茶道文化検定


資格名 -
 資格の種類 民間検定試験       主催  財団法人 今日庵
資格の概要  「茶道文化検定」は、日本を代表する伝統文化の「茶道」を通じて日本文化を幅広く学ぶことのできる検定試験です。
茶道のもつ深い精神と独自の哲学をはじめ、茶道文化の知識を体系的に学ぶことができ、日本の文化を深く広く身につけることができます。この試験は文化庁主催「文化力プロジェクト」参加事業に承認されています。

平成20年に始まったまだ新しい検定試験で、受験級は1級から4級まで。試験にはお点前に関する出題はなく、また実技試験もありません。合格者には「合格証」および「合格証明書」(1枚)が発行されます。

級別の知識レベルは以下の通りです。
・1級 茶道の文化に関する高度な知識
・2級 茶道の文化に関するやや高度な知識
・3級 茶道の文化に関する一般的な知識
・4級 茶道の文化に関する基礎的な知識

※4級または3級から受験し、合格をもって順次上位級を受験できます。
※22歳以下の人は、受験料が1000円割引になります。ただし、1989年4月2日以降に生まれた人に限ります。

 
試験方式  ●試験形式
・2級・3級・4級はマークシートによる択一方式問題
・1級はマークシートによる選択式と記述式問題
●出題数・時間・合格基準
・1級: 80問/100分  80%以上の正解で合格 
・2級: 80問/80分   70%以上の正解で合格
・3級: 80問/70分  70%以上の正解で合格
・4級: 60問/60分  70%以上の正解で合格

※同時に複数の級を受験することはできません。
受験資格  年齢・性別・茶道経験・流儀等の制限はありません。
 ・4級または3級から受検し、合格をもって順次上位級が受検できます。
 ・2級受検は3級合格者、または3級・2級併願受検者に限ります。
 ・1級受検は2級合格者に限ります。
 ・4級と3級の併願、または3級と2級の併願は可能です。
 ・3級・2級併願で受検し、3級の採点結果が合格基準に満たない場合に2級の合格は認められません。
 試験科目 ●出題範囲
 ・1級・2級 茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶と禅、茶席の花、懐石、菓子、茶室・露地、茶業
 ・3級・4級 茶のこころ、茶の歴史、茶会・茶事、茶道具、茶室・露地
※どの級もお点前に関する出題はありません。
※4・3・2級は設問の多くが公式テキスト、公式問題集の内容から出題されます。
※1級は公式テキスト、公式問題集を基本にして幅広く出題されます。
スケジュール  ●試験は毎年1回 10月末
・申込受付:7月末〜8月末
・合否通知:1級 12月下旬  2・3・4級 11月下旬

平成29年第10回茶道文化検定試験日程
・試験日:平成29年11月5日(日) 
・受験申請受付:未定
・合格発表:未定
 試験会場 ・札幌、秋田、仙台、新潟、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、米子、岡山、広島、松山、福岡、鹿児島、沖縄
 受験料 ・1級 6,680円 ・2級 5,040円 ・3級 4,010円 ・4級 2,880円
・4・3級併願 5890円  2級・3級併願 8,050円 (すべて税込)
資格 難易度 
・難易度  「D」 易しい
・合格率  平成28年第9回茶道文化検定試験結果⇒詳細       
 級 受験者数 合格者数   合格率
 1 841名 92名 10.9%
 2 856 372 39.9 %
 3 1496 1182 79.0 %
 4 878 785  89.4%
 計 4,071   2,401  -


※参考データ
・平成27年第8回茶道文化検定試験結果
 級 受験者数 合格者数   合格率
 1 963 9  0.9%
 2 880 432  49.1%
 3 1,757 1,358  77.3%
 4 840 758  90.2%

・平成26年10月試験
      第7回茶道文化検定試験結果⇒詳細
・平成25年11月第6回茶道文化検定試験結果
 級 受験者数 合格者数   合格率
 1 1260  238   18.9%
 2 1336  649   46.8%
 3  1878 1666   88.7%
 4  883 839   95.0%
 受験対策
 &
資格の将来性
この検定は、茶道文化の知識を体系的に学んでもらうように作られていますので、これから茶道を始めようという方から、長年たずさわっておられる方まで流儀に関係なく受験できるようになっているところが特徴です。

出題は、1級は公式テキスト、公式問題集を基にして幅広く出題されます。2・3・4級は設問の多くが公式テキスト、公式問題集の内容から出題されますが、公式テキスト、公式問題集以外の範囲からも出題されます。
3級、4級の試験対策は、広い範囲の知識が必要ですが、公式テキストを購入し、まじめに繰り返し読んでおけば全く問題ありません。ただ1級などでは、非常に奥深く細かい知識を問われますので、日頃からお茶の文化や歴史、禅や茶事などに興味があり、勉強している方でないと難しいレベルになります。

初めてチャレンジされる方は、茶道文化検定の公式ホームページに茶道文化検定「チャレンジ問題」があり、検定試験を体験することができるようになっていますので利用されることをお薦めします。また、その他にも「茶道文化検定アプリ(3級)」というスマートフォン向けのアプリなども販売されています。このアプリでは、茶道文化検定の過去3年分の200問が体験できます。
通信講座   -
通学スクール 茶道 講座・スクール一覧
教材 
問い合わせ先  茶道文化検定事務局(日本出版販売株式会社内) http://www.chado-kentei.com/

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 新御茶ノ水ビル 16F
        TEL03-3233-4808    info_kentei@nippan.co.jp
  
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.