メディカルクラーク


資格名 メディカルクラーク(医科・歯科)       ※試験名 医療事務技能審査試験
 資格の種類 民間資格         主催 (財)日本医療教育財団
資格の概要 
医療事務の資格の種類には、厚生労働省が認定している医療事務資格と民間会社の医療事務資格など、30以上の種類があり、それぞれが試験を実施し、その医療資格の認定をしています。その中でも、代表的な医療事務資格である(財)日本医療教育財団が主催する「医療事務技能審査試験」は、種類がたくさんある中で、昭和49年度からの約40年間で総受験者は152万人、合格者も85万人を超える試験です。年間の受験者数も5万人〜6万人で、受験校も延べ300校を超えるなど、医療事務関係としては最大規模の試験となっています。

また、この試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が付与されます。メディカルクラークは、(財)日本医療教育財団が実施する医療事務技能審査試験の合格者だけに与えられる称号です。
メディカルクラークは医療機関からの評価も高いものがあり、医療事務技能者として活躍するためには好適な資格です。

一方、試験(医療事務技能審査試験)は、医療事務業務に従事する者の知識技能の程度を審査し、証明することにより、医療事務職の職業能力の向上と、社会的経済地位の向上に資することを目的として行われています。
医科、歯科に分かれており、受験者は医科か歯科を選択します。どちらも学科と実技の試験で、受付業務、レセプト作成、カルテ管理などの基本的な知識が問われます。
試験方式  ●試験は学科試験と実技試験(T・U)で構成されています。試験時間 計3時間。

1. 実技試験T(筆記 記述式)患者接遇  出題数2問/試験時間50分
2. 学科 (筆記 択一式)  医療事務一般知識          出題数25問/試験時間60分
3. 実技試験U 診療報酬請求事務 診療報酬請求明細書点検   出題数4問/試験時間70分
・学科試験および実技試験T・Uの各々の得点率が70%以上が合格となります。
※学科試験と実技試験Uは、持ち込んだ参考資料を見ることが出来ます。

【試験科目免除制度】
得点率70%に達した科目は、6ヵ月間に限り受験が免除になります。
受験資格  特にありません。誰でも受験できます。
 試験科目 試験の基準およびその細目
<学科>
1.医療保険制度
(1)健康保険(2)船員保険(3)各種共済組合(4)国民健康保険(5)退職者医療制度
(注) 入院時食事療養費および入院時生活療養費・ 保険外併用療養費・ 高額療養費
2.高齢者医療制度
(1)制度の概要(2)特定健康診査(3)後期高齢者医療給付
3.公費負担医療制度
(1)感染症法(2)生活保護法(3)学校保健安全法(4)精神保健福祉法(5)身体障害者福祉法(6)障害者自立支援法(7)児童福祉法(8)母子保健法(9)原子爆弾被爆者援護法(10)特定疾患治療研究事業
 4.介護保険制度
(1)制度の概要(2)予防給付・介護給付(3)介護サービスの利用方法(4)介護保険と医療保険等の関係
5.医事法規一般
(1)医療保障制度の基礎用語(2)医療法(3)医療保険各法(4)療養担当規則(5)関連法規(医師法 等)
6.医事業務
(1)医事担当者の心得(個人情報の適切な取扱いを含む)(2)外来・入院業務(3)窓口会計業務
7.前各号の掲げる科目のほか、次に掲げる科目のうち、受験者が選択するいずれか一つの科目
医科

 

診療報酬請求業務
 医科診療報酬に係わる事項
医学一般
(1)各器官系の名称・構造・機能(2)人体解剖と病理(3)疾病の原因と治療
薬学一般
(1)医薬品の種類と薬効分類(2)各器官系に作用する薬物
診療録
(1)医科医療用語・略語(2)その他カルテ読解に必要な事項
歯科 診療報酬請求業務
 歯科診療報酬に係わる事項
医学一般
 (1)口腔解剖と病理(2)各器官系の名称・構造・機能
薬学一般
 (1)歯科用医薬品の種類と薬効分類(2)薬物の作用
診療録
 (1)歯科医療用語・略語(2)その他カルテ読解に必要な事項
<実技I>
コミュニケーション医事課  患者応対
<実技II>
次に掲げる科目のうち、受験者が選択するいずれか一つの科目 
医科 診療報酬請求事務
 医科診療報酬明細書(出来高請求)の点検
歯科 診療報酬請求事務

歯科診療報酬明細書(出来高請求)の点検

スケジュール  ・試験日:年12回(毎月)
・申込期間:試験日の2ヵ月前〜2週間前

平成28年度医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)日程
試験会場  ・各都道府県内の公共施設等   ※平成28年度試験の会場(例)
受験料  ・税込み 7,500円(医科・歯科)
難易度  ・難易度  「C」 やや易
・合格率  平成25年4月から平成26年3月末の医療事務技能審査試験データ ⇒詳細
               受験者数29,594名 合格者数17,860名  合格率 60.4%

※参考データ
平成24年7月から平成25年3月までの試験データ  
        受験者数3,630名 合格者数2,067名  合格率 57.0%
  試験のポイント

一口ガイド
医療事務資格では、この医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験が代表的な資格ですが、「メディカルクラーク」の称号は医療事務技能審査試験を合格することでしか取得できません。試験は、医科と歯科がありますが、コツコツまじめに勉強すれば問題ありませんが、医療事務の資格で難関といえます。資格取得者は、医療機関からの評価も高く、取得できれば就職をはじめ、転職や復職にもかなり有利であるといえます。
医療事務資格の取得を希望する人で調剤事務希望以外の人は、まず最初に取得すべき資格でしょう。
⇒(参考)給与面や採用面で優遇される資格試験

試験では、医学やレセプトに関する知識だけではなく、受付・窓口業務で必要とするコミュニケーション能力も問われます。また、実技Tのみ資料等の参照ができない記述式となっていますが、内容は患者接遇ですので基本的な医事業務の知識があればそれほど難しくはありません。 学科試験は選択式で、持ち込み資料の参照できる試験なので暗記は必要ありませんが、問題を見た時に、これはこのテキストに載っている内容であるかないかの判断ができなければなりません。また、制度などについてはそういう制度があると知っている程度でよく、覚える必要はありません。診療報酬請求業務については資料を見ながら計算できればOKです。
実技試験Uで診療報酬請求書(レセプト)の点検は、レセプト作成と、間違いを含むレセプトの訂正をする問題があります。この試験も持ち込み資料を見ることは出来ますし、電卓も使えますが、事前に十分に作成や点検の数をこなして慣れておくことが大切です。できるだけ速やかに作成や点検ができるようにしておく必要があります。

医療事務の資格はなくても働ける事は働けます。ただ、医療事務と言う職業はとても人気があるため、求人情報への応募も殺到することが予想されます。
その時に、無資格の人と資格保有者、どちらが有利かといえば資格を保有している人の方が良いに決まっています。級がある資格なら、難しい方に価値があるに決まっています。資格とはある面、そういうものだと思います。
通信講座   メディカルクラーク通信講座一覧
通学スクール   医療事務通学スクール・講座一覧
教材 医療事務技能審査試験関連教材
問い合わせ先  財団法人 日本医療教育財団          http://www.jme.or.jp/
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10 
TEL03-3294-6624  FAX03-3294-1787
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.