スペイン語技能検定


資格名 スペイン語技能検定    ※略して「西検」と書きます。
 資格の種類 民間資格        主催 (財)日本スペイン協会西検事務局
資格の概要  世界の3大言語(英語・スペイン語・中国語)であるスペイン語の能力を測る検定試験。財団法人日本スペイン協会主催の検定で1973年に始まった試験です。試験は、文部科学省公認の検定試験で、難易度別に1級から6級まで6段階ののランクがあります。
1級は専門通訳レベル、2級は通訳ガイドレベル、3級で簡単な日常会話の通訳レベル、4級は日常会話を話せるレベル、5級は平易な文章が書けるレベル、6級は短文が理解できるレベルと判断されます。
スペイン語は英語、中国語と並んで使用人口の多い言語で、スペインを始め南米を中心に世界23カ国における公用語で、世界で約3億人以上の人々によって話されています。また、国連の公用語にもなっています。
試験の成績優秀者には、文部科学大臣賞、スペイン大使賞、日本技能検定連合会会長賞などの賞状と副賞が授与されます。

※スペイン語の検定試験には、 (財)日本スペイン協会が主催する「スペイン語技能検定」(当ページで掲載)と、スペイン国外では、セルバンテス文化センターが主催する「スペイン語能力試験(DELE )」があります。
(財)日本スペイン協会が実施しているスペイン語技能検定は、日本では1973年から文部科学省後援の下に実施されてきた歴史もあり、DELEよりもこちらの検定試験の方が方が歴史があります。
一方、DELEは1988年からスペイン語を母国語としない人々を対象に日本でも実施されました。DELEの試験は日本以外でも多数行っています。

 
試験方式  ・3級以上の1次試験合格者には、面接試験が実施され、4・5級には筆記と聞き取りの試験があります。

●1級 
1次試験 筆記(90分)  2次試験:面接
●2級
1次試験 筆記(90分)  2次試験:面接
●3級
1次試験 筆記(90分)  2次試験:面接
●4級
1次試験 筆記と5分程度の聞き取り(60分)
●5級
1次試験 筆記と5分程度の聞き取り(60分)
●6級
1次試験 筆記(60分)

※合格基準  正解率70%以上(3〜6級)   正解率80%以上(1〜2級)
※連続した2つの級は併願できます。
受験資格  ・特に受験資格はなく、誰でも受験することができる。
 試験科目 ●級別のスキルレベル
・6級:基礎的な短い文章の読み書きができる。直説法現在終了。
・5級:平易な文章の読み書きができる。初級文法(直説法)終了。
・4級:簡単な日常会話ができる。 文法を一通り終了。
・3級:新聞などが理解でき、一般ガイドができる。
・2級:ラジオ、テレビが理解でき、一般通訳ができる。
・1級:会議通訳、文学翻訳、専門ガイドができる。
スケジュール  ・申込期間: 春季4〜5月  秋期8〜9月
・試験日:  春季試験  1次 6月下旬頃   2次 7月下旬頃
        秋季試験  1次 10月下旬頃  2次 12月上旬頃
・合格発表 6〜4級 :約2ヶ月後  3〜1級の1次試験 :2次試験の7日前までに通知

2017年春季・秋季スペイン語技能検定試験日程
試験会場  ・1次試験  
北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、愛知、静岡、石川、京都、大阪、兵庫、広島、愛媛、島根、福岡、山口、熊本、長崎、沖縄 
・2次試験  
札幌、東京、名古屋、神戸、広島、福岡  
受験料  6級 3,000円  5級 4,000円  4級 4,000円  3級 7,000円  2級 9,000円  1級 11,000円(各税込)
資格 難易度  ・難易度  2級以上 「A」難関  3級 「B」普通
・合格率  非公開

※合格率は非公開ですが、おおよそ下記の程度と想定されています。
 1級 6〜7%  2級 7〜8%  3級 16〜17%   4級〜6級 70%以上


【資格取得のための学習法】
公式テキストを活用して独学、又は通信講座や通学スクールなどもあります。
  受験対策
 &
資格の将来性
試験は文部科学省認定の試験で、3級からは2次試験もあり、試験問題の難易度がぐんと上がります。文法が問われる問題はなくなり、スペイン語で書かれた文章を日本語に訳し、日本語の文章をスペイン語へ訳す問題が出題されますので、3級くらいから上位級は、独学での試験対策は困難です。スクールのスペイン語検定試験対策コースを受講するのがベストでしょう。4級までは比較的易しいですが、3級から難しくなります。

3級では、1次試験は筆記試験90分で、2次試験は合格者のみの面接形式です。また、「新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しない」が合格基準となります。
レベル的には、3級合格では、新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しないレベル。さらに、2級合格では、ラジオやテレビが理解でき、一般通訳ができるレベル。仕事では企業の語学担当や海外駐在員として活躍できるレベルです。1級合格は通訳ガイド、国際会議の同時通訳などとして活躍できるレベルと判断されます。
ただ、1級、2級は合格率が1桁台で難易度は非常に高く、このレベルになると通学スクールなどを活用しないと独学では無理があります。試験の難易度的には、検定6級が英検4級程度の難易度、また3級が英検準1級程度の難易度と考えてよいでしょう。
6級では直説法現在形の動詞の活用が正しくでき、短い文の読み書きができるレベル。但し試験では、名詞の性・数の他、音節分けやアクセントの問題が出ることもあります。6級の合格基準は、基礎的な短文の読み書きができ、直説法現在修了のレベルになっています。

スペイン語は、日本ではまだメジャーとは言えませんが、合格者を入試や単位修得で優遇措置をとる高校・大学も増えてきています。また、試験の成績優秀者には、文部科学大臣賞、スペイン大使賞、日本技能検定連合会会長賞などが授与される制度もあります。
この試験の受験者の傾向としては、スペインに留学を希望している学生が、自分の語学力を知る目安としている場合が多く、最近では女性の比率が高くなってきているのも大きな特徴です。それ以外には、南米への留学を希望する人が取得したり、英語以外の語学を学びたい人に人気があります。
日本ではスペイン語を使用する機会は少ないですが、英語以外にも外国語を勉強したいという人や、人とは違った部分で自分をアピールしたい人などには注目の言語と言えます。それは特に、日本語のローマ字の発音とスペイン語の発音は一緒なので日本人には、覚えやすい言語の一つでもあるからです。これからの世界では、外国語を多く学ぶのは、決して損にはならないはずです。

一方、就職などの面では、スペイン語を活かせる仕事場として挙げられるのは、商社や外資系の企業に加え、国際協力関係の諸組織や外国人支援団体・組織などがあります。特に、商社や外資系の就職に際し有利に働く資格です。
地域では、南米や欧米に関係のある商社や外資系企業、国際関係組織などに需要があります。また、中南米諸国や西インド諸島など幅広い地域で使われているため、スペイン語圏への貿易企業などへの就職には有利です。
これ以外の方面では、翻訳や通訳、 旅行会社などでもニーズがあります。ただ、英語やフランス語になどに比べると絶対数は少ないですが、それがかえって活躍の場につながると考えられます。
この場合は、公文書の仕事や公的機関での通訳など、実力によっては、仕事も増え、高収入が期待できます。
通信講座   -
通学スクール   スペイン語 通学スクール・講座一覧
教材
問い合わせ先  ・(財)日本スペイン協会西検事務局       http://www.casa-esp.com/
 住所:東京都新宿区信濃町33 真正会館6F    TEL:03−3353−0428
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.