受験資格一覧




【受験資格】
なし(誰でも受験できる)
年齢制限だけの資格
 原則、大学卒業以上
 指定講座の受講
 実務経験のみ必要
 資格の登録に実務経験要
 学歴や実務が経験必要



【受験資格】原則、実務経験が必要な資格試験
◆ 知的財産管理技能士 (1級・2級)
1級・2級は次のいずれか1つに該当すれば受験できる。
○1級
1.知的財産に関する業務について4年以上の実務経験を有する者
2.2級技能検定の合格者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者
3.知的財産検定1級、準1級、2級の認定者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者
4.学校教育法による大学又は大学院において検定職種(1級)に関する科目について10単位以上を修得した者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者
5.実技試験に関しては1級技能検定学科試験の合格者
○2級
1.知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者
2.3級技能検定の合格者
3.知的財産検定2級、準2級の認定者及び2級科目試験の合格者
4.学校教育法による大学又は大学院において検定職種に関する科目について10単位以上を修得した者
  ⇒詳細

◆不動産コンサルティング技能登録者
1.宅地建物取引主任者資格登録者で、現に宅地建物取引業に従事しているもの、又は今後従事しようとするもの。
2.不動産鑑定士で、現に不動産鑑定業に従事しているもの、又は今後従事しようとするもの。
また、受験には必要ないが、資格を登録するには5年以上の実務経験が必要。
  ⇒詳細

◆造園施工管理技士
○1級(一部抜粋)
1.1年以上の指導的監督実務年数を有する者
・大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6ヶ月以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
○2級(一部抜粋)
1.大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
2.大学の指定学科以外を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験
3.短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
4.短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
  ⇒詳細
◆普及指導員
実務とは国、都道府県、農協等において農業又は家政に関する試験研究業務に従事、農業又は家政に関する教育に従事、農業又は家政に関する技術についての普及指導のこと。
・大学院修了者が2年以上の実務
・大学等卒業者が4年以上の実務
・短期大学等卒業者が6年以上の実務
・高等学校卒業者が10年以上の実務
・改良普及員資格試験合格者は学歴にかかわらず、2年以上の実務
  ⇒詳細

◆航空整備士
・1等航空整備士
20歳以上、4年以上の航空機の整備の経験を有すること
・2等航空整備士
19歳以上、3年以上の航空機の整備の経験を有すること
  ⇒詳細

◆水先人
・一級海技士免許
・3000トン以上の外航船船長として3年以上の実務経験
  ⇒詳細

◆調理師
中学校を卒業した者で、2年以上にわたり飲食店などで調理の実務を行った者。
  ⇒詳細

◆建築物環境衛生管理技術者
・厚生労働省令で定められた建築物の用途部分において、同省令の定める実務に2年以上従事した者
  ⇒詳細

◆樹木医
・樹木の診断、治療等に関する業務経験が7年以上
・樹木医補の場合は、認定後の業務経歴が1年以上
  ⇒詳細

◆点字技能検定
点字資料製作に3年以上従事した者
  ⇒詳細

◆土壌環境監理士
土壌・地下水汚染関連業務の実務経験が3年以上の者
  ⇒詳細

◆給水装置工事主任技術者
給水装置工事に関して3年以上の技術上の実務の経験を有する者
  ⇒詳細

◆解体工事施工技士
1)原則として解体工事実務経験年数8年以上
2)学歴・指定学科卒業によって必要実務経験を短縮
  ⇒詳細

◆ケアクラーク技能認定試験
・介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
  ⇒詳細

◆製菓衛生師
指定の製菓衛生士養成施設で、1年以上勉強し、技能等を修得したものもしくは、中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上の実務経験者
  ⇒詳細
◆医療事務技能審査試験
○1級
1)2級の技能審査に合格した者であって、医療機関等において医療事務職として実務経験を1年6ヵ月以上有する者
2)「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
3)医療機関等において医療事務職として3年以上の実務経験を有する者
○2級
1)教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により定める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
2)医療機関等において医療事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
  ⇒詳細
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.