建築物環境衛生管理技術者


資格名 建築物環境衛生管理技術者  
※通称「ビル管理技術者」、「ビル管理士」、「ビル管」などと呼ばれています。 
 資格の種類 国家資格         認定団体 公益財団法人日本建築衛生管理教育センター 国家試験課 
資格の概要 
「建築物環境衛生管理技術者」、通称「ビル管理技術者」は特定建築物の環境衛生の維持管理に関する監督等を行う国家資格です。試験に合格すると「建築物環境衛生管理技術者」を称することができます。
デパートやオフィスビル、映画館、学校といった大勢の人が利用する特定建築物で延べ面積3000平方メートル以上(学校については8000平方メートル以上)のこれら特定建築物においては、ビル管理技術者の選任が義務付けられています。ビル管理技術者の職務の範囲は、空気環境測定や水質検査、空調設備の管理、貯水槽・排水槽等の管理、清掃・ゴミ処理、ねずみ・衛生害虫の点検・防除等を実施し、それらのデータを評価することなどです。その結果、何らかの問題点があれば是正措置を講ずることになります。
つまり、大きなビルが存在している限り、ビル管理技術者は必要な人材となります。そのため、不景気であっても仕事がなくなることは少なく、いつ不景気になるかわからない現代においては、取得する価値が非常に高い資格であると言えます。
資格(免状)を取得するには、厚生労働大臣へ免状交付の申請を行わねばなりませんが、免状の交付申請を行うことができる人は、次のいずれかの方になります。
・厚生労働大臣が行う試験に合格した者
・厚生労働大臣の登録を受けた者が行う講習会の課程を修了した者

建築物環境衛生管理技術者の職務は、環境衛生上の維持管理に関する業務を全般的に監督します。内容は主に、管理業務計画の立案、管理業務の指揮監督、建築物環境衛生管理基準に関する測定または検査結果の評価、環境衛生上の維持管理に必要な各種調査の実施、などがあげられます。
※資格取得者は、職業訓練指導員の受験資格及び受験科目の一部免除が得られます。
※よく似た名称の資格に「ビル設備管理技能士」がありますが、ビル管理技術者と異なりますので注意が必要です。


※建築物環境衛生管理技術者講習会(厚生労働大臣の登録を受けた講習機関が実施している)
  建築物環境衛生管理技術者講習会の案内
受講資格のある者が103時間の講習を受講することによって資格を得ることができます。受講資格条件は、国家試験の受験資格よりも厳しくなっている。 受講期間は約3週間、受講費用は129,000円(平成22年度)。講習実施地域に偏りがあるため、地方在住者は受講しにくい。
(講習科目及び受講時間)
・建築物衛生行政概論(12時間)
・建築物の構造概論(8時間)
・建築物の環境衛生(13時間)
・空気環境の調整(26時間)
・給水及び排水の管理(20時間)
・清掃(16時間)
・ねずみ、昆虫等の防除(8時間)合計103時間
試験方式  ・出題形式:五肢択一、マークシート方式。出題数180問
・合格基準:例年、7科目の合計で65%以上の正解率、かつ、各科目40%以上の正解率となっています。
※筆記試験だけで、実技はありません。
※科目合格制度はありません。
受験資格  ・厚生労働省令で定められた建築物の用途部分において、同省令の定める実務に2年以上勤務した者。
※学歴や免許等は必要ありませんが、次の(1)の用途に供されている建築物の当該用途部分において、(2)の環境衛生上の維持管理に関する業としての実務経験(2年)が必要です。

(1)現在、受験手続時に公表されている建築物の用途
興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等) 、店舗又は事務所 、学校(研修所を含む) 、旅館、ホテル などの特定建物
(2)必要な実務内容(建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務)
空気調和設備管理、給水・給湯設備管理、排水設備管理、ボイラー設備管理、電気設備管理、清掃、廃棄物処理、ねずみ、昆虫等の防除
※「設備管理」とは、設備についての運転、保守、環境測定及び評価等の業務をいい、修理専業、アフターサービスなどは、該当しません。
※受験資格について問い合わせは、(公財)日本建築衛生管理教育センター国家試験課(電話03-3214-4620)
 試験科目 ・午前(試験時間3時間)
 建築物衛生行政概論 (20問)
 建築物の環境衛生 (25問)
 空気環境の調整 (45問)

・午後(試験時間3時間)
 建築物の構造概論 (15問)
 給水及び排水の管理 (35問)
 清掃 (25問)
 ねずみ、昆虫等の防除 (15問)
※午前(90問)、午後(90問) 試験の時間はそれぞれ3時間、計6時間です。
スケジュール  ・申込期間:5月上旬〜6月下旬
・試験日:10月上旬
・合格発表:11月上旬

※平成29年度の試験概要は、平成29年4月に掲載予定です。
試験会場  札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市
 受験料 ・13,900円(非課税)
※講習会の受講料は場所によって異なります。 ⇒登録講習会受講料金一覧
難易度  ・難易度: 「B」普通
・合格率: 平成28年第46回建築物環境衛生管理技術者試験結果 ⇒詳細
        合格率28.4%  (受験者数10,394名  合格者数2,956名)

※参考データ
・平成27年第45回建築物環境衛生管理技術者試験結果
        合格率18.9%  (受験者数9,827名  合格者数1,861名)
・過去44回の合格率平均18.4%
・平成26年第44回建築物環境衛生管理技術者試験結果
        合格率23.1%  (受験者数10,095名  合格者数2,335名)
 年度 受験者数  合格者数  合格率 
 2013年(平成25年)第43回  9,441人  1,000人  10.6%
 2012年(平成24年)第42回  10,599人  3,467人  32.7%
 2011年(平成23年)第41回 10,241人  1,367人  13.3%
  試験のポイント

一口ガイド
試験に関しては、問題数が合計180問と非常に多いことと、きわめて範囲が広い知識と技能が求めらるところが特徴です。そのため、正しい知識を吸収することと、問題形式に慣れるという2点が必要となります。「正しい知識を吸収する」=「試験範囲を網羅したテキスト」と、「問題形式に慣れる」=「過去問による学習」ということになります。
試験の平均合格率が10%台と低い原因は、その問題範囲の広さと高い正解率にあるように思われますが、他方では、実務経験を取得しやすいビル管理業務に就いている人がたくさん安易に受験するためとも言われています。
試験対策に関しては、出題範囲が広く出題数が多いことや細かい数値や言葉の暗記が多いことから、試験の主催者が公開している過去問題集を活用して出題傾向を十分に調べ、その後問題集を繰り返し解いて知識のレベルアップを測ることが大切です。特に言えることは、繰り返し解く練習をする過程で、多くの問題集に手をつけるよりも、問題集を1つに絞って時間をかけて何度も繰り返し解くやり方の方が問題の傾向を把握しやすく、ポイントをついた知識のレベルアップが可能です。最近の出題傾向としては、環境に関する出題が増加しているようです。

尚、この建築物環境衛生管理技術者資格は、受講資格のある人は「建築物環境衛生管理技術者講習会」に参加することで資格取得を得る事が出来ますが、ただ試験自体は一般の試験よりも難易度は高くなっていますので注意が必要です。全体的にみると難問とされるレベルの問題は少ないので、基本事項をしっかりと押さえた上で、ひたすら過去問とテキストを駆使して繰り返し知識の習得を計ることが合格への近道になります。ただ、学歴や実務経験、講習103時間、受講費用12〜13万円など様々な面でハードルが高いので多くは試験によって資格を取得しています。

建築物環境衛生管理技術者資格は、ビル管理業やビルメンテナンス業および特定建築物を所有する企業から注目されている社会的ニーズの高い資格です。物件ごとに選任が必要なため、人材は慢性的に不足しているとも言われています。ビルメンテナンス業などでは取得すれば資格手当を出すなど資格者を優遇している場合も多く、社会的ニーズが高いので就職するためには取っておいて損はないと思います。
資格の保有者は、ビルメンテナンス業や建築物を所有する企業の管財部門で働く人や総務部門の管理職などが多く、この資格を昇進の条件にしている企業もあります。
通信講座   ビル管理技術者通信講座(技術講座専門の「JTEX」)
通学スクール -
教材  ビル管理技術者 問題集一覧       ビル管理技術者 テキスト一覧
問い合わせ先  〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル7階743区
公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター国家試験課 03-3214-4620
                  http://jahmec.or.jp/faq/kokka/index.html
           
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
     厚生労働省健康局生活衛生課 TEL:03-5253-1111 内線2432
 

HOME


Copyright(c)2009 資格の難易度 All Rights Reserved.