金融窓口サービス技能検定


資格名 金融窓口サービス技能士
 資格の種類 技能検定(国家資格/名称独占資格)   認定 厚生労働省    試験実施 社団法人金融財政事情研究会
資格の概要  金融機関における窓口業務に必要な知識、技能を検定する、平成14年度から実施されている国家検定。試験は金融財政事情研究会によって実施され、合格者は金融機関窓口(テラー)業務のスペシャリストとして「技能士」と認定されます。
2008年1月から、テラー業務に加え金融商品コンサルティング業務が実施されています。試験では、必要な業務知識と実践能力を学科試験・実技試験両面から審査し、1級、2級、3級金融窓口サービス技能士として認定します。

学科試験あるいは実技試験のいずれか一方の合格者には、一部合格証書が発行され、学科試験と実技試験の両方に合格すると、合格証書が発行されます。
また、2級・3級の一部合格者には試験免除制度があり、学科試験(あるいは実技試験)の合格者は、学科試験(あるいは実技試験)が免除されます(ただし、合格した学科試験(あるいは実技試験)の試験日の翌々年度末までに行われるものに限ります)尚、この制度は1級では適用されない。

※「金融窓口サービス技能士」は、職業能力開発促進法により、金融窓口サービス技能士資格を持っていないものが金融窓口サービス技能士と称することは禁じられています。
試験方式  ●試験は、1級、2級、3級とも学科試験と実技試験で行われ、テラー業務と金融商品コンサルティング業務の2つの科目に分けて実施される。判定はそれぞれの科目で合否判定が行われます。

・学科試験は、テラー業務と金融商品コンサルティング業務に共通する問題が出題される「共通編」と、それぞれの選択科目に特化した問題が出題される「選択科目編」から構成されています。各等級、各業務ともペーパーテストです。
・実技試験は、1級テラー業務についてはロールプレイング方式、その他の実技試験はペーパーテストです。
・合格基準はいづれも100点満点で70点以上(1級テラー業務の実技試験は80点以上)

【試験方式】
    テラー業務  金融商品コンサルティング業務
  3級  学科試験 ・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、三答択一式10問
テラー業務編:三答択一式15問、語群選択式(三肢)15問、計50問
・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、三答択一式10問
金融商品コンサルティング業務編:三答択一式15問、語群選択式(三肢)15問、計50問)
 実技試験 ・マークシートによる筆記試験
事例問題10題。1題につき、小問は3問
・筆記試験
事例問題5題程度。1題につき、小問は4問程度
  2級  学科試験 ・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、三答択一式10問
テラー業務編:三答択一式15問、語群選択式(四肢)15問、計50問
・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、三答択一式10問
金融商品コンサルティング業務編:三答択一式15問、語群選択式(四肢)15問、計50問
 実技試験 ・記述式による筆記試験
事例問題1題。小問は21問程度
・記述式による筆記試験
事例問題4題程度。1題につき、小問は3〜5問
  1級  学科試験 ・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、四答択一式10問
テラー業務編:四答択一式15問、語群選択式(四肢)15問、計50問
・マークシート方式による筆記試験
共通編:○×式10問、四答択一式10問
金融商品コンサルティング業務:四答択一式15問、語群選択式(四肢)15問、計50問
 実技試験 ・ロールプレイング方式(所要時間 約7分) ・記述式による筆記試験
事例問題4題程度。1題につき、小問は3〜4問

●試験免除制度について
「試験免除制度」とは、学科試験、または実技試験のどちらかに合格している場合、合格していない方の試験を受検する時に、合格している方の試験の免除申請を行うことによって、両方に合格した場合に資格を取得できる制度ですが、申請方法や免除の範囲などに細かい規定がありますので詳細はこちらで確認ください。⇒試験免除制度
受験資格  ・3級 金融機関に勤務している者または勤務しようとする者
・2級
学科試験
実技試験
2年以上の実務経験を有する者(注)
3級技能検定合格後、実務経験を有する者(注)
厚生労働省認定テラー技能審査3級合格後、実務経験を有する者
・1級
学科試験 4年以上の実務経験を有する者(注)
2級技能検定の合格者(注)
厚生労働省認定テラー技能審査2級合格者
実技試験 1級学科試験の合格者
(ただし、学科試験一部合格有効期間内で、合格した選択科目と同一の選択科目に限る)
※実務経験を有する者とは、預貯金取扱金融機関で窓口サービス業務(いわゆるテラー業務)、又はこれに類する業務に携わった経験がある者を指します。
※合格者とは、合格日が実技試験の行われる日の属する年度及び、その前年度並びに前々年度に属するものに限られます。

 
 試験科目 ・3級 試験範囲 (詳細はこちらで確認ください)
テラー業務 金融商品コンサルティング業務
学科試験 @投資型金融商品を取り巻く環境、
A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、
C窓口事務、D預金業務、E相談業務、Fセールス、Gその他の業務
@投資型金融商品を取り巻く環境、A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、C金融商品コンサルティングの基本と金融市場・リスクの理解、D金融商品販売の知識、E金融商品コンサルティング業務に係る各種法規制の概要と業規制、
F金融商品コンサルティング業務に係る各種規制と顧客保護、Gクレーム処理
実技試験 @基本的応対、A事務手続・実務知識、B商品知識、C情報収集・活用能力、Dセールス姿勢・展開 @投資型金融商品知識、Aコンプライアンスに則ったコンサルティング、B説明技能、C提案技能、Dクレーム対応力

・2級 試験範囲 (詳細はこちらで確認ください)
テラー業務 金融商品コンサルティング業務
学科試験 @投資型金融商品を取り巻く環境、
A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、C窓口事務、D預金業務、E相談業務、Fセールス、G関連業務知識
@投資型金融商品を取り巻く環境、
A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、C金融商品コンサルティングの基本と金融市場・リスクの理解、D金融商品販売の知識、E金融商品コンサルティング業務に係る各種法規制の概要と業規制、F金融商品コンサルティング業務に係る各種規制と顧客保護、Gクレーム処理
実技試験 @基本的応対、A事務手続・実務知識、B商品知識、C情報収集・活用能力、Dセールス姿勢・展開 @投資型金融商品知識、Aコンプライアンスに則ったコンサルティング、B説明技能、C提案技能、Dクレーム対応力

・1級 試験範囲 (詳細はこちらで確認ください)
テラー業務 金融商品コンサルティング業務
学科試験 @投資型金融商品を取り巻く環境、A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、C窓口事務、D預金業務、E相談業務、Fセールス、G関連業務知識 @投資型金融商品を取り巻く環境、A投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴、B販売・勧誘ルールの基本、C金融商品コンサルティングの基本と金融市場・リスクの理解、D金融商品販売の知識、E金融商品コンサルティング業務に係る各種法規制の概要と業規制、
F金融商品コンサルティング業務に係る各種規制と顧客保護、Gクレーム処理
実技試験 @基本的応対、A事務手続・実務知識、B商品知識、C情報収集・活用能力、Dセールス姿勢・展開 @投資型金融商品知識、Aコンプライアンスに則ったコンサルティング、B説明技能、C提案技能、Dクレーム対応力
スケジュール  ・申し込み受付
   3月中旬〜4月上旬(1級実技は合格者に通知)  11月中旬〜12月上旬
 ※インターネットによる受験申請について
・試験日
  2級・3級:(学科・実技)  @5月下旬頃、 A翌年1月下旬頃(年2回)
  1級:学科 5月下旬頃 実技<金融商品コンサルティング業務>9月中旬頃
                    <テラー業務> 10〜11月頃

2017年度金融窓口サービス技能検定試験日程
(5月試験)
・試験日:2017年5月28日(日) 
・受験申請受付:2017年3月17日(金)〜4月7日(金)
・合格発表:2017年7月4日(火) 
試験会場  全国主要都市 110会場   ※こちらで参照ください。
受験料  ・金融商品コンサルティング業務
  1級 学科8,500円 実技15,000円  2級 学科6,500円 実技7,000円  3級 学科3,800円 実技4,000円
・テラー業務
  1級 学科8,500円 実技26,000円  2級 学科6,500円 実技7,000円  3級 学科3,800円 実技4,000円
※受験料はすべて非課税です。
資格 難易度  ・難易度   2級 「B」普通   
・合格率   2017年1月22日実施 金融窓口サービス技能検定試験結果⇒詳細
 等級  学科
実技
 試験科目  受験者数 合格者数  合格率% 
 2級 学科  1,950 538 27.58
 実技 2,100 429 20.42
3級  学科 2,977 1,209 40.61
実技   テラー業務 2,273 1,403 61.72
金融商品コンサルティング業務 548 442 80.65
2,821 1,845 65.40


※参考データ
・2016年9月金融窓口サービス技能検定試験結果
 等級  学科
実技
 試験科目  受験者数 合格者数  合格率% 
 1級 学科  297 32 10.77
 実技 399 220 55.13
 受験対策
 &
資格の将来性
試験は国家資格として認定されているため、資格を取得すれば合格取得級技能士として認定される。
試験対策は、3級受験の場合なら学習期間は1ヵ月も要らないと思われます。また、2級受験の場合でも実務経験者なら、学習期間は2ヵ月くらいまじめに勉強すれば合格できるはずです。レベル的には同じ金財のFP技能士よりは難易度は低い。 また、3級ではテラー業務より、金融商品コンサルティング業務の方が、毎回合格率が高いようです。

試験はテラー業務と金融商品コンサルティング業務のどちらかも特に実技試験がポイントとなります。金融機関への就職を目指す女性はもちろん、銀行の窓口業務を目指す人には必須の資格です。
かなり多くの銀行が窓口業務の担当者にこの資格の受検を勧めており、過去3級の学科・実技ともに1回あたり平均4,000人の方が受検しています。

金融機関の就職を目指す女性はもちろん、銀行の窓口業務(総合職でない採用ルート)を目指す方は必須の資格です。かなり多くの銀行が窓口業務の担当者にこの資格の受検を勧めており、過去3級の学科・実技ともに1回あたり平均4,000人の方が受検しています
銀行や保険会社、証券会社などの金融機関に進みたい大学生や短大生、あるいは一般の企業に勤めている方が取得を目指し、特に最近は3級の学生受験者が増えています。

金融業界への就職を考えている方は、まず3級を取得しておくと非常に有利になるでしょう。 資格取得後は、銀行、証券会社、保険会社等で金融サービス業務に従事することになります。
通信講座   3級金融窓口サービス技能士(テラー業務)/2級金融窓口サービス技能士(テラー業務)
通学スクール   -
教材    
売れ筋教材  「金融窓口サービス技能検定」資格本のAmazon売れ筋ランキング一覧
問い合わせ先  〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3       http://www.kinzai.or.jp/
社団法人 金融財政事情研究会 検定センター  TEL 03-3358-0771
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.