照明コンサルタント

資格名 照明コンサルタント
 資格の種類 民間資格        主催・認定  (社)照明学会
資格の概要 
快適な生活を送るために照明の果たす役割は大きく、照明(あかり)の演出ひとつで生活環境が変化し、私たちの暮らしや気持ちが豊かになるものです。
「照明コンサルタント」は、照明を用途や効果などに合わせて最適な商品を選んで顧客に勧めるのが仕事です。この資格は、照明関連の業務についている人たちだけでなく、照明に関心のある全ての人を対象にしている資格です。
資格取得のためには、通信教育を1年間受講して演習問題を5回解いて送ります(郵送かオンライン)。演習は60点以上で合格、再試験は1回まで。レポートを提出して合格点に達したらスクーリングを受けて資格取得、という手順になります。受講者数は約2000人/年。受講者の男女比 6:4

通信教育には「基礎講座」と「専門講座」があります。基礎講座は照明に興味のある方なら、誰でも受講できます。カリキュラムに定めた科目が合格点に達すれば、修了したことを証明する「照明コンサルタント」の称号が与えられます。一方、専門講座は照明関連の業務に関わる人達が専門知識を習得する講座です、合格者には「照明士」の称号が与えられます。 照明関連の実務経験者(4〜5年程度)を対象としています 。

※修了の認定を受けた人は、スクーリングの会場で「照明コンサルタント」称号認定書を授与されます。
※照明コンサルタント認定の有効期限は5年間です(5年ごとに更新)。
※「照明士」「照明コンサルタント」は、一般社団法人照明学会の登録商標です。
試験方式  ●通信講座とスクーリングで取得。
 <通信講座>
・自宅にて通信講座を受講します。教材はDVDとテキスト。
・演習問題は第1回から第5回まで。各回ともテキストから計10問が選択形式の問題として出題されます。
・各回とも解答提出期間は15日間
・合格点は60点以上です(100点満点)。※60点未満の場合は再試で再提出。再試提出期間は1週間。
・第6回はレポート。テーマを750字程度にまとめて提出。
・すべてが合格点に達したら、スクーリングを受講して修了。
※受講期間中、1ヵ月半ごとに全6回の解答を提出します。
 <スクーリング>
・スクーリングは先生から直接講義を受けることです。全国どこかの会場で必ず受講しなければなりません。

※留年制度
不合格になった場合は次年度に限り再受講ができます。それでも不合格だった場合は翌年にその演習問題を
再履修することで、留年受講料が発生しますが、それに合格すると補習終了となります。
演習問題終了後スクーリングを行った後に照明コンサルタントとして認定されます。
受講料:マークシート方式9,720円・Web方式8,748円税込 (解答提出5回・レポート提出・スクーリング出席) 
受験資格  誰でも受講できる(照明に関心のある人 )
 試験科目 ●講座のカリキュラム
1章:照明の基礎 2章:光源 3章:照明器具 4章:照明計算の基礎 5章:屋内照明設計の基礎 6章:オフィス照明 7章:工場照明 8章:店舗照明 9章:住宅照明 10章:住宅の配線と配線器具  11章:屋外照明 12章:スポーツ照明 13章:非常時用照明 14章:視覚弱者のための照明 15章:照明の保守と経済 16章:照明と省エネルギー 17章:最近の照明界の話題
テキストの目次 
LEDなどの新光源、また、地球温暖化など環境問題に対する取り組みについても詳しく解説しています。
スケジュール  ・申込み期間:毎年3月末又は4月始め〜5月下旬  
・開講:8月1日  
・期間:1年間(スクーリングは翌年7月)

2017年第38期 照明コンサルタント照明基礎講座日程  
・申込受付期間:2017年4月3日(月)〜5月31日(水)
・講座期間:2017年8月〜翌年7月
 試験会場 ・スクーリング開講地 札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡
 受験料 ・受講料:マークシート(郵送)解答の場合 29,376円(税込) 
      Web(インターネット)解答の場合 26,352円(税込)
      学生割引(Web解答のみ) 19,440円(税込)
資格 難易度  ・難易度  「D」易しい
・合格率  2013年7月照明コンサルタント試験結果   合格率 86.2%

※毎年の結果では、合格率84%〜86%前後、受験者数約2000名/年 合格者数約1600名前後
 受験対策
 &
資格の将来性
この資格は、照明学会が提供する通信講座をまじめにきちっと受講し、やるべきことをやっていれば比較的難易度の低い資格です。 一般的には、照明会社などに勤務する場合などに求められる資格ですが、簡単に取得できる資格なので個人でも持っていて損はない資格です。通信講座なので、普通に演習問題を期限までに回答していけば問題なく合格することができます。

個人で資格を取ろうという人や、より専門的なことを習得したい人は、この資格だけに止まらず、専門講座を受講して、さらに上の「照明士」を取得するか、又は「インテリアコーディネーター」を取得する道もあります。2年くらいの計画で取得できれば、スキルも評価され、就職、転職活動も一歩リードできること間違いありません。
ただ、「照明士」の資格は、照明関係の実務経験が5年以上ある人を対象にした講座を受講することになります。
  ⇒専門講座(照明士)

資格を取得した人は、住宅だけではなく商業施設等のライトアップなどを仕事としている方や、インテリアコーディネーターや建築士の方などがダブルで取得しているケースが多いようです。
活躍の場としては、ハウスメーカーや照明メーカー、設計事務所、デパート照明売り場などでしょう。
通信講座   (社)照明学会主催の「基礎講座」
通学スクール -
教材  照明関連の教材
問い合わせ先  (社)照明学会 通信教育担当    http://www.ieij.or.jp/
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-8-4 吹田屋ビル
TEL:03-5294-0105 FAX:03-5294-0102
(TEL受付時間 平日10時〜17時 土日祝休)  Email: ieijkyoi@sepia.ocn.ne.jp
 
 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.