない状況になりつつあります。

※社会保険労務士は、次に掲げる事務を行うことを業とします。
1.労働及び社会保険に関する法令に基づいて申請書等(行政機関等に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、再審査請求書その他の書類を作成すること。
2.申請書等について、その提出に関する手続を代わつてすること。
3.労働社会保険諸法令に基づく申請、届出、報告、審査請求、異議申立て、再審査請求その他の事項について、又は当該申請等に係る行政機関等の調査若しくは処分に関し当該行政機関等に対してする主張若しくは陳述について、代理すること。
4.個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律の紛争調 整委員会におけるあつせんの手続並びに雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の調停の手続について、紛争の 当事者を代理すること。
5.地方自治法の規定に基づく都道府県知事の委任を受けて都道府県労働委員会が行う個別労働関係紛争に関するあつせんの手続について、紛争の当事者を代理すること。
6.個別労働関係紛争(紛争の目的の価額が民事訴訟法に関する民間紛争解決手続であつて、個別労働関係紛争の民間紛争解決手続の業務を公正かつ適確に行うことができると認められる団体として厚生労働大臣が指定するものが行うものについて、紛争の当事者を代理すること。

※平成26年9月末日現在、社会保険労務士は全国で38,878人、社会保険労務士法人会員(平成22年12月末現在)は、463法人です。全国に約38,000人いる社会保険労務士ですが、計算では1人あたり約43の企業と1,500人の労働者をサポートしているという、まさに引っ張りだこの状態と言えます。
※(参考)2012年 士業の最前線レポート 【社会保険労務士】



◆ 社会保険労務士試験関連の情報
・フォーサイトが2015年度社会保険労務士試験の受験生に対して行ったアンケート調査結果(社労士を目指している方は参考にしてされてはいかがでしょうか)
             ⇒ 社労士試験の合格者・不合格者の傾向
試験方式  ●試験は選択式および択一式の筆記試験。
 
・試験形式: 5肢択一式(70問)と記述選択式(8問)による筆記試験
・配点:択一式 1問1点 1科目10点満点で合計70点満点
     選択式 1問1点 1科目5点満点で合計40点満点
    (労働保険の保険料の徴収に関する法律を除いた科目から出題)

※合格基準点は、選択式試験及び択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定められます。
各成績のいづれかが合格基準点に達しない場合は不合格となります。
※この試験は相対的な評価方式に基づき採点されるため、その時々の試験の難度に応じて、合格ラインが変動します。
受験資格   主な受験資格は以下の通り。
・大学卒業または所定の一般教育科目の単位取得者、および短大・高専卒業者
・司法試験第1次試験合格者
・社会保険労務士または弁護士の補助業務5年以上
・行政書士試験合格者
・公務員で行政事務5年以上
※上記以外の制限、要件もあるため、必ず下記の詳細受験案内を参照下さい。
     ⇒受験資格の詳細(10~13ページを参照)    ⇒学歴における受験資格のうち「専門学校」の場合

※平成22年度試験より、厚生労働大臣が受験資格を認める学校・他の国家資格が拡大しました。そのため、司法書士や看護学校卒業者等にも受験資格があります。
 試験科目 社会保険労務士試験は、社会保険労務士となるのに必要な知識及び能力を有するかどうかを判定することを目的とし、次に掲げる8科目について行われます。 

①労働基準法及び労働安全衛生法
②労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
③雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
④労務管理その他の労働に関する一般常識
⑤社会保険に関する一般常識
⑥健康保険法
⑦厚生年金保険法
⑧国民年金法


※労働保険徴収法は出題されません。
スケジュール  ・試験日:例年1回(8月第4日曜日)
・申込方法:必要書類を郵送(簡易書留)、又は試験センター窓口に持参する
・申込期間:4月中旬~5月下旬

平成28年度(第48回)社会保険労務士試験案内 
試験会場   全国主要都市
※平成23年度(北海道、岩手県、山形県、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県)
受験料   9,000円
資格 難易度  ・難易度   A 「難関」   
・合格率   平成28年度第48回社会保険労務士試験結果 ⇒詳細
         受験申込者数 51,953名   受験者数     39,972名
          合格者数     1,770名   合格率         4.4%

・(参考1)第48回(平成28年度)社会保険労務士試験の合格基準
・(参考2)過去10年の推移と第48回社会保険労務士試験合格者の年齢別・職業別・男女別構成

(参考データ)
・平成27年度第47回社労士試験結果 
       受験申込者数 52,612名   受験者数     40,712名
        合格者数     1,051名   合格率         2.6%
・平成26年度第46回社労士試験結果  
       ・受験申込者数 57,199人(前年63,640人、対前年 10.1%減)
        ・受験者数     44,546人
       ・合格者数     4,156人(前年2,666人)  
       ・合格率        9.3%(前年 5.4%) 
------------------------------------------------  
            
【資格の難易度レベル・難易度ランキング】
主な法律系資格で資格の難易度レベルを比較すると、司法書士>社労士>行政書士であると多くの方は思ってるはずですが、社労士>行政書士>税理士(1科目の単発)>宅建 と思う人は少ないかもしれません。
税理士(1科目の単発)試験は、資格スクールの学習期間でも、受験資格や合格率などから判断しても、社労士や行政書士より難易度は低いと考えていいと思われます。

 受験対策
 &
資格の将来性
この試験の合格率は例年10%未満で決してやさしい試験ではありません。かなりの勉強量が必要で集中力、記憶力が必要条件になります。受験資格に関しては、大学生であれば問題ありませんが、 それ以外の方は行政書士資格を先に取得する方が資格取得には近道になります。試験は合格基準点以上取れば、順位に関係なく誰でも合格できますが、実務経験があると試験は有利になります。

選択式試験は科目ごとに40~60%以上、択一式試験は科目ごとで40%以上、かつ全体で60~70%以上の正解率で合格できます。 ただ、 試験範囲が広いため、独学での合格はなかなか難しいと言えます。 弱点分野を作らないバランスのとれた学習法が合格の決め手となります。不得意な科目を極力つくらないことが大切です。
この試験の受験対策として一番重要なのは過去問の攻略です。試験形式が全問マークシート方式となっているので、論述や論文形式のよう な体系的な知識はさほど重要にはなりません。問題は「どのような問題がでるか」ということに慣れ、その解答を導き出す練習が必要になります。 必要な学習時間の目安は、800~1000時間。 
スクールを活用する場合の学習期間は6ヵ月~1年。費用は10万円~20万円はみておかねばなりません。

表現が良くないかも知れませんが、社労士の勉強は資格試験の中でも特に「つまらない」と言われます。実際、独学の場合は特にそうかも知れません。その理由は、とにかく1に暗記、2に暗記、3がなくって4に暗記という感じで、要は「暗記」のみと言えるでしょう。 
平均11冊ほどになる膨大な量のテキストを丸暗記しなければなりません。1回目を通してていねいにやったつもりでも、最初に戻るとほとんど忘れてしまっているという情けない状態を知りながらも果てしなくその作業を繰り返さねばならない苦行の連続です。スクールに通う場合には、独学よりはイメージがしやすくなるという利点がありますが、やることは同じです。
社労士の試験対策では、「学力」=「記憶力」のように思えます。
全般的な学習手順としては、最初は全体、大まかな社労士制度の仕組みをよく理解した上で、少しづつ細かいところを押さえていく方法がいいと思います。どの試験でもそうですが、この試験も「苦手科目」を作らないように心がけることです。最終的には問題演習で力をつける方法しかありませんが、引っかけ問題にかからないように、引っかけのパターンを頭に入れるようにしておくことも大切です。

受験対策の問題演習の中で大切なことの一つに「模擬試験」があります。社労士の場合も例外ではなく、模擬試験はできれば必ず受けて下さい、受ける価値はあります。資格スクールにとっても、模擬試験にズバリ的中の問題が多くあれば、翌年度の受講生募集の大きな宣伝になるため、総力を結集して問題を作成しているからです。
受験生にとってもまた、模擬試験を受けて問題を復習することで、本試験に向けて気持ちを盛り上げていく効果も生まれてきます。模擬試験の受験も会場受験がベストですが、どうしても日程面で無理な場合は、空き時間に自宅受験を受けることもできます。自宅受験は家族のしゃべり声や物音などが気になって集中できないデメリットもありますが、それでも受ける価値はあると思います。


◆チョットひと言
・社労士の試験に合格すると、合格後の手続きはそれぞれの都道府県会で行いますが、管轄は名簿を備えている全国組織が行います。社労士の登録は全国社会保険労務士会連合会、行政書士の場合は日本行政書士会連合会、が管轄しています。社会保険労務士法14条の2の1項には「社会保険労務士となる資格を有する者が社会保険労務士となるには、社会保険労務士名簿に、氏名、生年月日、住所その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない」と規定されています。そして、14条の3の1項には「社会保険労務士名簿は、連合会に備える」、2項には「社会保険労務士名簿の登録は、連合会が行う」となっています。これは、登録についての問題として、実際に出題されることがありますので注意が必要です。

・資格取得後、社会保険労務士として開業し、他と差別化を図るなら、代行や書類の作成業務だけでなく、中小企業向けの労働環境の改善や改善提案などのコンサルティング分野も視野に入れていかなければなりません。ファイナンシャルプランナー資格を併せて取得し、個人向けに資産運用や年金など、様々なライフプランの提案などができれば活躍の場が広がります。
・一般的には、会社に入社後、総務部関係に所属し必要に迫られて取得したり、スキルアップのために取得というケースが多いようですが、社会保険労務士資格を持っておくと転職、就職に有利に働くことは間違いないでしょう。
社労士資格を取得しようとしている人は、ある程度周りの地域に採用してくれそうな会社があるかどうかを、ハローワークなどで調べておくと良いでしょう。
手に職をつける感じの資格を求めている方には難易度などの観点から最適な資格かもしれませんが、独立するのはなかなか大変、よほどの営業力がないと高収入は難しいといえます。いづれにしても、自分のペースで働けて、働いた分だけ収入が得られる独立開業型社労士と、チームの中で働き、安定した収入が得られる企業内社労士、自分のタイプに合った働き方が選べるのが大きな強みです。

・社労士の仕事は、基本的には中小企業の年金・保険業務の代行屋さんです。従って、独立開業したものの生活が成り立たない社労士はたくさんいます。数年前は年金問題の相談窓口としての業務で多忙になりましたが、その特需も今はなく、全体に仕事は減少傾向にあります。
・ユーキャンは11月28日、2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査の結果を発表しました。
調査は11月4日~10日、20代~40代のビジネスパーソン996名を対象にインターネットで行われました。
ビジネスパースンに「2017年に武器になりそうな資格」を聞いたところ、1位「ファイナンシャルプランナー(FP)」(32.1%)、2位「TOEICテスト」(23.7%)、3位「社会保険労務士」(18.0%)、4位「ケアマネージャー」、5位「宅建士」、6位「メンタルヘルスマネジメント」と続きました。          



2017年合格目標 おすすめ資格講座
今年の試験に残念ながら不合格となった方の来年度試験へ向けてのリベンジをはじめ、2017年の合格を目標に、これから頑張る受験生へNewtonジムが「お薦めできる社会保険労務士試験講座」のご紹介です。


来年、2017年度試験では必ず合格を勝ち取ってもらえるために、成長を続ける「通信教育」に特化した学校を紹介します。
◆「通信教育のフォーサイト 」では、昨年、フォーサイトで取り扱っている全ての資格試験対策講座の受講生合格率が、全国平均合格率を上回る、という快挙を達成しました。「社会保険労務士通信講座」の今年、2016年度のフォーサイト合格率は7.9%(全国平均合格率2.6%)という非常に高い合格率でした。 ⇒ フォーサイトの「社会保険労務士通信講座」      
※社労士の資格取得を目指して勉強を始める人は、本試験日が例年8月第4日曜日なので、10月~2月頃からのスタートが良いでしょう。自分の知識のレベルに合わせてスタート時期は決めましょう。
・学習時間の目安: 1日2時間 標準期間7~7.5ヵ月  総時間数 800時間~900時間前後

スクールや講座選びに迷われている方に一言
   ⇒ こんな選択基準と選び方はどうですか?
通信講座  社会保険労務士(社労士) 通信講座一覧       
 スクール 社会保険労務士対策 スクール・講座一覧
 オンライン講座 オンライン予備校【資格スクエア】の講座
  社会保険労務士講座
 教材
 売れ筋教材 「社会保険労務士」資格本のAmazon売れ筋ランキング一覧
問い合わせ先  全国社会保険労務士会連合会試験センター  http://www.sharosi-siken.or.jp/
   TEL 0120-17-486  03(6225)4880
        〒東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館5F
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.