初級システムアドミニストレータ


資格名 初級シスアド     Systems Administrator Examination
 資格の種類 国家資格
資格の概要  独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターが、情報処理技術者試験の一区分として行なっいた経済産業大臣認定の国家試験。
利用者側において、情報技術に関する一定の知識・技能をもち、部門内又はグループ内の情報化を利用者の立場から推進する者を対象とした試験。

※2007年12月に発表された新試験制度に伴い、2009年春期試験を最後に試験を終了しました。

 
試験方式  ・午前: 多肢選択式(四肢択一) 80 問出題して 80 問解答/150分
・午後: 多肢選択式 7 問出題して 7 問解答/150分
受験資格  制限ありません。
 試験科目 ・午前
1.コンピュータシステムT
2.システムの開発と運用T
3.セキュリティと標準化T
4.情報化と経営化T

・午後
1.仕事とコンピュータに関すること
2.基幹業務システムとのかかわりに関すること
3.エンドユーザコンピューティング(EUC)に関すること
4.システム環境整備と運用管理に関すること
5.情報化推進のための表現能力に関すること
スケジュール  ・春期:4月第3日曜日    ・秋期:10月第3日曜日
試験会場  全国各地
受験料  5,100円(税込み)
資格 難易度  ・難易度  「C」やや易
・合格率  30%前後
   受験対策
  &
資格の将来性
 新試験制度では、「職業人として誰もが共有に備えておくべき基礎的な知識を測る試験」として、新しいエントリ試験「ITパスポート試験」を導入した。
この「ITパスポート試験」が、旧の初級システムアドミニストレータ試験を部分的に吸収した内容になっている。
通信講座   -
通学スクール   -
教材
問い合わせ先  問い合わせ先一覧
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.