認定動物看護師


資格名 認定動物看護師         試験名:動物看護師統一認定試験
 資格の種類 民間資格     認定 動物看護師統一認定機構
資格の概要 
動物病院などで獣医師のパートナーとして手術の準備、入院患者の世話、健康管理などを行うほか、血液や糞尿検査、飼い主へのしつけ指導など仕事の幅は広く、また非常に重要な仕事である。
動物看護を通じ社会に貢献していけるVT(veterinary technician) の養成や、VTの社会的認知と地位向上のため、平成12年より「動物看護師」認定制度は始められた。
※VT:動物看護士のこと

2012年2月に初めての統一試験が実施され、2013年以降は動物看護師統一認定機構が統一試験を実施、資格を認定しています。従って、今後「動物看護師」の認定試験は、動物看護師統一認定機構が実施する試験に合格した者のほか、既存の資格や活動・実績に基づいて審査が行われる「書類審査受験」の合格者が新制度の資格を認定されることになります。

※平成23年度の動物看護職試験は、JAHAを含む5団体で構成する「動物看護職統一試験協議会」が主催し、「動物看護師統一認定機構」により認定されました。
動物看護職統一試験協議会構成団体:全日本獣医師協同組合、一般社団法人日本小動物獣医師会、特定非営利活動法人日本動物衛生看護師協会、日本動物看護学会、公益社団法人日本動物病院福祉協会
・(2015年10月20日現在)「認定動物看護師」登録者数13,986名 
試験方式 
   問題数 時間  解答形式 
 一般問題 90問  100分   五肢択一・マークシート方式
 実地問題 30問  40分   五肢択一・マークシート方式
※実地問題は図表、写真を使用した問題となります。
受験資格  @動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校あるいは大学において、認定動物看護師になるのに必要な単位(必要時間数)を修めた者(2016年3月31日までに修める見込みの者を含む)。※この場合の専修学校とは、専門課程を指します。
A動物看護師統一認定機構の受験資格審査により個別に認めた者(なお、2012〜2014年度の動物看護師統一認定機構の試験を受験し、不合格になった者は受験資格を有するが受験可能期限をは2017年度試験までとする)。
 試験科目 2015年度試験の出題範囲
スケジュール  試験日:例年 2月上旬頃

2015年度動物看護師統一認定試験日程
試験会場   札幌、仙台、新潟、東京、神奈川、名古屋、大阪、岡山、高松、福岡、那覇11都市)
受験料   12,360円(税込)
※ 受験料:10,800 円、要項請求料:1,080 円、受験票・通知送付料等:480 円
難易度  ・難易度   「D」 易しい       
・合格率  2014年度(3月)動物看護師統一認定試験(CBT方式)結果 ⇒詳細
       合格率 77.6% (受験者数 1,074名  合格者数 3,264名)
        
※参考データ
・2014年度(2月)動物看護師統一認定試験(CBT方式)結果
       合格率 85.1% (受験者数 4,204名  合格者数 914名)
・2013年度(6月)動物看護師統一認定試験(CBT方式)結果
       合格率 76.4% (受験者数 960名  合格者数 733名)
・2013年度(2・3月)統一認定試験(CBT方式・マークシート方式)結果
        受験者数 CBT方式295名 マークシート方式161名
        合格者数 CBT方式165名 マークシート方式49名
        合格率  CBT方式55.9% マークシート方式30.4%
  試験のポイント

一口ガイド
動物看護師になるには、いろいろな道がありますが、「認定動物看護師」になるには専門学校か大学で所定の単位を取得することが、認定試験を受ける必須条件となっていますので間違えないようにしなければなりません。
認定動物看護師になるためには以下の方法があります。
@動物看護師の専門課程のある4年制大学を卒業し、認定試験を受ける方法。
A専門学校(2年制又は3年制)か大学を卒業し、認定試験を受験する方法、があります。
認定動物看護師になるためのコアカリキュラムには参考書なども出ていますが、一般の人が独学で学べるものではありませんので、専門学校などで技術を学び、資格取得後就職するケースが一般的ですが、実務経験を積んだ後に、動物看護師統一認定試験を受ける方法が一番早い方法です。

試験に関しては出題範囲も事前に公表されており、過去問題集なども出ていますのできちっと試験対策を行えば、それほど難しい試験ではありません。
認定動物看護師の試験は、今まで別々に試験が実施されてきた資格認定団体が一緒になって実施されるようになったため試験内容などが統一されています。またこの資格は、将来国家資格に格上げされることを目標にしていますので、その価値が上がりつつあります。

動物看護師として必要な知識としては基礎になる看護学、獣医学、動物科学や美容科学など、さらに実務に関することで、法律や受付、薬学や手術、検査から、一般的な診療の補助まで多岐に渡ります。
また、動物を愛する心はもちろんのこと、飼い主にペットの病気をわかりやすく説明する力が必要、またトリミングやグルーミングや食事の管理なども必要になるため、多方面での学習が必要になります。さらに体力も結構必要になります。ペットの高齢化が進む今後、専門知識を持った動物看護師はますます需要が高まると思われるます。
通信講座    動物看護師 通学スクール・通信講座一覧      動物介護士 通学スクール・通信講座一覧    
通学スクール 
教材  動物看護師関係教材一覧
問い合わせ先  動物看護師統一認定機構           http://www.ccrvn.jp/index.html
 〒107-0062東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館23階
   TEL03-5772-6612    FAX03-5772-6613
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.