資格名

MR(医薬情報担当者)
※MR: Medical Representativesの略
※試験名:MR(医薬情報担当者)認定試験

資格の種類民間資格
主催公益財団法人 MR認定センター
資格の概要

「MR(Medical Representatives)」 とは、医療用医薬品の適正な使用と普及を目的とし、医薬関係者に医薬品品質、有効性、安全性などに関する情報の提供・収集などを主な業務として行う「医薬情報担当者」のことを言います。製薬企業にとっての営業マンで、もともとは「プロパー」 と呼ばれていました。仕事は営業職の中でも、専門性が非常に高く、MRは営業職のスペシャリストと言えます。

MRの仕事は資格制ではないため、MR認定証が無くてもMRの仕事をする事ができますが、ほとんどのMRがMR認定試験を受け、MR認定証を持っています。大抵は、製薬企業の営業部門に所属していますが、最近では、人材派遣会社から派遣されて製薬企業で働いている人もいます。
MRは、病院や薬局を通じて薬と患者さんの架け橋になる役割を担っています。そんなMRとして、必要な知識を有しているかが問われるのが、「MR認定試験」です。受験要件は厳しいですが、社会に貢献できる専門知識が身に付くということもあり、安定した人気があります。
MR認定試験は、MRの資質向上のために、MRになるための導入教育の成果を客観的に評価する試験であり、1997年から実施されています。ほとんど全ての製薬会社が、MRの受験をしていますので、MRにとっては避けて通れない試験になっています。 またMR資格の有効期限は5年間です。そのため、MR資格を取得して5年間経ったら更新しなければなりません。

【新MR認定試験制度】
MR認定センターが、2012年度からの「新MR認定試験制度」の概要を発表しました。
これによりますと、試験科目は現行の薬理学、薬剤学、添付文書、疾病と治療、医薬概論、PMSの6つから、薬理学、薬剤学、添付文書を統合した「医薬品情報」、医薬概論と PMSを統合した「医薬概論」、そして「疾病と治療」の3科目とし、MR活動に必要な内容に整理されています。
また、薬剤師、医師、歯科医師の有資格者は「医薬品情報」「疾病と治療」の導入教育の受講と受験が免除されます。さらに、MR活動の実践に生かせる基礎的内容を習得できているかが判定される内容に改訂され、試験結果については、合格率、合格基準と、正答に加えて新たに配点も公表することになっています
また、6年制薬剤師については、制度施行後5年程度を目途に「医薬概論」の受験免除の是非について再検討されることになっています。

試験方式

●出題形式:「正誤問題」「三択問題」「五択問題」の3形式で出題されます。 
●試験時間:
 「医薬品情報」(80問、80分) 230点満点
 「疾病と治療」(110問、110分) 300点満点
 「医薬概論」(80問、80分)は230点満点で、試験時間は計270分。
・配分は、「正誤」30%、「三択」59%、「五択」は11%。
・配点は「正誤」2点、「三択」3点、「五択」4点。
・試験の範囲:MR研修テキストの範囲で、その中から出題されます。

受験資格

受験資格を得るためには、製薬企業またはCSO(MR派遣業)で導入教育を受講し、修了認定するか、センターの教育研修施設で基礎教育300時間を受講し、修了認定することで受験資格が得られます。 尚、製薬企業かCSOに在籍している人は、導入教育を受講し、修了認定を受けることで受験資格を得られます。 
※平成13年度以降の導入教育修了認定者(導入教育、基礎教育に関する内容はこちらを参照ください。)
・基礎教育(300時間以上)修了認定者
・再受験者
・MR認定証の有効期限が切れている者
※ただし、教育研修施設で受験資格を得た場合は、MR認定試験合格後、製薬企業またはCSOに入社し、実務教育150時間と実務経験(MR経験)6ヵ月が修了しないとMR認定証を取得する事が出来ません。 ⇒教育研修施設

試験科目

・科目数:旧5科目が統合されて「医薬品情報」、「疾病と治療」、「医薬概論」の3科目になりました。
※科目免除
・医師、歯科医師、薬剤師は、「医薬品情報」、「疾病と治療」が免除されます。

スケジュール

●試験実施:毎年1回 12月

2018年度第25回MR認定試験案内  
・試験日:2018年12月9日(日)
・受験申請締め切り:2018年10月10日(水)
・合否結果送付:2019年1月末

試験会場

東京・大阪

受験料

2科目以上の場合は12,960円、1科目だと8,640円

資格難易度

●難易度 
  「C」やや易
●合格率 
  2017年度第24回MR認定試験結果⇒詳細
   合格率 69.8%(受験者数3,216名  合格者数2,246名) 

※参考データ
・2016年度第23回MR認定試験結果
  合格率 71.9%(受験者数3,502名  合格者数2,519名) 
・2015年度第22回MR認定試験結果
  合格率 73.1%(受験者数4,417名  合格者数3,231名) 

受験対策&
資格の将来性

MR認定試験は製薬業界内の認定試験で、合格率は平均で80%前後で、合格しなくてもMR業務を行うことはできますが、MR認定証を取得していないと一人前のMRとは認められないような資格です。5年ごとに更新が必要で、更新には製薬企業やCSO(Contract Sales Organization:MR業務受託・派遣企業)で5年間継続教育を受講する必要があります。2013年12月時点で延べ14万人以上が受験している試験ですが、試験には、入社後真剣にきちんと勉強してから試験に臨めば、運が悪くない限り不合格にはならないでしょう。 入社後真剣に受験に取り組めば、決して一発で合格できないほど難易度の高い試験ではありません。 
勉強する場合は、テキスト、過去問、模試にどんどん取り組むのが良いでしょう。考えながら取り組む量をこなしていけば答は出てきます。科目では「疾病と治療」が一番ボリュームがあり難関になります。ただ、合格してMRの認定を受けてもMR認定証の有効期限は5年間であり、5年経過したら更新が必要になります。更新のためには「継続教育」という教育を受けねばなりません。 継続教育は、教育研修システムの認定を受けている製薬企業とCSO(MR派遣企業)でしか受講することはできません。
※継続教育のカリキュラム
・倫理(10時間以上)
・医薬品概論、法規・制度(10時間以上)
・疾病と治療、薬理学及び薬剤学(10時間以上)
・PMS(10時間以上)

最近の大学生の就職活動においても、製薬業界は安定した産業で社員の待遇もいいというイメージからMRという仕事が注目を集めています。一歩で、医薬品の特許切れを踏まえ、これから大手製薬メーカーが続々と新薬を発売していくことが予想されますが、その中で、医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報提供を行う「MR」のニーズ・求人も急増していくことが予想されます。また、転職市場においても、未経験者の募集が始まった事で応募する人の数は大変増えてきているのが実状です。

通信講座

-

スクール

-

オンライン学習

-

教材

医薬情報担当者(MR)

売れ筋教材

-

問い合わせ先

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-3-4 日本橋本町ビル
公益財団法人MR認定センター 試験事業部      
http://www.mre.or.jp/index.html 
TEL:03-3279-2500

スポンサーリンク