専門住環境測定士


資格名 ・専門住環境測定士   ・総合住環境測定士
 資格の種類 民間資格          主催  特定非営利活動法人 住環境測定協会
資格の概要  「住環境測定士試験」は、住環境に関する基本的な分野(空気温熱環境・電磁波・水・騒音・微生物)の知識を習得し、ホルムアルデヒドの放散濃度測定や基本的な住環境の改善・予防および、シックハウスに関する基本的な分野(微生物汚染を含む)・化学物質濃度・アスベスト・電磁波・空気イオン数・水・騒音等に関する測定と改善・予防に関するコンサルタントを育成するための試験です。

●資格制度の変更
平成23年度に「住環境測定士資格制度」の変更が行われました。内容は以下の通りです。
 ◆資格名の変更
 ・旧住環境測定士補 ⇒名称を「専門住環境測定士」とし、その中の「室内空気測定士」取得資格者に変更。
 ・旧2級住環境測定士⇒名称を「総合住環境測定士」とする。
 ・「専門住環境測定士」資格の区分を、室内空気測定士・電磁波測定士・騒音測定士の3区分にする。
 
 ◆制度の変更
 ・室内空気測定士、電磁波測定士、騒音測定士は、研修をメインとした資格制度に変更。
 ・資格取得には、3日間の講習(住環境基礎(総合)講習、測定実習、実技、報告書作成)を修了し、講習の最後に登録試験を受けます。試験に合格した者が「専門住環境測定士」の認定を受けられます。
 ・「総合住環境測定士」を取得するには、電磁波測定士及び、騒音測定士を取得し、総合住環境測定士の登録研   修を修了し、登録することにより「総合住環境測定士」資格が取得出来ます。

※資格の登録
・資格取得した人は登録申請し、登録されれば「専門住環境測定士」として、室内空気測定士、電磁波測定士、騒音測定士の各区分の専門家になります。登録の有効期限は2年です。
・登録手数料 初期 5,000 円   更新 10,000 円
試験方式  試験はそれぞれの研修3日目の最後に行われます。問題は、研修・実務の中から出題されます。
・出題数 25問/試験時間 60分  
・出題形式 四枝択一式
受験資格  年齢、性別、学歴に関係なく、誰でも受験することができます。

※受験申込み
・専門住環境測定士は「室内空気測定士」・「電磁波測定士」・「騒音測定士」の3つの区分があります。
専門住環境測定士は、1 日目の環境基礎<総合>が免除されます。
 試験科目 住環境に関する科学的基礎知識、住環境の測定(検証)、シックハウス改善・予防に関する専門知識  
スケジュール  年に各試験を3回予定


平成29年度総合住環境測定士試験日程
・試験日:平成29年5月28日(日) 
・受験申請受付:平成29年1月1日(日)〜平成29年3月31日(金)
・合格発表:平成29年6月25日(日) 
試験会場  住環境測定協会 本部 (広島県安芸郡府中町八幡 1-4-23 )
受験料  ・室内空気測定士 、電磁波測定士 、騒音測定士
  各々 30,000 円(消費税込)
資格 難易度  ・難易度  「C」 やや易
・合格率  総合住環境測定士 25%前後
       専門住環境測定士 30%前後  
  受験対策
 &
資格の将来性
「専門住環境測定士」は、住環境に関する基本的な分野(空気温熱環境・電磁波・水・騒音・微生物)の知識を習得し、ホルムアルデヒドの放散濃度測定や基本的な住環境の改善・予防の他、アスベストに関するサンプリング・測定等の業務の専門家です。
不動産や、建築、住宅に関連する職業の方以外の一般家庭においてもシックハウス等の問題は重要で、勉強しておかなければならない分野なので、知識習得のためにも取っておいて損はない資格です。

基本的に、試験は「理系」なので、問題も数学と理科中心と考えてよいでしょう。化学系の問題も多く、専門性の高い高度な試験内容となってきています。また、テキストにも数式や元素記号などが並ぶので、数字アレルギーの人には難解かも知れません。特に、微生物汚染・化学物質濃度・アスベスト・電磁波・空気イオン数・水・騒音等に関する測定と改善、予防に関してはかなりの専門的な知識が要求され、専門住環境測定士、総合住環境測定士ともに、試験の難易度が上がってきています。また、それに伴い、特に総合住環境測定士の合格率が下がってきています。

試験対策は、3日間の講習(講義、測定実習、実技、報告書作成)をまじめに受講し、集中的に勉強に取り組むことです。また、協会の試験対策セミナーも札幌・東京・大阪・福岡などで開催されていますので受講してもよいでしょう。尚、シックハウスに関する基本的な分野などは、シックハウス診断士と科目が重複すしますので、教材も共通で使えます。

合格し、資格取得後は不動産、建築、賃貸業、ハウスクリーニング、リフォームなどでシックハウス等に起因する住環境の測定・改善・予防業務を行うことが多くなりますので、住環境に関し想定される様々な問題に対処するためにも勉強しなければならないことの多い仕事です。 
通信講座   -
通学スクール   協会主催のセミナー
教材 住環境測定関連の教材
問い合わせ先  特定非営利活動法人 住環境測定協会 事務局
〒735-0012 広島県安芸郡府中町八幡1丁目4番23号
 TEL082−890−1023 FAX082−890−1033
E-mail info@homenw.net
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.