資格名

PMP
Project Management Professional(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)の略。

資格の種類国際資格
主催PMI 本部
資格の概要

アメリカ合衆国の非営利団体PMI(Project Management Institute)が主催する国際資格。
この資格が対象とするのは、システム開発計画を円滑に運営する責任者、プロジェクトマネージャであり、受験者のプロジェクトマネジメント(PM)に関する経験、教育、知識がプロフェッショナルとしてどのレベルであるかを確認するものです。
試験はPMの専門知識のレベルを証明するために、NPO法人である米国プロジェクトマネジメント協会が資格認定を行うものであり、法的な資格、免許ではありません。プロジェクトマネジメント・スキルの評価基準として、主にIT・建設をはじめとする多くの業界で活用されています。
尚、試験の合格者には合格後6~8週間をめどに、PMI本部から郵送にて「PMP資格証明書」が送られます。
PMP資格の取得者は、国内外で急増しています。2014年7月現在、国内のPMP有資格者数は31,956名、世界では627,844名が登録しています。

◆ PMP試験情報
・プロジェクトマネジメントの普及団体、米プロジェクトマネジメント協会は2018年3月からプロジェクトマネジメントの知識体系をまとめた「PMBOKガイド」の最新版「第6版」に対応した資格試験「PMP(Project Management Professional)試験」を実施する、と発表しました。試験に先立ち、PMI日本支部は2018年1月にPMBOKガイド第6版の日本語版の書籍を発売。PMI日本支部は3月26日から、最新版に基づくPMP試験を始める。2018.2.21
・2016年1月から、PMP試験が変わりました。新しい内容で提供されています。
 ⇒ PMI 認定資格試験の更新内容について 
 ⇒ PMP試験のコンテント・アウトライン 
 ⇒ PMI本部Webサイト

試験方式

●試験方式:コンピュータによる試験で、4時間で200問の選択式(4者択一問題)試験。
●合格ライン:採点対象の175問中106問以上(61%)に正解すること。
●試験結果:コンピュータによる試験終了後、即時に合格・不合格の結果がでます。レポートには、各ドメインの正解率の割合が表示されます。
※日本語での受験が可能 (必ず試験申し込み時に申込書に必ずチェックマークを入れること。)
※200問のうち25問は、ダミーのテスト問題です。
※ダミーのテスト問題は、受験者の点数に反映されず、将来のPMP試験の評価のために使われるものです。
※このテスト問題は、出題領域の中でランダムに配置されます。4時間の試験開始の前に試験時間に含まれない15分のコンピュータチュートリアルがあります。

受験資格

以下の条件を満たしていなければ、受験できません。
(1) プロジェクトマネジメントの指揮・監督する立場での経験
(高卒の場合)プロジェクト業務を指揮・監督する立場で、7500時間の実務経験、および60ヶ月のプロジェクトマネジメント経験が必要。
(大卒の場合)36ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクト業務(受験日からさかのぼり8年以内の業務)を指揮・監督する立場での4500時間の実務経験が必要です。
(2) 35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講
・プロジェクトマネジメントに関する研修を受講したことを証明する書類が必要。

試験科目

コンピューターを使用した模擬試験が受講料1,000円(通学クラスのみ・税抜)で受けられるようになりましたが、試験の出題範囲は、6分野(プロジェクトの立上げ、プロジェクト計画、プロジェクトの実行、プロジェクトコントロール、プロジェクトの終結、プロフェッショナル責任)が決められており、そこから出題されます。
※試験問題は、以下の内容を満たすように作成されています。
・ISO/IEC 17204 に準拠 
・グローバルで活動中の PMP 資格者に対するレビュー 
・PMI のグローバル標準外からも採用 
・心理分析のモニター結果を参照 
・PMP 試験アウトラインに準拠
試験内容のアウトライン)設問の割り当て
立ち上げプロセス 13%
計画プロセス24%
実行プロセス30%
監視/コントロールプロセス 25%
終結プロセス8%
合計100%

スケジュール

試験実施日:祝祭日を除く毎日
※PMIから受験承認のメールが届いたら、試験のスケジュールおよび受験場所を決め、直接プロメトリックのWEBサイトにアクセスして試験の予約をします。

試験会場

日本国内での受験地はPrometricから選びます。
※プロメトリック試験会場 
東京:茅場町  東京:南麻布(テンプル大学)  
神奈川:横浜駅西口  大阪:中津

受験料

●PMI会員 404$ 
不合格の場合の再受験料275$(更新:60ドル)

●PMI非会員 555$ 
不合格の場合の再受験料375$(更新:150ドル)

資格難易度

難易度 「A」難関    
合格率 約60%(PMI東京支部調べ)

受験対策&
資格の将来性

試験は基本的に英語で実施され、日本人向け試験では日本語・英語併記で出題されます。試験方式は4者択一問題で、全200問を4時間以内に回答します。予備問題を除いた175問中106問以上の正解(61%)で合格です。問題はコンピュータ上に表示され、回答もコンピュータを操作して行う。オプションとして日本語の問題も提供されますが、翻訳の精度は保証されていないため、ある程度英語ができた方が有利であることは間違いありません。 

 

試験は、PMIが策定したプロジェクトマネジメントに関する知識体系PMBOKをベースにしているため、分厚いPMBOKをしっかり覚えることができれば、ITスキルやPM経験ゼロでも受かと思えるのですが、実際はPMBOKに書かれていることが、そのまま問題になっているのは全体の約3割程度でしかありません。ただ、PMBOKの知識を習得することは必須です。試験の実施はR-PROMETRIC社が請け負っており、日本では東京(茅場町)・東京(南麻布)・大阪(中津) ・神奈川(新横浜)の4ヶ所で受験できます。試験はほぼ毎日行われており、試験委託機関であるプロメトリックのサイト(http://pf.prometric-jp.com/)で予約します。
試験の合格率は60%と言われているので、高いようですが、決して易しい試験ではありません。ただ、試験自体が、選択式問題のみであることや、年に何度も受験機会があることや合格率などから、試験そのものの難易度はプロジェクトマネージャよりは低いです。PMPとプロジェクトマネージャの一番の違いは、PMPは世界標準の資格なので、世界で通じますが、プロマネは日本国内限定の資格であることです。

PMPはProject Management Professional(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)の略。プロジェクトマネジメントに関するワールドワイドな事実上の標準と認められており、国や文化を超えてプロジェクトマネジメント・スキルの評価基準 として、IT・建設など多くの業界で注目されています。特にIT業界においては、現在もっとも注目されている資格のひとつ。そのため、PMPの認定を受けておくことは、プロジェクトマネジメント分野のキャリアにとって大き なアドバンテージとなるはずです。PMP有資格者への業界内の評価は非常に高く、ITPro(日経BP社)が行っている「社員に取らせたいIT資格」というアンケートでは、プロジェクトマネージャとほぼ人気を二分しています。
資格取得の手順として、PMP受験には実務経験が必要なため、難易度は高いがプロジェクトマネージャを先に取得し、規定の年数の経験を積んだあと、PMPの資格にチャレンジするのも一つの方法でしょう。また、日本でも経済産業省が、情報システムに係る政府調達制度の見直しとして応札者の技術力、開発・供給能力等に関する項目にPMP資格が入るようになりました。
※ 「PMP」資格は、日経BP社がまとめた、『ITベンダーの技術者、ユーザー企業のシステム担当者が「取得すべき資格ベスト3にも、IT団体認定資格の項で1位にランクされています。「取得すべき」IT資格ベスト3

通信講座

-

スクール

 I-Think 
https://www.i-think.co.jp/shikentaisaku.php

オンライン学習

E-PROJECT http://www.e-project.jp/  
eラーニング 
http://www.e-project.jp/lecture/pmp-e-learning/

教材

PMBOKガイド・マニュアル―第5版対応 
PMP

売れ筋教材

-

問い合わせ先

・PMI日本支部  http://www.pmi-japan.org/
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町14-5渋谷サニーヒル2F  03-5784-3838
PMIアジアパシフィックサービスセンター
20 Bendemeer Road, Cyberhub, #04-02, Singapore 339914
 TEL +65 6496 5501 FAX +65 6336 6449
・PMI本部  
http://www.pmi.org/en/About-Us/Ethics.aspx

スポンサーリンク