ネットショップ実務士


資格名 ネットショップ実務士
 資格の種類 民間資格          主催 一般財団法人 ネットショップ能力認定機構
資格の概要  今後ますます発展していく消費者向けネットショップ市場において、ネットショップでの実務能力を認定する「ネットショップ検定」を開催し、戦力となる人材「ネットショップ実務士」の育成をする資格制度が2010年にスタートしました。
ネットショップ実務士は、当認定機構が定めるトレーニングを修了した受講者に対しテストを行い、合格した者が資格者として認定されます。機構では、2013年までに3万名のネットショップ実務士の輩出をする予定をしています。
尚、「ネットショップ検定」は、同機構が発行するネットショップ実務士公式テキストや模擬問題で自学自習して受検し、試験に合格した者を資格者として認定します。こちらは2013年までに2万名の受検者、1 万4千名の合格者の輩出を予定しています。

2012年度からの新体系では、4つの職種(オペレーション、Web制作、プロモーション、マネジメント)と「基礎知識の受動的習得」、「基礎知識の能動的アウトプット」、「専門的な実践スキルの所有」の3つの観点から策定された6段階の能力レベルを設定し、レベルごとに「講座修了(実務士補)」、「検定試験合格(レベル1〜2)」、「実績証明(レベル3)」の3種類の要件によってネットショップ実務士資格の認定を行います
この3種類の認定要件のうち、当機構が発行する公式テキストで学習し、試験を受けて要件を取得する方法が、ネットショップ検定になります。尚、現在一部の職種・レベルはまだ実施されていません。

※能力レベルごとの主な対象者
 【ネットショップ実務士補】
・ネットショップ(EC)業界に興味がある方
・ネットショップ(EC)事業参入を考えておられる方
・ネットショップ(EC)業界に転職を希望する方
・ネットショップ(EC)を担当する部署へ異動される方 など
 【ネットショップ実務士L1】
・ネットショップ(EC)事業会社の内定者および従業員
・ネットショップ(EC)事業会社を顧客とする企業の内定者および従業員
・専門学校、大学を卒業予定で就職を希望する学生
・人材派遣会社の登録者 など
 【ネットショップ実務士L2】
・ネットショップ(EC)の運営/制作/集客担当者
・ネットショップ(EC)の運営業務を受託している企業の担当者
・ネットショップ(EC)の制作業務を受託している企業の担当者
・ネットショップ(EC)の集客支援業務を実施している企業の担当者
・ネットショップ(EC)のコンサルティングを実施している企業の担当者
・実践的な知識を身につけたいネットショップ実務士L1資格者 など
 【ネットショップ実務士L3】
・優良ネットショップ(EC)の運営/制作/集客担当者
・優良ショップの従業員ではないが、実践能力を身につけたい者
・ネットショップ実務士L2資格者で、実践能力を身につけたい者 など

※レベル1またはレベル2は「ネットショップ実務士L2」、レベル3以降は「ネットショップ実務士L3-O」「ネットショップ実務士L4-W」の表記が使用されます。
※ネットショップ実務士レベル3の取得者は、ネット業界・EC業界の様々な企業において、該当する職種のプロフェッショナルとして認められます。レベル3ではマネジメント、プロモーション、Web制作、運営の4つの職種ごとに資格が認定されます。
試験方式  試験形式:CBT方式(コンピューターでの出題)
●出題方式
・レベル1:全70問/80分 選択式で解答(4択・マークシート方式)
・レベル2:全70問/80分 選択式で解答(4択・マークシート方式)
●出題数
・レベル1:ビジネス知識23問・前提知識18問・実施知識29問(計70問)
・レベル2:運営業務15問・Web制作業務20問・ライティング(書く力)15問・プロモーション業務20問(計70問)
●合格基準
・レベル1:全70問中70%以上の正答率。(1)(2)(3)の合格評価カテゴリごとに、50%以上の正答率。
・レベル2:全70問中70%以上の正答率。(1)(2)(3)(4)の合格評価カテゴリごとに、50%以上の正答率。
受験資格  制限なし。誰でも受験できます。
 試験科目 ●レベル1(基礎知識)
(1)テキスト項目(ビジネス知識)@メディアに関する理解、Aコマースに関する理解
(2)テキスト項目(前提知識)@ネットショップの前提知識、Aネットショップの準備知識
(3)テキスト項目(実施知識)@ネットショップの制作知識、Aネットショップのプロモーション知識、Bネットショップの運用知識、Cその他の知識
※オペレーション/Web制作/プロモーション分野における基礎知識が問われます。
●レベル2(実践知識)
(1)運営業務:受注〜出荷指示・物流センター業務・問い合わせ対応、クレーム対応・商品管理
(2)Web制作業務:トップページ・商品ページ・その他のページ・商品写真の企画と撮影技法・カラーデザイン・知っておくべき知識
(3)ライティング(書く力):キャッチコピー・文章・メールマガジン
(4)プロモーション業務:新規顧客獲得・リピート購入(リテンション)
※オペレーション/Web制作/プロモーション分野における実践知識が問われます。
スケジュール  年3回(6月・11月・2月)

※ネットショップ実務士検定(レベル1・2)
 試験会場・日時の確認及び受検申込み ⇒ JJSテストセンター
 試験会場 東京・大阪・・福岡


(CBT試験画面のイメージや操作方法を確認できます)
 受験料 レベル1: 6,500円(税込)   レベル2: 7,500円(税込)
資格 難易度  ・難易度 レベル1  D(易しい)  レベル2 C(やや易)
・合格率 不明(非公開)
 受験対策
 &
資格の将来性
2011年にスタートしたまだ新しい試験なので、本格的な普及はこれからでしよう。実務経験者のほか、Eコマー
分野での仕事を希望する学生などが受検しており、インターネットビジネスやネットショップに興味を持たれている方は、知識向上やスキルアップのためにチャレンジされてはいかがでしょうか。
ネットショップ市場は急速に拡大しており、人材採用も市場の伸びと共に増えることも予想されていますので、Eコマース業界への就業を目指している方などは、今の内に取得しておいても良い資格です。

試験範囲は公式テキストと、経済ニュースやIT関係の話題など最新情報のほか、一般的なビジネス常識からも出題されます。ここに実際の出題形式に則った練習問題があります。学習の習熟度チェックに活用して見て下さい。
      ⇒練習問題

※「ネットショップ実務士」の学習カリキュラムが、法政大学 キャリアデザイン学部の通年講義(前期/後期で計4単位履修可能)に2年連続で採用されました。
※Eコマース(電子商取引)は、平成25年度の文部科学省「高等学校学習指導要領」の「文書デザイン」項目が「電子商取引」に再構成される等、高等学校教育の場面でも重視されている分野となっています。当機構でも、全国の都道府県の学校での実施を目指して教育機関と連携し、Eコマースに関する学習機会の提供等に取り組む計画を立てています。
※ネットショップ実務士レベル1の下位資格に初級者向けの「ネットショップ実務士補」があります。実務士補は「ネットショップ実務士補」資格取得講座の1日セミナーと修了テストを受れば受講修了後に資格が取得できます。
< ネットショップ実務士補 >
・講習開催地:東京・大阪
・セミナー講習料:23,740円
・講習内容:ネットショップ業界とは・優良ショップから学ぼう・ネットショップ日常業務の流れ・修了テスト(計6時間)

【就職対策】
・定年後の再就職対策について。
年金の支給開始年齢は基本的には65歳からですが、今後、支給開始年齢が67〜70歳に引き上げられる可能性があります。そうなると定年が65歳になっても数年間の収入空白期間ができるため、退職者は厳しい生活を強いられることになります。そこで、その収入空白期間を埋めるために奨められているのが、定年までに積み上げた経験の上に、さらに「資格」を取得することで、一定水準の収入を得られる仕事に就くことです。
それではその場合、どんな資格が有利に働くのか。
特に、IT系の企業での経験がある人は、「ネットショップ実務士」の資格取得も有利だと言えます。それは、ネットショップをデザインし、さらにその運営までの責任者となることで再就職先を探すことができるからです。
現在、ネットショップを展開している会社への再就職だけでなく、今後、さらにネットショップは拡大する可能性が高いので、期待できると思われます。
通信講座   -
通学スクール ネットショップ実務士補入門セミナー
ネットショップ実務士 ステップアップセミナー
ネットショップ能力認定機構の講師派遣制度
教材 
問い合わせ先  ・一般財団法人 ネットショップ能力認定機構  http://acir.jp/
〒105−0021 東京都港区東新橋2−10−10 東新橋ビル2F
   TEL03(3595)1175
・ネットショップ検定(レベル1・2)問合せ 【専用窓口】JJSTC事務局
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3番2号 飯田橋スクエアビル5F
TEL.03-3235-4001 FAX.03-3235-4003
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.