IoTシステム技術検定

資格名 (検定名称) IoTシステム技術検定制度 (Internet of Things Exam)
 資格の種類 民間資格       試験主催  MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム) IoT検定準備委員会
資格の概要  IoTとは、「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と解説されます。パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、私たちの生活やビジネスが根底から変わると言われています。
IoTは、様々な産業や公共分野において、大量のデータを収集し分析して機械を制御したり、AI(人工知能)により有益な情報を生み出しますが、IoTは多方面の技術の組み合わせによって実現されるため、それを推進するための人材は圧倒的に不足しています。従って、IoT分野の新たな人材育成は、企業や政府・自治体の大きな課題となっています。
MCPCでは、2005年から実施してきたモバイルシステム技術検定を基礎に、新たにIoT技術者を5年間で10万人以上創出することを目指し「IoTシステム技術検定」を2016年12月から開始することになりました。

「IoTシステム技術検定」は、初級、中級、上級の3段階でIoTシステムの企画・構築・活用・保守・運用に関する技術知識を認定します。
級別の知識内容には、以下の基準が決められています。
・初級:IoTに関する基礎知識
(認定)専門用語、基本的な構成データの流れ・蓄積・分析などIoTに関する 基礎知識を保持していることを認定します。
・中級:IoTシステム構築・活用に関する基本的な技術知識
(認定)IoTシステム構築に取り組むための基本技術を認定します。
・上級:IoTシステム構築・活用に関するより実践的な専門技術
(認定)高度なIoTシステム、業界固有または業界をまたがるサービスを構築する実践的な専門技術:顧客の要望をもとにシステム企画・計画・戦略的提案を行えることを認定します。

試験の実施は、IoT市場の急拡大に対応する人材育成が急務のため、まず「中級」から開始し、「初級」「上級」検定は、2017年度以降、順次実施する予定になっています。
受験対象者としては、システムインテグレーションの基礎知識を有し、IoTシステムを構築・活用するため基本的かつ実践的な技術知識の習得を目指す方。IT/ICT業界以外にも、環境エネルギー、運輸交通・自動車、社会インフラ公共設備、製造業、農業、流通業(小売り)、医療ヘルスケア、建設・保全(家屋、ビル)、自然環境(天気、防災等)、サービス業(メディア)などシステム構築に関係するすべての技術者としています。
この資格は、技術・ビジネス両方でIoTを推進するにあたって有用な資格となると言われています。

※2016年度は、「中級」の第1回検定が12月10日に実施されます。


◆ IoTシステム技術検定試験関係情報
・総務省の肝煎りで来夏に「IoT技術検定制度」始まります。政府はIoTによる生産性向上や新サービス創出を成長戦略の柱の一つに位置付けています。検定を通じて、セキュリティー対策やネットワークの交信対策などの啓発と技術者育成を図り、IoTの円滑な普及を促す狙いがあり、業界団体のモバイルコンピューティング推進コンソーシアムが来夏にも「IoTシステム技術検定」を実施します。2016/11/06
試験方式  【中級試験】
出題形式:4択問題  問題数80問  試験時間:90分
受験資格  特になし。誰でも受験できます。
 試験科目 【中級試験】
・中級試験ではIoTシステム構築に取り組むための基本技術を認定します。
(認定される技術知識)
@IoT概要 AIoTシステム構築技術 BIoT通信方式 CIoTデバイス DIoTデータ活用技術
EIoTシステムのプロトタイピング開発 FIoT情報セキュリティ GIoTシステムに関する保守・運営上の注意点
(出題カテゴリ
・構成と構築技術 
・センサとアクチュエータ技術と通信方式 
・データ分析技術 
・IoTセキュリティ 
・IoTシステムのプロトタイピング
スケジュール   2016年3月 ベータ試験実施(希望者・有識者)

第2回 IoTシステム技術検定(中級)試験日程
・試験日: 2017年7月8日(土) 
・受験申請受付:5月1日(月)〜6月20日(火)
 試験会場 ・東京、横浜、名古屋、大阪
 受験料 ・一般:15,100円(税込)  会員:10,800円(税込)
資格 難易度  ・難易度  未定
・合格率  非公開
 受験対策
 &
資格の将来性
2016年12月に行われた第1回試験では、無線ネットワーク、センサなどのIoTの基本構成以外に、データ活用技術(ビッグデータ、データ分析手法、人工知能など)や、セキュリティ、関連法令などから幅広く、専門的な知識が問われる問題が出題されました。中でも、人工頭脳やDeep Learningなどの分野は新しい分野で、かなり難度の高い問題も出題されていました。専門的な知識分野には十分な対策が必要になりそうです。

IT/ICT業界はもとより、環境エネルギー、運輸交通、製造業、農業、医療ヘルスケアなどIoTシステムに関連するあらゆる分野の技術者にお勧めの検定試験です。IoTを推進する人にとっては技術・ビジネス両方で有用な資格となると思われます。

サンプル問題 (解答)
通信講座   -
通学スクール -
教材 

【IoT技術テキスト】 IoT技術テキスト -MCPC IoTシステム技術検定 対応-
・新発売「IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書」
問い合わせ先  ・モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)検定事務局   http://www.mcpc-jp.org
〒105-0011東京都港区芝公園3-5-12 長谷川グリーンビル2F
 TEL 03-5401-1935  

          

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.