VEスペシャリスト認定試験


資格名 VEスペシャリスト
 資格の種類 民間資格       主催・認定  社団法人全日本能率連盟
資格の概要 
VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。この手法は1947年米国GE社のL.D.マイルズによって開発されました。
現在の企業経営は、積極的なVE活動なくては利益確保や新製品開発は難しくなってきており、VEは、いまや経営に不可欠なものとして官庁や自治体の公共工事、また建設の分野においても急速にVEが活用され、普及しています。こうしたVE活動を正しく、そして効率よく積極的に推進するためには、VEやVEプロジェクトの運営に関する相当の知識と技術、経験を持ったVE専門家の存在が必要になります

「VEスペシャリスト」の資格は、組織内でVE活動を実施、推進する責任者、担当者などの方々を対象に、企業内でVE活動推進の責任者としての役割を担うために必要な専門知識や技術、経験を持っている人材であることを日本VE協会が認定する資格です。VEスペシャリスト資格を取得することは、VE活動を実践し、推進するために必要な知識や技術を習得していることの客観的評価となります。
尚、VE有資格者として認定されている資格には、VE リーダー(初級)、VEスペシャリスト(中級)、CVS (上級)資格があります。

※合格すると合格者に登録・認定証が交付されます。
※登録の更新は4年ごとです(更新料は21,000円)が、3回目の更新後は終身登録になるので、その後は登録更新は不要になります。
試験方式  ・書類審査と筆記試験で構成されています。
「認定試験・受験申請書」による書類審査で受験資格要件を満たした方には受験票が発送され、筆記試験が行われます。
筆記試験(記述式、論文式)の合格基準:70点以上(100点満点)の得点。試験時間 2時間
受験資格  以下の条件を満たしていること。 「認定試験・受験申請書」による書類審査でこれらの条件を満たしていないと、筆記試験を受けることができません。
(1)実務経験
米国VE協会が認定するCVS資格未取得者で、企業、団体等における実務経験(VE実務に限りません)が4年以上であること。
(2)VEの学習経歴
VE学習経歴において、次に定める基準の内、(a)または(b)のいずれかを満たしていること。
 (a)日本VE協会が認定する48時間以上のVEワークショップセミナーを受講し、修了していること。
 (b)以下の@およびAの要件を満たしていること。
   @日本VE協会が認定する「VEリーダー」資格を取得し登録していること。
   A日本VE協会が実施するバリュー・マネジメント実践塾テクニカルスキルコースの講座の内、2講座または3講座(計6日間)を受講・修了していること。または、バリュー・マネジメント実践塾ビジネススキルコースから2講座(2日間)とテクニカルスキルコースから1講座または2講座(4日間)の計6日間を受講・修了していること。
(3)VE実務経験とVE関連活動
VE実務経験とVE関連活動において、以下の基準で合計40点以上であることが必要です。
・VE実務経験(最低20点以上)
・VE関連活動(最低10点以上)
※評価項目と評価点数はこちらを参照ください。

 試験科目 ・試験問題は、「一般分野(製造、サービス、その他)」と「建設分野」の2種類があります。
 あらかじめ「認定試験・受験申請書」の所定の記入欄で、どちらか一方を選択します。
スケジュール  ・申込み 9月中旬〜10月中旬   ・試験  毎年 11月


2016年度VEスペシャリスト試験日程
・試験日:2016年12月3日(日) 
・受験申請受付:2016年8月1日(月)〜11月7日(月)
試験会場  ・東京、大阪
受験料  ・31,500円(税込み)
資格 難易度 
・難易度  「C」やや易
・合格率  2015年度第18回
       VEスペシャリスト認定試験結果 ⇒詳細
    受験者数81名 合格者数45名 合格率55.6%

※参考データ
・2014年度第17回VEスペシャリスト認定試験結果
  受験者数83名 合格者数31名  合格率37.3%
・2013年度第16回VEスペシャリスト認定試験結果
  受験者数86名  合格者数28名  合格率32.6%
 年度 受験者数  合格者数  合格率 
2011 73人 37人 50.7%
2012 88人 18人 20.5%
 
  受験対策
  &
資格の将来性
試験内容は、記述・論文式中心の筆記試験。
VEを正しく理解しているかを確認される暗記が多い内容の試験で、求められるのは「新・VEの基本」に対する理解の深さと、それらを設問の内容を臨機応変に判断して、的確に論述する文章力です。

試験対策としては、VE五原則の意味をよく理解した上で「新・VEの基本」を熟知すること。それと時間があれば、出題されそうなテーマを設定して所定時間内で書く練習を繰り返し練習することです。特に、いつもパソコンを使うことに慣れている人は、問題想定と回答作成を数多く行い、とにかく書き込むことで理解する学習を続けると良いでしょう。
この試験の対策は、結局VEの理念、VEの定義、VEの基本原則を常に頭におきながら「新・VEの基本」を読み、ひたすら覚えることから始まります。

※協会が主催する「VE基礎講座」も開催されています。
通信講座   産業能率大学のVE通信講座「価値向上のためのVEの基本」
通学スクール   協会主催の「VE基礎講座」
教材 VEスペシャリスト認定試験関連書籍一覧   ・ 新・VEの基本―価値分析の考え方と実践プロセス
問い合わせ先  (社)日本バリュー・エンジニアリング協会    http://www.sjve.org/ve/summary/
 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-4-15真井ビル6階
      TEL.03-5430-4488/FAX.03-5430-4431
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.