火薬類製造保安責任者


資格名 火薬類製造保安責任者(火薬類保安責任者国家資格のうちの1つ)
 資格の種類 国家資格     管轄 経済産業省  

※試験実施は甲種、乙種は経済産業省(全国火薬類保安協会)、丙種のみ都道府県知事が行う。
資格の概要 

火薬や爆薬を製造する事業者は、製造所ごとに保安責任者を選任、設置し、従業員を指揮監督しなければならないことが火薬類取締法で定められており、火薬類製造保安責任者は、火薬類製造施設における製造・貯蔵・消費などの取り扱い上の保安に関し、従業者を指揮・監督することが職務となります。
また、火薬類製造保安責任者免状は、経済産業大臣が発行する甲種および乙種と、都道府県知事が発行する丙種に分かれています。試験はだれでも受験できますが、免状交付は満18歳以上になります。

・甲種は製造において、火薬及び爆薬1日1t以上、硝安油剤爆薬1日7t以上、起爆薬1日50kg以上、変形及び修理において火薬、爆薬及び火工品(信号えん管、信号火せん及び煙火を除く)1日1t以上、
・乙種は製造において火薬及び爆薬1日1t未満、硝安油剤爆薬1日7t未満、起爆薬1日50kg未満 火工品(信号えん管、信号火せん及び煙火を除く)、信号えん管、信号火せん及び煙火1日300kg以上、変形及び修理において火薬、爆薬及び火工品(信号 えん管、信号火せん及び煙火を除く)1日1t未満、
・丙種は製造において信号えん管、信号火せん及び煙火1日300kg未満、変形及び修理において信号えん管、信号火せん及び煙火に制限があります。

※甲種または乙種火薬類製造保安責任者の資格保有者は申請により無試験で甲種または乙種火薬類取扱保安責任者の資格を取得することができます。また、火薬類保安責任者を取得すると危険物取扱者の乙種第一類と乙種第五類の火薬に関する問題の一部が免除されます。
※丙種火薬類製造保安責任者が甲種または乙種火薬類取扱保安責任者の資格を取得するには、取扱保安責任者試験を受験して合格しなければならない。
試験方式  ●試験形式  甲種・乙種:筆記試験  丙種:択一式試験   ・試験時間は1課目1時間30分
●合格基準
・甲種・乙種:試験項目6項目のそれぞれが60点以上。
・丙種:試験項目4項目のそれぞれが60点以上で、一般教養が50点以上。
受験資格  ・試験は学歴、経験、居住地を問わず、誰でも受けられます。
※火薬類に対する知識又は一般的な工学上の知識について習得したとみなされる者は、特定の試験科目の免除を申請することができます。
 試験科目 ●甲種・乙種
・火薬類取締に関する法令
・火薬類製造工場保安管理技術
・火薬類製造方法
・火薬類性能試験方法
・火薬類製造工場に必要な機械工学電気工学及び機械工学大要
・一般教養(数学、物理学、化学、外国語、国語、社会科)
●丙種
・火薬類取締に関する法令
・信号焔管、信号火せん又は煙火(原料火薬及び爆薬を含む。)製造工場保安管理技術
・信号焔管、信号火せん又は煙火(原料火薬及び爆薬を含む。)製造方法
・火薬類性能試験方法
・一般教養(数学、物理学、化学、外国語、国語、社会科)

※火薬類に関して工学博士の学位を有する者、大学・高専・高校などで工業化学に関する学科を専修して卒業した者などは、申請により試験科目の一部が免除される。
スケジュール  ・試験日:甲種・乙種 11月上旬   ・丙種9月上旬
・申込期間:甲種・乙種(製造) 8月下旬
        丙種(製造)6月下旬〜7月上旬
・願書入手:甲種・乙種(製造) 試験に関しては(社)全国火薬類保安協会へ請求
        丙種(製造) 試験に関しては各都道府県火薬類保安協会内試験事務所に請求
・合格発表:12月中旬


平成27年度 甲種・乙種火薬類製造保安責任者試験案内  試験は終了しました。
試験会場  ・甲種・乙種  東京
・丙種     全国47都道府県で行われる。
※受験地であればどこでも受験できます。
 但し、願書の請求及び提出は必ず受験地の都道府県試験事務所であること。
受験料  ・甲種(製造) 25,900円   ・乙種(製造) 25,900円   丙種(製造) 17,000円
難易度  ●難易度  甲種  「B」 普通
●合格率   平成27年度火薬類製造保安責任者試験結果(火薬類保安協会発表分) 
          甲種  合格率16.1% 受験者数118名 合格者数19名  ⇒詳細
          乙種  合格率29.5% 受験者数61名 合格者数18名 

※参考データ
・平成26年度火薬類製造保安責任者試験結果(火薬類保安協会発表分) 
          合格者数甲種 18名  乙種 7名
・平成25年度試験結果  甲種・乙種平均合格率 約50%
・平成21年度結果  
  合格率   甲種 18.8%  乙種 13.2%  丙種 39.3%
  合格者数 甲種 117人  乙種 38人  丙種 112人
  試験のポイント

一口ガイド
火薬類の保安責任者資格には、「火薬類製造保安責任者」と「火薬類取扱保安責任者」があります。
管轄は共に経済産業省管轄の国家資格ですが、試験の難易度は全く異なり、甲種または乙種火薬類製造保安責任者の資格保有者は申請により無試験で甲種または乙種火薬類取扱保安責任者の資格を取得することができます。
「火薬類製造保安責任者」は、危険性の高い火薬類を、安全に製造・保安管理するスペシャリストのための国家資格で、試験は各種とも筆記試験のみ。関連法規や保安管理技術、火薬の製造方法などが出題されます。
製造する火薬類の量や種類に応じて甲種・乙種・丙種があり、甲種は最も大量な火薬を扱うことができます。

試験対策は、各地区の保安協会主催で火薬類製造保安責任者試験や火薬類取扱保安責任者試験の受験対策講座が開講されますので、講習に出席して勉強するのがベストです。
甲、乙種の試験合格者には、経済産業大臣が免状を交付します。丙種は択一式で行われ、合格者には都道府県知事が免状を交付します。
甲種または乙種の火薬類製造保安責任者及び、甲種または乙種の火薬類取扱保安責任者の資格を持つ者は、陸上自衛隊の技術陸曹の任用資格があります。また、甲種と乙種はコンクリート破砕器作業主任者技能講習の受講資格となっています。

最近では、学生や女性の受験者も増加していますが、就職先が火薬類の販売業者や、警察、消防、火薬類を扱う企業等では有資格者を優遇するところもあります。
通信講座   -
通学スクール   各地区(県)別に各種講習会や受験対策セミナーなどが開催されています。
教材 火薬類製造保安責任者試験対策教材
問い合わせ先  ・公益社団法人 全国火薬類保安協会     http://www.zenkakyo-ex.or.jp/
〒104−0032 東京都千代田区八丁堀4丁目13番5号幸ビル8階  電話:03-3553-8762

・商務流通保安グループ 鉱山・火薬類監理官付 火薬班
電話:03-3501-1870(直通)、内線:4961
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.