計量士


資格名 計量士 (一般計量士 環境計量士)  
 資格の種類 国家資格     管轄 経済産業省    試験実施  独立行政法人産業技術総合研究所の計量研修センター
資格の概要 
「計量士」は、計量法第122条により経済産業大臣の登録による国家資格。計量法に基づく計量士資格の国家試験は1953年に始まりました。
主な職務は、計量器の整備、計量の正確の保持、計量方法の改善、その他適正な計量の実施を確保するために必要な措置を講ずることで、取引や証明などにおいて適正な計量を確保するための重要な資格です。
例えば、環境計量士の場合は、大気中の汚染物質や水質の汚濁、土壌汚染などを測量する「濃度関係」と、建設工事などの騒音や振動を計測する「騒音・振動関係」の2種類に区分されています。調査・検査業務の入札で、管理技術者や主任技術者の資格要件として環境計量士を指定する自治体もあります。

平成5年の法改正で「一般計量士」と区分されたことをきっかけに「環境計量士」が誕生し、それによって、計量士の資格は、一般計量士、環境計量士(騒音・振動) 、環境計量士(濃度)の3種類に区分されました。
さらに、環境計量士、一般計量士の区分に従い、計量管理の職務に必要な知識、技能について、毎年1回、経済産業大臣が筆記試験を実施することになったものです。
計量士になるためには2つの方法があります。1つは、計量士国家試験に合格し、それぞれの定められた実務の経験などの要件を満たし、計量士登録をする方法と、もう1つは経済産業省計量教習所の課程(一般計量教習3カ月)を修了し、計量士資格認定を受け、定められた実務の経験などの要件を満たし、計量士登録をする方法です。

計量士の登録者数は、平成26年3月末現在
環境計量士(濃度関係):約9,590人  環境計量士(騒音・振動関係):約2,860人
※旧 環境計量士:約7,000人
※平成5年法改正前の区分(「濃度関係」、「騒音・振動関係」に分割以前)の登録者数 一般計量士:約13,910人
試験方式  試験は、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)、一般計量士の3区分からなっている。
・1科目の試験時間は70分、出題は1科目25問。出題形式は五肢択一方式。
・合格基準は、基本的には各科目とも満点の60%以上
(例)
 試験区分が環境計量士(濃度関係)なら、120点以上(30/50問)、一般計量士なら112点以上(28/50問)
 共通2科目の合計 全試験区分とも、120点以上(30/50問)
受験資格  学歴、年齢その他一切の制限はなく、誰でも受験できる
 試験科目 共通科目(計量関係法規と計量管理概論)2科目と、他に資格区分別に、計量に関する基礎知識と、各々計量問題が出題される。
■環境計量士(濃度関係)
 @環境計量基礎知識(化学)
 A化学分析概論・濃度測定(環境・一般の共通科目)
 B計量管理概論(環境・一般の共通科目)
 C法規
■環境計量士(騒音・振動)
 @環境計量基礎知識(物理)
 A音響・振動、音圧レベル・振動加速度レベル(環境・一般の共通科目)
 B計量管理概論(環境・一般の共通科目) 
 C法規
■一般計量士
 @計量基礎知識 
 A計量器概論、質量計量(環境・一般の共通科目) 
 B計量管理概論(環境・一般の共通科目) 
 C法規
※環境計量士試験に合格している場合は、申請により共通2科目が免除される。
スケジュール  受付期間 毎年 10月中旬〜末    実施時期 <年1回>毎年3月 第1日曜日

平成29年実施  第67回計量士国家試験実施日程(官報)
    試験日:平成29年3月5日(日) 願書受付:平成28年10月7日(金)〜31日(月)
 試験会場  札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪府、広島市、高松市、福岡市、那覇市
受験料   8,500円(収入印紙を貼付)
難易度  ・難易度  一般計量士 「B」普通  環境計量士(濃度/騒音・振動) 「A」難関
・合格率  平成28年3月実施 (第66回)計量士試験結果 ⇒ 詳細 
     合格率:(一般計量士) 15.6%  (環境計量士) 濃度15.3%  騒音・振動 16.1%  (全体) 15.5%

※参考データ
・平成27年3月実施 (第65回)計量士試験結果 
       合格率:(一般計量士) 17.3%  (環境計量士) 濃度14.6%  (騒音・振動) 16.8%  全体 15.6%
・平成26年3月実施 (第64回)計量士試験結果 
      合格率:(一般計量士) 17.0%  (環境計量士) 濃度15.1%  騒音・振動 16.5%  全体 15.7%
・平成24年実施 (第62回)試験結果 合格率:(一般計量士) 18.6%  (環境計量士) 濃度15.9% 騒音・振動 18.9%


【資格の難易度レベル・難易度ランキング】
計量士は、環境計量士(濃度関係・騒音関係・振動関係)と一般計量士に分かれます。環境計量士の難易度は一般計量士に比べてやや高いと考えていいでしょう。ただ、試験問題が数学や物理の問題がほとんどなので、理系が得意な人にとってはそれほど難易度は高くないかも知れませんが、苦手な人にとっては、難易度は高くなります。
数学計算や物理などが苦手な人は、過去問と高校生レベルの問題集で繰り返し基礎固めと問題を十分にこなしておくことをお薦めします。
  試験のポイント

一口ガイド
試験では、計量に関する難問が多く出題され、計量および計量管理に必要な知識と技能が問われる。
環境関連資格の中では、技術士よりは易しいが難易度の高い資格の一つ。

■一般計量士
平成20年度の受験者数1220人。計量に関する専門的な知識と技術を要する国家資格。主に、企業、官公庁などで使用する計量器具の検査などを行う資格で安定したニーズがある。試験の難易度は公害防止管理者よりやや難しいというレベル。受験が全く初めての人は、過去問とその解答が理解出来るようにすることから勉強を始めた方が良い。参考書は日本計量振興協会の問題集がよい。
資格取得後の具体的な業務は、一般的なものの測定、都道府県の計量検定所の定期検査の代行、計量証明事業者の事業所の軽量器の整備など。       

■環境計量士
理系資格の中でも取得を途中で断念する人が多い資格の一つで、試験の難易度が高い。技術士よりは易しいが、公害防止管理者よりは数段難易度は高く、合格率10%前後の試験。知識レベルは大学受験レベルの化学の知識が必要。試験では、特に化学分析概論及び濃度の計量の問題が難しい。
環境計量士は社会からのニーズが高く、就職、転職においても有利な資格ではあるが、この資格に合格できたらさらに上位の、技術士や弁理士などに挑戦する道もある。他には環境コンサルタントも目標にできる。

※環境に関する資格は、数多く存在しますが、そのほとんどは日本国内でのみ有効な資格になっています。その種類は、国家、公的、民間資格にそれぞれありますが、環境系の資格は、さらに化学系、生物系、工・物理学系に分けられます。その中の化学系に分類される資格としては、環境計量士(濃度、騒音・振動)と、公害防止管理者が代表的です。環境計量士は、経済産業大臣から与えられる国家資格です。この資格所持者は、汚染や騒音、振動の測定、分析の専門知識と経験をもつ技術者と認められます。

●出題傾向  環境計量士(濃度関係)
・基礎知識
環境基本法、大気汚染防止法、水質汚濁防止法などの法律関係の問題と、高校〜大学一般教養レベルの化学の問題の出題が多い。大学で化学を専攻した人はかなり有利
・化学分析概論及び濃度の計量
原子吸光分析、ICP発光分析、クロマトグラフィー、濃度計などの分析機器の問題と分析法の問題
・計量関係法規
計量法から出題多い
・計量管理概論
統計学の基礎を中心にした出題が多い

※計量研修センターの計量教習受講希望者の入所試験(年2回)
・受験資格:高等学校を卒業した者、大学受験検定合格者
・試験科目:一般常識、 数学および物理学。試験は2日間で第1日目は学科試験、第2日目は身体検査
・試験場所:(独)産業技術総合研究所つくばセンター
通信講座   日本分析化学専門学校
 通学スクール -
 教材  環境計量士試験対策教材          
売れ筋教材  環境計量士教材Amazonランキング1位 

「公害防止管理者」・「環境計量士」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  ・経済産業省 産業技術環境局 計量行政室  http://www.meti.go.jp/intro/data/akikou06_1j.html
       TEL03(3501)1688(直)
※願書等についての問い合わせは、各経済産業局へ直接問い合わせる。

・日本計量振興協会 http://www.nikkeishin.or.jp/
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.