キッチンスペシャリスト


資格名 認定 キッチンスペシャリスト
 資格の種類 民間資格          主催  社団法人インテリア産業協会
資格の概要  「キッチンスペシャリスト」は、キッチン空間に設置される各種の設備機器類 に関する専門知識をもち、メーカーと顧客の間に立って、生活者ニーズに対応する的確なキッチン空間の構成・使用・維持等に関する提案を行います。
そのため、キッチン空間構成要素に関する設備機能や仕様、設計上の知識と経験のほか、ガス、電気、水道等の防災対策、建築構造との取り合い等についての法律・技術分野の知識と経験が求められます。
試験は、キッチンスペシャリストとして必要な知識・技能を判定します。

※学科・実技試験の2科目に合格後、登録料14,000円を納付して登録申請をすると、キッチンスペシャリストの資格が登録されます。登録がすむと、「キッチンスペシャリスト認定証(運転免許証サイズ)」が交付されます。
※この資格の有効期限は、認定した日より5年間です。所定の手続きにより登録更新することができます。
試験方式  ●学科試験と実技試験から構成されています。
・学科試験
 マークシート方式択一式の筆記試験。試験時間2時間 問題数 40問。
・実技試験
 平面図、展開図、立体表現等の図面表現を含む、キッチン廻りの企画・提案に関する記述式筆記試験 
 試験時間2時間

※鉛筆もしくはシャープペンシル及び消しゴムを使い、フリーハンドで作成する事が原則ですが、次のものは使用できます。 字消し板 直定規 電卓

※以下の場合は、一次試験が免除されます。
・学科試験に合格したが実技試験が不合格となった場合:次年度から3年間、学科試験免除。
・実技試験に合格したが学科試験に不合格となった場合:次年度から3年間、実技試験免除。
受験資格  ・年齢・性別・学歴・経験を問わず、誰でも受験できます。
 試験科目 ●学科試験 (科目と審査基準)
 科目 審査基準(以下の事項に関する基礎知識を有していること)
 住居と食生活 ・家族と生活の変化(生活時間と家事等)
・食生活とキッチン・料理(食品と調理技術等)
・住いの歴史と設備・環境
・キッチン・バスのタイプ、レイアウトと水廻り
・食関連法規
キッチン空間  ・キッチンのプランニング(プランのまとめ等)
・キッチンの人間工学(調理の動作空間等)
・キッチンの室内環境(採光と照明・換気・給排水・音等)
・キッチンのインテリア(カラースキーム・インテリアスタイル等)
・環境関連法規
 キッチン機能 ・システムキッチンの構成材(規格・構成材等)
・部品部材のハードウェア(主要なキャビネット等)
・ビルトイン機器(冷凍冷臓庫・食器洗い乾燥機・過熱調理器等)
・電気・ガス・水道の基礎(電気設備・ガス設備等)
・設備関連法規・JIS・ISO
 キッチン設計施工 ・キッチンと設計図書(表現図法・設計図書等)
・設計実務(設計条件の把握・図面作成等)
・施工実務(施工条件の把握・施工図面作成等)
・設計施工の実務(プレゼンテーション事例・設計施工例等)
・建築関連法規
 キッチン販売 ・マーケティング
・コンサルティング(販売の基礎・顧客開拓等)
・販売実務(実務知識等)
・販売活動(事例研究等)
・販売関連法規

●実技試験
 科目  審査基準
  実技筆記
※筆記(図面表現)方式によるキッチン空間の企画・提案に関すること
以下の図面表現を含む、キッチン廻りの企画・提案に関する筆記試験
・平面図  ・展開図  ・立体表現等
※平面図、展開図、立体表現等の図面表現等の筆記により、キッチン空間の企画・提案を行う能力を有していること。
スケジュール  ・年1回   12月上旬 


2017年度第30回キッチンスペシャリスト試験日程  
・試験日: 2017年12月3日(日) 
・受験申請受付:2017年8月25日(金)〜10月26日(木)
試験会場  札幌・盛岡・仙台・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
受験料  ・総合コース 14,000円(消費税込) 学科試験、実技試験を受験する方。
・学科コース 10,800円(消費税込) 学科試験のみ受験する方。
・実技コース 10,800円(消費税込) 実技試験のみ受験する方。

※資格試験に合格した場合、登録料(5年間14,000円)が必要
資格 難易度  ・難易度  「C」やや易
・合格率   平成28年度(第29回)キッチンスペシャリスト試験結果  ⇒詳細
          (学科) 受験者数 1078名 合格者数 569名 合格率52.8%
         (実技) 受験者数 998名 合格者数 443名 合格率44.4%
        ※資格取得対象受験者1159名  合格者417名で合格率 36.0%
 受験合格者の男女別の構成では、女性が66.2%、男性が33.8%で、女性の比率が相変わらず高いようです。年齢別では39歳以下が約6割で多数を占めています。最年少合格者は19歳、最年長合格者は58歳でした。


※参考データ
・平成27年度(第28回)キッチンスペシャリスト試験結果 合格率 42.0% 
          (学科) 受験者数 944名 合格者数 483名 合格率51.2%
         (実技) 受験者数 905名 合格者数 532名 合格率58.8%
        ※資格取得対象受験者1050名  合格者441名で合格率 42.0%
・平成26年度(第27回)キッチンスペシャリスト試験結果 合格率 34.7% 
         受験申請者数1,216名 受験者数 975名 合格者数 338名
・平成25年度(第26回)キッチンスペシャリスト試験結果 合格率 39.5% 
         受験申請者数1,222名 受験者数 995名 合格者数 394名
 
受験対策
 &
資格の将来性
この資格は、住宅設計、インテリア関係に従事されている方には特にお薦めの資格です。すでにインテリアコーディネーターや建築士の資格を持っている方にも、知識の幅を広げるためには最適の資格だと言えそうです。

資格は、学科試験と実技試験(図面を含む筆記)に合格すれば、認定されますが、試験の出題範囲の半分以上が、インテリアコーディネーターの出題範囲と重複するため、先にインテリアコーディネーターを取得しておけば、キッチンスペシャリスト資格試験の勉強はとても楽になります。
この試験は、女性の受験者が圧倒的に多い試験です。新築物件などでキッチン空間を提案するときに、女性アドバイザーの方が主婦の方と 話が合いやすいからのようです。

試験対策は、学科試験対策では過去問題を解きながらテキストを理解していく方法でいいでしょう。また、実技試験の製図では、「慣れる」ことが大切です。最初は時間オーバーしても構わないというつもりで図面を確実に仕上げましょう。
試験対策に関しては、教材だけでキッチンのことは十分理解できませんので、実際のものを見たり触れたりすることが大切になります。キッチンメーカーのショールームに行き、直接手に触れて見て回りましょう。これが一番、勉強になるのです。
資格取得できたら、業務としては主にキッチン空間構成要素の製造・販売・設計・施工業等の企業や、その小売店・販工店になります。又は独立自営です。資格取得者は住宅設備会社などでは優遇されます。
通信講座   協会推奨のキッチンスペシャリスト通信講座
通学スクール   -
教材
問い合わせ先  インテリア産業協会   業務時間・平日9:30〜17:45/土日祝休 
  東京都新宿区新宿3-2-1 新宿三丁目ビル8階
      TEL 03-5379-8600       http://www.interior.or.jp/
キッチンスペシャリスト資格試験運営事務局
  TEL:03-3233-4808 mail:info_kentei@nippan.co.jp
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.