IELTS


資格名 IELTS (アイエルツ)    International English Language Testing Systemの略称
 資格の種類 民間検定試験       ※(財)日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシルとの共同運営
資格の概要  英語の熟練度を測る英語検定の1つで、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびオーストラリアなどへの海外移住申請に最適なテストです。英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められているテストで、米国でも TOEFL に代わる試験として、入学審査の際に採用する教育機関が増えています。世界120カ国の500以上の会場で受験することができます。イギリスやオーストラリア等の英国圏ではTOEFLよりIELTSが英語技能試験のスタンダードとなっており、135か国の機関で導入が済んでいます。最近では日本国内でも、IELTS(アイエルツ)の活用が広まっています。例えば、国家公務員の採用試験や東京大学の推薦入試などで英語資格として採用され、活用されています。年間の受験者数は約31,000人です。

IELTS(アイエルツ)の特徴は、
@満点は9点です。TOEICは990点満点、TOEFLが120点満点ですが、IELTSは0.5点刻みの9.0点満点です。満点の9.0点を取るのはネイティブでも非常に難しいレベルです。
AIELTS(アイエルツ)は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのモジュールから構成されている試験で、成績証明書を取得するためには、この4つのモジュール全てを受験しなければなりません。
この中で、リーディングとライティングは、アカデミック・トレーニングモジュールとジェネラル・トレーニングモジュールで出題内容が異なります。またTOEFLは4技能の試験がすべてパソコンを用いて行なわれるのに対して、IELTS(アイエルツ)はペーパーテストです。
Bスピーキングテストが対面式になっています。TOEFLのスピーキングテストがパソコンを使った非対面形式で行なわれるのに対して、IELTSは対面で相手の表情を見ながら話します。

※アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。英国、オース トラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、アカデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・ モジュールでの結果が必要です。
ジェネラル・トレーニング・モジュールは、英 語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールの受験することが一般的です。
※日本におけるIELTS試験が(財)日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシルとの共同運営に移行したため、2010年4月以降のIELTS試験より、申込先および問合せ先が(財)日本英語検定協会となりました。



◆IELTSに関連する情報
英語4技能試験情報サイト 新着情報(2017.02.08)
・英検やTOEFLなど、民間の英語資格・検定試験の結果を、大学入試で活用している大学は43.0%に上ることが、文部科学省の調査でわかりました。大学入試センター試験に代わる新テストでも、英語の試験と同時に、英語資格・検定試験を活用することが検討されており、今後、さらに英語資格・検定試験への関心が高まることが予想されます。           ⇒民間の英語資格・検定試験の大学入学者選抜における活用実態

・IELTS本部は、2012年6月から2013年5月の1年間の全世界でのIELTS受験者数が、対前年比で11%伸び、200万人に達したと発表しました。世界での受験者数は18年間連続で増加しており、日本での受験者数も毎年増加しています。
・2013年度には東京大学教養学部での採用が決まり、東京大学の300人の新入生が、総合的な英語能力測定のためにIELTSを受験することになります。日本では現在、東京大学のほか、京都大学、大阪大学、国際基督教大学など、30大学以上で団体受験という形で採用されています。
グローバル化に対応した英語教育と資格試験について(文部科学省)2014.4.18
試験方式  ・IELTSは、実際のコミュニケーション状態に近い形式で英語力を測定するスピーキングテストを、ネイティブスピーカーとの対面式で行います。

試験には、「アカデミック・モジュール」と「ジェネラル・トレーニングモジュール」の二種類の試験があり、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの基準と、全体平均のバンドスコア(熟練度)を 1から 9で測定します。
リーディングとライティングに関しては、アカデミックモジュールとジェネラル・トレーニングモジュールで出題内容が異なります。アカデミック・モジュールは、英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。レベルは大学などで学位取得を目指す学生や、英語圏での医師登録希望者などが対象になっています。またジェネラル・トレーニングモジュールは、英語圏で学行以外の研修を考えている人や移住審査の希望者などです。

・リスニング、リーディング、ライティングの筆記試験は同日に実施され、スピーキングテストは IELTS の規定により、筆記テストの前後6日以内(日本国内では筆記試験の翌日)に実施されます。
・4つのモジュールの合計所要時間は約2時間45分です。
   リスニング  リーディング  ライティング  スピーキング
 ジェネラル 4セクション
40問
30分  
3セクション
40問
60分  
タスク1 150 words
タスク2 250 words
60分  
 試験時間
11〜14分
 アカデミック
・結果はバンドスコアで評価されます。

※試験の詳しいタイムテーブルなどは、筆記試験の2週間前に送付される受験票で必ず確認が必要です。
受験資格  ・16歳以上であれば誰でも受験することができます。
 試験科目
   リスニング  リーディング  ライティング  スピーキング
 ジェネラル 試験問題は同じ 試験問題が異なる 試験問題が異なる 試験問題は同じ
 アカデミック
スケジュール  ・試験日:毎週行われています(月2〜4回程度)
※スピーキングテストは筆記テストの前後1週間以内で設定される可能性があります。スピーキングテストの時間・日程の指定はできません。

(IELTSのテスト会場と日程)
※2016年-2017年度「IELTS」試験日程(東京テストセンター  大阪テストセンター)
試験会場  世界各国で120ヶ所。国内では、東京、大阪、名古屋、広島、福岡、仙台、札幌など全国13都市で受験が可能。
受験料  \25,380(1人1回当たり・税込)
資格 難易度  ・難易度  IELTS BAND6.0以上 「A」難関
・合格率  合否判定はありません。1〜9の得点表示による能力判定。

※BAND6.0以上は比較表でみると、TOEIC 750点以上、英検準1級以上のレベルです。
※IELTSは1から9のバンドスコアで示され合格、不合格の概念はありません。
リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートごとの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。
受験対策
 &
資格の将来性
IELTSはスピーキングテストを、ネイティブスピーカーとの対面式で行い、総合的な英語力を評価するテストであるため、一般的にIELTSスコアを上げるだけの試験対策は難しいと言われています。そのため、IETLSの試験対策としては総合的な英語スキルの習得が鍵になります。従って、受験者の本当の英語能力を評価することができ、英語での交渉力や論理性を測る試験として大学からの導入が増えています。

世界中で試験の信頼性と公平性が認められており、現在、英国、米国、オーストラリア、ニュージーランドを含む135の国と地域において、約8,000の教育機関、国際機関、政府機関が、現実に即した英語のコミュニケーション力を測る信頼性のある指標として、IELTSを採用しています。
この試験では合格・不合格はなく、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングそれぞれの能力を1から9のバンドスコアで評価します。1は「英語を全く解さない」、9は「ネイティブ並みに流暢に英語を操る」などとなっており、4セクションのスコアをすべて加味して平均総合スコアが算出されます。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住を考えている人は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験します。イギリスやオーストラリアでの外国人の永住権は英語スコアはIELTSを求める傾向があり、レベル的には英語圏の大学入学資格としてはBAND6が求められることが多いようです。
IELTSは一般的にはリーディングが難しい感がありますが、同一レベルでTOEFLと比較してみてもリスニングはTOEFLの方が難しいです。大学入学レベルのBAND6以上は、TOEFLで220〜230、TOEICで750、英検で準1級〜1級程度と考えていいでしょう。
尚、日本人の総合スコアはBAND5.59。大学学部レベルの留学希望者ならば、BAND6.0以上は必要。

受験者数は、過去3年間で倍増し、現在では年間約200万人も受験している。日本では毎年6,000人以上が受験している。このように受験者数が増えている理由は、TOEFLに代わる試験として米国でも導入が進み、現在はハーバード大学、エール大学、コロンビア大学など米国の1700校近くの大学が採用しているため。また、英国で新たにスタートした移民・入国管理制度の改正に伴う英語能力の判定資格試験にも用いられており、受験者は今後さらに増加する可能性もあります。
この試験にはAcademic Module (大学や他の高等教育機関への出願の為のテスト)とGeneral Training Module (一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の 2種類があるが、一般的には、General Training Moduleの方が簡単になっているので、General Training Moduleは高いスコアをマークする事ができます。
ただ、Genaral Training Moduleは大学や大学院の留学には使用できないので注意が必要です。


【資格取得のための学習法】
公式テキストを活用した独学、または講習会や講座、セミナー参加など。
通信講座   リバティ ライティング ラボ 英文添削・ライティング通信講座
TOEFL & IELTSライティング添削講座
通学スクール   ブリティッシュ・カウンシルの「IELTS対策・留学準備コース」
教材
問い合わせ先  ・(財)日本英語検定協会IELTS事務局      http://www.eiken.or.jp/ielts/index.html
162-8055 東京都新宿区横寺町55   TEL03(3266)6852
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.