建設機械施工技士

資格名 建設機械施工技士    (試験名)建設機械施工技術検定
 資格の種類 国家資格        管轄 国交省    試験主催 社団法人日本建設機械施工協会
資格の概要  施工管理試験の中では一番早くから行われている施工管理技士国家資格の1つです。
資格の種類が1級と2級に分かれており、1級は各種の建設機械を用いた施工に関する指導・監督的業務で、土木工事業や舗装工事業など指定建設業の専任技術者や工事現場の監理技術者になることができます。
2級は第1種から第6種に分かれそれぞれの機械を用いた施工において、各種建設機械の運転技術者や一般建設業の主任技術者などとして活躍の場が広い職種です。

活躍の場としては、主に建設会社や工務店、内装業、住宅および設備機器メーカーなどの現場管理者、技術監督者で建築現場の主任や管理者として、建設現場の円滑な施工と、建築水準の質向上を図るために欠かせない存在です。
この資格を取得していることで、施工指導ができる技術者としての社会的評価や、施主・建築関係者からの信頼も得られ、手当が支給される企業もあります。
※1級の資格取得者は、社会保険労務士の受験資格が得られます。

※資格取得による特典
@厚生労働省が行っている各種技能講習等に関しては、該当する講習の受講義務が免除され、労働安全衛生法第45条第2項に規定する車両系建設機械の特定自主検査者と同等の資格が得られるほか、技能講習等の一部が免除されます。
A厚生労働省が行っている各種技能講習等に関しては、該当する講習の受講義務が免除され、労働安全衛生法第76条第1項に規定する車両系建設機械と不整地運搬車の運転技能講習修了者と同等の資格が得られるほか、技能講習等の一部が免除されます。
B厚生労働大臣が定める、事業内特定自主検査の資格が与
えられます。 
C許可制度に関しては、建設機械施工技士は「土木、舗装、とび・土工工事業」の許可区分となり、 現場常駐制度1級は「監理技術者」、2級は「主任技術者」となることが出来ます。


◆施工管理技術検定に関する情報
・国土交通省が実施した2級施工管理技術検定試験の受験機会の拡大策が効果を発揮している。高校(指定学科)3年生・卒業生が対象の「学科試験」を2016年度から17歳で受けられるよう受験要件を緩和した結果、全種目で受験者数が前年度を上回った。2017年度は高校在学中の合格者の増加が期待できる2級学科を年2回にして受験機会を増やす。「土木」種目のうち「土木」と、「建築」種目のうち「建築」の2種別が対象。試験日は土木が10月と18年2月、建築が6月と11月となる。(平成20年3月3日)⇒詳細

・建設業法に基づく技術検定は、土木、建築、管工事、電気工事、建設機械、造園の6種目それぞれに1級、2級があり、学科試験と実地試験で構成されており、1級施工管理技士の資格者は監理技術者になれます。しかし、電気通信工事は監理技術者になれる国家資格「施工管理技士」を取得する技術検定が設定されていない業種で、今後、監理技術者の不足が懸念されているため、国土交通省は、電気通信工事に関する新たな国家資格の創設に向け検討を始めることになりました。(平成28年10月21日)⇒詳細

・平成28年度建設機械施工技術検定試験の合格基準は変更される可能性があります。⇒詳細
試験方式  ・筆記試験と実技試験で構成されています。
【1級】
 実地試験  (建設機械組合せ施工法) 記述式  午前 1時間
 学科試験  記述式  午前 1時間
 学科試験  択一式(四肢択一) マークシート方式  午後 2時間30分
【2級】
・学科試験:択一式
・実地試験:受検種別ごとに、所定のコース内での操作施工による試験
 共通試験  択一式(四肢択一)でマークシート方式  午前 1時間
 第2・4・6種試験  択一式(四肢択一)でマークシート方式  午前 1時間
第1・3・5種試験  択一式(四肢択一)でマークシート方式  午後 1時間

・合格基準
【1級】
学科試験:得点が60%以上
実地試験(組合せ施工法):得点が60%以上
実地試験(操作施工法・科目ごと):各科目の得点が60%以上で合格
【2級】
学科試験:得点が60%以上で合格
実地試験(操作施工法・第1種〜第6種までの種別ごと):得点が70%以上で合格

※2級建設機械施工技士の使用する種別の建設機械
(試験ではこの中から1種目を選択して、筆記試験と実技試験を受けることになります)
・第1種 ブルドーザー
トラクター系建設機械操作施工法
・第2種 油圧ショベル
ショベル系建設機械操作施工法
・第3種 モーターグレーダー
モータ・グレーダー操作施工法
・第4種 ロードローラー
締固め建設機械操作施工法
・第5種 アスファルトフィニッシャー
舗装用建設機械操作施工法
・第6種 アースオーガー
基礎工事用建設機械操作施工法

※科目免除
【1級】
 前年の学科試験に合格した場合、翌年の試験に限り学科試験が免除されます。
【2級】
 前年の学科試験に合格した場合、翌年の試験に限り学科試験が免除されます。
 また、指定された年度内の2級建設機械施工技術研修の修了試験合格者は学科試験が免除されます。
受験資格  【1級】
・大卒で指定学科専攻の場合
専任の主任技術者として1年以上の実務経験者、又は指導監督的経験を1年以上含む3年以上の実務経験者 ほか。
【2級】
・大卒で指定学科専攻の場合
受験種別に6ヵ月以上で、他の種別と通算して1年以上の実務経験者。
・学歴によらない場合は、受験種別に8年以上の実務経験者 ほか。
受験資格の詳しい内容はこちらを参照ください。⇒平成27年度試験 受験の手引(1級) (2級)

※指定学科とは、機械工学、土木工学、都市工学など。
※実技試験については、1級の学科試験の合格者と前年度の学科試験の合格者。
 試験科目 【1級】
(筆記試験)
@土木工学 A建設機械原動機 B石油燃料 C潤滑剤 D建設機械 E建設機械施工法 F法規
(実地試験)実地試験は記述式試験と実技試験により行われます。
・記述式試験:(試験科目)建設機械組合せ施工法
・実技試験:下の科目の各建設機械操作施工法のうちから2科目を選択し、所定のコー ス内での操作施工による実技試験。
(科目)トラクター系、 ショベル系、 モータ・グレーダ、 諦固め、 舗装用、 基礎工事用建設機械操作施工法
【2級】
(学科試験)
各種別の建設機械について、それぞれ土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、法規、 建設機械、建設機械施工法についての概略の知識及び一般的な知識。
(実地試験)
受検種別ごとに、所定のコース内での操作施工による試験。
スケジュール  ・試験日:学科 6月中旬
      実地 8月下旬〜9月中旬の指定日
・願書提出先
〒105-0011 東京都港区芝公園 3−5−8 機械振興会館 一般社団法人 日本建設機械施工協会 試験部


平成29年度建設機械施工技術検定1級・2級試験日程(官報)
・試験日:(学科)1級・2級とも共通 平成29年6月18日(日) 
      (実地)組み合わせ施工法  記述式(1級)平成29年6月18日(日)
      (実地)操作施工法(1級・2級とも共通)実技:平成29年8月下旬から9月中旬の間の協会が指定する日
・受験申請受付:平成29年3月3日(金)〜平成29年4月3日(月)
・合格発表:本人に通知 (学科試験)平成29年8月2日(水)  (実地試験)平成29年11月17日(金)
 試験会場 (学科)
北広島・滝沢・新潟・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇 
(実地)
石狩、岩沼、下都賀郡、秩父、小松、富士、刈谷、明石、小野、広島、善通寺、糟屋郡、国頭郡

※試験地は会場の都合により変更される場合があります。
 受験料 【1級】
・学科試験受験手数料 10,100 円 
・実地試験受験手数料(学科試験合格発表後に納入)
 操作施工法(実技試験)2科目と建設機械組合せ施工法(記述式試験)を受検:27,800円
 2 級 の1つの種別合格者:操作施工 法(実技試験)と建設機械組合せ施工法(記述式試験)を受検:21,400円
 2 級 の2つの種別合格者(建設機械組合せ施工法(記述式試験)のみを受検):15,000円
【2級】
・学科試験受験手数料:1 つの種別を受検 10,100 円   2 つの種別を受検 20,200 円
・実地試験受験手数料(学科試験合格発表後に納入):1 つの種別を受検 21,600 円  2 つの種別を受検 43,200 円
資格 難易度  ・難易度  1級 「B」普通  2級 「C」やや易
・合格率  平成29年度建設機械施工技術検定試験結果⇒詳細
       (1級) 学科 合格率44.2%  受験者数3,263名 合格者数1,443名
       (2級) 学科(種別計) 合格率58.5%  受験者数8,250名 合格者数4,828名
           

※参考データ
・平成28年度建設機械施工技術検定試験結果
       (1級) 学科 合格率31.2%  受験者数3,372名 合格者数1,051名
            実地 合格率86.8%  受験者数1,168名 合格者数1,008名
       (2級) 学科(種別計) 合格率56.8%  受験者数8,522名 合格者数4,843名
            実地      合格率87.9%  受験者数5,040名 合格者数4,431名
・平成27年度建設機械施工技術検定試験結果
    (1級) 学科 合格率35.9%  受験者数3,203名 合格者数1,207名
        実地 合格率88.4%  受験者数1,282名 合格者数1,133名
    (2級) 学科 合格率50.5%  受験者数8,522名 合格者数4,307名
        実地 合格率87.8%  受験者数4,485名  合格者数3,936名
・平成26年度建設機械施工技術検定試験結果
 (1級合格率)学科試験39.8%  実地試験89.7%
 (2級合格率)学科試験66.5%  実地試験90.0%
 受験対策
 &
資格の将来性
「建設機械施工技術検定」は、厚生労働省系の行っている車両系、建設機械の運転免許証(オペレーター)などのような、単に建設機械運転技術者の操作技能を対象とするものとは異なり、この技術検定合格者には建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)や主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格が付与される国家資格です。
1級は指定建設業の専任技術者や工事現場の監理技術者、2級は建設機械の各種運転技術者や一般建設業の主任技術者として仕事に従事することができます。施工管理技士の中では最も歴史のある国土交通省所轄の国家資格です。従って、厚生労働省が行っている各種技能講習等に対しては、該当する講習の受講義務が免除され、労働安全衛生法第45条第2項に規定する車両系建設機械の特定自主検査者と同等の資格が得られるほか、技能講習等の一部が免除されます。

試験は、1級は学科が択一問題(マークシート)方式で、実地は記述式問題です。記述式問題は第1問目が施工管理体験記述問題です。これ以外は関連知識等を問う記述式の問題が出題されます。試験内容は簡単ですが、大事なことは必ず動作のたびに指差し安全確認をすることです。実地もそれほど難しくありませんが、講習会には参加しておく方がいいでしょう。講習会では安全確認などの動作を十分学んでおくと良いと思います。
尚、1級の試験には「建設機械組合せ施工法」という記述式(論文作成)試験があります。試験までにいくつかの論文(草案)を作成し、記憶しておく必要があります。
2級は学科が択一問題(マークシート方式)です。2級の実技試験は建設機械の運転です。それほど難しくありませんが、第1種〜第6種のうち2種類に合格しなければなりません。
試験自体の難易度は、学科は1級も2級も建築施工管理技士や土木施工管理技士などと比較するとかなり易しいと思っていいでしょう。実地試験もそれほど難しくありませんが、事前に行われる試験準備講習会は受験対策にはプラスになります。全体的に学科試験は出題範囲が土木施工管理技士や舗装施工管理技術者と重複する部分や建設機械に関する出題などは過去問で傾向を把握しながら勉強をすると効果的でしょう。
一方、実地は実務経験者ならまったく問題ないのですが、どの類を選択しているかでかなり結果に差が出ます。実技試験の内容は技能講習よりは少し難しくなっています。ただ、1次の学科試験に合格した人は、2次の実技はよほど間違った操作をしない限り、合格できます。試験場によっては事前に講習会が開催されますので、協会に問い合わせて受講するとよいでしょう。
受験対策は、工事別、種目別で過去問を 繰り返しやることと。そしてひと通り終われば、土木工学や建設機械、トラクタ系建設機械、ショベル系建設機械などについて、工事別、種目別で1項目ずつに特化して反復しておくと間違いないでしょう。
資格取得後の仕事は、当然建設業界が主になりますが、資格名を指定しての求人も時々あり、転職には比較的有利と考えていいでしょう。建設業界では一定のニーズがある資格です。

※「建設機械施工技士資格」を取得するメリット
@「1級または2級建設機械施工技士」の称号が与えられる。
A建設業の許可基準の1つである営業所ごとに置く専任の技術者や、建設工事現場に置く主任技術者または監理技術者(1級のみ)になれること。
B建設業法に基づく経営事項審査における技術力の評価に計上する技術者数にカウントされます。
C労働安全衛生法に規定する車両系建設機械の特定自主検査者として、必要な研修科目の全部または一部免除などの特別の取り扱いが受けられます。
通信講座   -
  スマホ・タブレット講座  -
通学スクール 協会主催「建設機械施工技術検定試験受験準備講習会」
 過去問 平成25年度1級及び2級建設機械施工技術検定学科試験問題
教材   
問い合わせ先  一般社団法人 日本建設機械化協会試験部    http://www.jcmanet.or.jp/
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
TEL.(03)3433-6141 FAX.(03)3433-0401

      

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.