資格名

ITストラテジスト
Information Technology Strategist Examination

資格の種類国家資格
主催独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
資格の概要

試験は、旧システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を統合したスキルレベル4の高度情報処理技術者試験として平成21年秋期より開始された試験。
この試験は、企業の経営戦略に基づいてビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する能力を持つこと、さらに組み込みシステムの企画および開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する能力を持つことを判定、評価する試験とされています。

ITストラテジストは、情報技術を活用してビジネスモデルやビジネスプロセスの改革・高度化・最適化を実現するための基本戦略の策定・提案・推進を行います。また、組込みシステムの企画・開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略の策定・提案・推進等を行います。
要求される能力は、情報技術に対する深い知識と経験を、経営者の視点でシステムを企画・設計し、経営者に説明できるきわめて重要な能力である。
※本試験の合格を証明することで、自衛隊の技術陸曹及び予備自衛官補(技能公募)の曹長として任用される。

【試験要綱・シラバス】
「ITストラテジスト試験」シラバス(Ver 2.0) (平成24年5月更新)

試験方式

●試験方式はペーパー方式で、午前試験Ⅰ・Ⅱ、午後試験Ⅰ・Ⅱの計4つに分かれています。
・午前試験
午前Ⅰ(共通 高度情報) 
午前Ⅱ(ITストラテジスト独自)

・午後試験
午後Ⅰ(記述式) 
午後Ⅱ(論述式)

●試験形式
・午前試験
午前 I (四肢択一  共通問題30問)/50分  
午前 II (四肢択一の多肢選択式問題  25問)/40分

※午前Ⅰは1問各3.4点の合計100点満点。基準点は60点。基準点に達しない場合、午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱ試験の採点は行われず不合格となります。
※午前Ⅱは1問各4点の100点満点。基準点は60点。基準点に達しない場合には、午後Ⅰ・午後Ⅱ試験の採点は行われず不合格となります。
・午後試験
午後 I (記述式 出題数4問/解答数2問)/90分 
午後 II (論述式 出題数3問/解答数1問)/120分

●合否基準
・午前Ⅰ/午前Ⅱ/午後Ⅰ 満点の60%以上
・午後Ⅱ ランクA

受験資格

なし。 誰でも受験できます。

試験科目

●午前試験は、「知識」を問う試験で、各高度試験の共通問題になっています。
※各高度資格に必要な共通知識を問われますが、技術レベルは応用情報技術者試験の午前試験と同程度です。午前試験Ⅰ・Ⅱの2種類があります。
・午前Ⅰ:テクノロジ゙系・マネジメント系・ストラテジ゙系の各分野から出題される。
※テクノロジ系(基礎理論 コンピュータシステム 技術要素 開発技術)  マネジメント系(プロジェクトマネジメント サービスマネジメント  ストラテジ系(システム戦略 経営戦略 企業と法務)
※科目免除制度があり、以下の1~3のいずれかの条件を満たせば、その後2年間、午前試験Ⅰの受験を免除されます。1.応用情報技術者試験に合格する
2,いずれかの高度試験に合格する
3.いずれかの高度試験の午前I試験で基準点以上の成績をとる
・午前Ⅱ:ITストラテジストの専門を中心とした、高度知識レベルの問題が出題される。
※ストラテジ系(システム戦略 経営戦略 企業と法務)から出題されます。特に「システム戦略」、「経営戦略マネジメント」と「ビジネスインダストリ」、「企業活動」は重点分野になっています。

●午後試験は「技能」を問う試験で、午後Ⅰ・Ⅱの2種類があります。
※出題範囲はⅠ・Ⅱ試験共通で、下記の5分野から出題
・業種ごとの事業特性を反映し情報技術を活用した事業戦略の策定または支援
・業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略と全体システム化計画の策定
・業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想・計画の策定
・事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価
・組込みシステムの企画、開発計画の策定・推進に関すること

・午後試験Ⅰ:大問4問のうち2問を選択し解答します。大問1つにつき50点の合計100点満点。基準点の60点に満たない場合は、午後試験Ⅱの採点は行われず、不合格となります。
※大問1つにつき数問の設問が出題され、それぞれ20字~50字程度で解答します。
・午後試験Ⅰ:大問3問のうち1問を選択し解答します。大問1つにつき数問の設問が出題され、それぞれ600字~1600字程度で解答します。

※評価方法
設問で要求した項目の充足度、論述の具体性、内容の妥当性、論理の一貫性、見識に基づく主張、洞察力・行動力、独創性・先見性、表現力・文章作成能力などを評価の視点として、論述の内容が評価されます。
評価ランクがA~Dまであり、Aを取得すれば合格になります。また、問題冊子で示す「解答に当たっての指示」に従わない場合は、論述の内容にかかわらず、その程度によって評価を下げることがあります。




スケジュール

・試験日:秋期のみの年1回 10月第3日曜日
・申込方法:インターネットか郵便で申込む
・申込期間:7月中旬から約1ヵ月間

平成30年度秋期情報処理技術者試験日程 
・試験実施日:平成30年10月21日(日)
・受験申込受付:(ネット申込)平成30年7月5日(木)10時 ~ 8月13日(月)20時

試験会場

各都道府県に1箇所以上設けられている。受験を希望する試験地を出願時に記入、受験者の郵便番号から試験会場(大学等)が割り振られる。
(参考)
平成28年度試験会場

受験料

5,700円(税込み)

資格難易度

難易度 S「超難関」
合格率 
平成29年度秋期 ITストラテジスト試験結果 ⇒
詳細
合格率 14.7% 応募者総数 6,984名 受験者数4,747名 合格者数700名
           
※参考データ
・平成28年度秋期 ITストラテジスト試験結果
合格率 14.0%  応募者総数 6,676名 受験者数4,594名 合格者数645名
・平成27年度秋期 ITストラテジスト試験結果
合格率 14.6% 受験者数4,487名 合格者数656名

【資格の難易度レベル】
ある程度の知識がある人でもかなり難しい上級者向け試験と考えてよいでしょう。実務経験5年程度のベテランなら、独学で1ヵ月間集中して勉強すれば合格できるレベル。特に情報系大学で講義を受けた人なら有利です。
午前問題は、過去問を徹底して解く練習をしておくことが大事、過去問は必須です。午後2の論文試験は一番のポイントになります。論文は設問に沿って素直に書くことを心がける。それと、必ず原稿用紙を用意して、手書きで書く練習をしておくこと、本番当日にブッツケ本番で原稿用紙に論文に取り組むのは絶対にダメです。それともう一つ、この試験は戦略策定を行う人を対象とした試験であることを考えて、論文は「経営戦略」を意識した内容にすることです。
過去問は4~5年分は合格ラインに達するまでやり続ける。論文対策も同様、過去問をベースにできる限り書いておくこと。

受験対策&
資格の将来性

ITストラテジスト試験では、顧客企業にとってのベストな解を求められるため、ソフトウェア開発の経験や知識の他に、顧客企業のビジネスモデルにおける問題解決の経験が必要になります。そのため資格を取得するには、ITの知識、スキルはもちろんのこと、経営寄りの事業戦略策定、IT戦略実行管理・評価についてや、組込みシステムの企画および開発開発計画策定・推進についてなど、主に業務プロセスや経営戦略におけるノウハウ、知識が必要になります。難易度の面では、業務要件のコンサルティング知識や上流設計の高度な知識の習得が必要なことから、プロジェクトマネージャ試験やアプリケーションエンジニア試験よりも難易度が若干高く、情報処理技術者試験の中でも最高峰クラスの資格と言えます。

 


午前試験では、過去のITストラテジスト試験に出題された問題を解くことが、午前試験突破への近道となります。
・午前1は他の区分と同様に幅広い範囲の学習が必要で、午前2では経営用語の意味や内容を聞く問題が多く、ストラテジ系のみの出題です。システム戦略、経営戦略、企業と法務が出題範囲になるため、経営関係についてのきめ細かい勉強が必要です。
・午前2では、試験問題は4択で、主にストラテジ、マネジメント系より出題されています。40分で全25問と出題数は少ないので、問題集の問題を全て覚えてしまう方が早いと思います。比較的、市販の問題集と同じ問題がよく出題されているように思います。ただ、基本的には専門知識や用語の意味を問う問題ばかりですが、その知識がない場合でも計算問題などの場合は、案外、解ける問題もありますのであきらめないことです。
また、午前試験では、午後試験と比べると簡単なものが多いため必要な知識を確実に身につけ、足切りにあわないようにしておくことが肝心です。 また、午前問題は午後試験でも役に立つような知識を問われることも多く、午前試験を軽視せずに学習することが重要です。

午後1試験は、筆記問題で4問のうち2問を選択し回答します。試験対策では、実際の試験時間に合わせて問題集を解く練習をしておくことです。出題される問題には一定のパターンがあり、問題集の問題を3パターンくらいで見出すことができるようになればしめたものです。
問題内容は、事例解析の出題が中心となり、読解力に高度なものが要求されます。企業が経営戦略や業務プロセスにおける問題に対して、最適な解を求められます。ただ、解答は基本的に問題文の業界の状況に合わせることになりますので、事前知識は、経営戦略の基礎的な理解があれば問題ありません。

午後2試験では小論文による出題で3題を選択し解答します。ITストラテジスト試験の山場がこの論文です。午後2の論文の難しさは情報処理技術者試験では一番で、この試験での合否を分けるポイントになります。ただ論文を書く、というだけでなく、ITストラテジストの立場で、問題文の状況に合わせた論文を書く、高い視点が必要になります。
自学の場合には、自己採点が難しいため、対策が効果的に行えませんが、論述の対象となるプロジェクトの情報を自分で定義することが出来ますので、過去に自分が体験したプロジェクトの経験をそのまま書き出して構築することは出来ます。その上で、「ITストラテジストとして」誰が、どういう意思で、どんな内容の調査と決断を下したのかということを、事前にストーリーにしてまとめておくと本番で役立ちます。
いづれにしても、この試験では午後1の事例解析、午後2の小論文が一つのポイントで、その出来不出来が明暗を分けることになります。

論文試験に合格できなかった方には、システムアーキテクトかITサービスマネージャの受験を先におすすめします。確実に取得するためには、一気にはなかなか無理な試験なので、一歩一歩レベルアップしていく方が良い結果が得られます。
ITストラテジスト資格を習得できれば、企業の経営を左右する意思決定にかかわる高度で幅広い知識を保持していることが証明されることになります。そういう意味から、事業企画、業務改革推進、情報戦略立案、製品・サービス企画などの部門において活躍される方、さらにはITコンサルタントや営業職として顧客企業との経営戦略や業務プロセスに関する問題解決、折衝を担当する方にはぜひ取得してもらいたい資格の一つです。
他には、就職や転職、キャリアアップにおいても非常に有用性の高い資格です。特にコンサルティングファームや、シンクタンクでの活躍を考えている方には、習得できればかなりの効果を発揮すると思われます。

IT関連に全く経験のない人は、まずは基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者の資格から取得した方がいいでしょう。ただ、もしITストラテジスト試験を受験する場合は、目安として、テキストを熟読して午前試験をパーフェクトに解答できるくらいの知識を身につけることが、最低ラインになります。 主に実業務に基づいた出題が多いため、技術的な解法ではなく、業務要件から適切な解決を求められる試験になりますので、テキストによる基礎知識を習得し、多面的に問題を解決するための考え方と、文章作成の訓練が重要になります。主催団体のHPには新試験の出題範囲やサンプル問題が公表されていますので参考にするといいでしょう。

通信講座

スクール

-

オンライン学習

-

教材

ITストラテジスト

売れ筋教材

「ITストラテジスト」資格本のAmazon売れ筋ランキング

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター  http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html

スポンサーリンク