資格名

舗装診断士

資格の種類民間資格
主催(一社)日本道路建設業協会
資格の概要

舗装診断士資格とは、既設舗装の調査や、適切な維持・修繕工法の選定などができる高い専門知識を有する技術者を認定する民間資格です。舗装の効率的な管理・更新に寄与するために、日本道路建設業協会が新しく創設しました。舗装の診断とは、既設舗装の調査・評価及び維持・修繕工法の選定・設計、補修計画策定の支援であり、舗装の効率的な管理・更新に貢献するのが狙いです。
今後は、資格の運用実績を積み上げ、将来は国土交通相による評価・登録の対象資格として申請することを目指しています。

舗装診断士の業務は、目視・路面性状調査・構造調査などによる破損実態の把握、破損の程度の評価、原因特定、維持・修繕工法の選定、設計条件の整理、路面・構造設計、補修計画の策定支援などを想定しています。国交省は、公共工事の調査・設計などの業務内容に応じた知識・技術を持つ人の資格を評価・登録する制度を運用していますが、道路関連では舗装は対象外になっていました。そのため協会は舗装についても制度の対象となることを期待し、先行して民間資格として舗装診断士の運用を始めることにしたものです。

舗装診断士資格試験に合格し、登録申請を行うことにより、(一社)日本道路建設業協会会長から資格者証が交付され、「舗装診断士」と称することができます。
舗装診断士資格の登録の有効期間は5年間。5年ごとに更新する必要があります。

※この試験は「受験の区分」があり、区分によって受験手数料や、受験申込時に必要な書類等が異なります。
・区分(1)
  必要保有資格が「1級舗装施工管理技術者」の者
・区分(2)
 必要保有資格が「技術士」、「特別上級・上級等土木学会認定資格」、「RCCM」のいずれか と「2級舗装施工管理技術者」の者
・区分(3)
 前年度の舗装診断士試験の択一試験のみに合格し、今年度の受験申込時に択一試験免除申請 を行い、記述試験のみ受験する者

試験方式

試験は「択一試験」と「記述試験」で構成されており、記述試験は、「経験記述」と「専門記述」で実施されます。

●択一式試験:マークシート方式 / 試験時間 3時間
●記述式試験:経験記述と専門記述 / 試験時間 3時間

受験資格

【必要保有資格】
(1)1級舗装施工管理技術者 (2)技術士(部門:建設部門) (3)特別上級・上級等土木学会認定資格 (4)RCCM のいずれかの資格保有者であること。
尚、(2)~(4)の資格については「2級舗装施工管理技術者」資格を有している者。

上記の「必要保有資格」に示すいずれかの資格保有者で、7年以上の舗装関連業務(計画、調査、設計、監理・監督、工事、試験、評価、技術開発等)の業務経歴があり、さらにその中で、舗装の計画、調査、評価に関する1年(または3件:期間は問わない)以上の実務経験があること。
※業務経歴、実務経験は、必要保有資格の取得前の経歴・経験も有効です。

試験科目

試験の種類は、「択一試験」と「記述試験(経験記述)」、「記述試験(専門記述)」です。
●択一試験
舗装に関する基礎知識、舗装の管理、点検・評価、補修の計画・設計、補修工事に関する知識 及び技術者倫理等の項目から出題。
●記述試験(経験記述)
業務経歴から1業務を選定し、業務の概要、その中で果たした役割、技術的問題点や課題と解 決策、その評価等を簡潔に記述する形式。
●記述試験(専門記述)
舗装の破損の写真、当該箇所の交通量、地域・気象条件、地形等の条件等から、推定される破 損原因と根拠、実施すべき調査・試験、補修方法等を記述する形式や、道路建設時のデータ、 供用年数、交通量のデータ等から破損の状況等を掴む形式等。

※出題の項目、舗装診断士の知識として要求される概略の事項
  「舗装診断士試験 出題項目および舗装診断士の知識として要求される概略の事項等」

スケジュール

●試験実施:毎年6月第4日曜日
●申込受付:2月上旬~下旬
●申込方法:個人別に必ず簡易書留郵便で申込む
●結果発表:10月下旬頃

平成30年度舗装診断士資格試験日程    
・試験日:平成30年6月24日(日)
・申込受付期間:平成30年2月9日(金)~2月23日(金)
・合格発表:平成30年10月24日(水) 午前10時頃

試験会場

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

受験料

●受験の種類・区分と受験手数料
択一試験・記述試験の受験(区分(1)、(2)の者):16,500円(消費税含)
記述試験のみ受験(区分(3)の者(択一試験免除申請者)):8,250円(消費税含)
※舗装診断士資格試験合格者の資格者証の交付:登録手数料6,600円
※登録更新申請手数料:6600円

資格難易度

●難易度  
  「B」 普通
●合格率  
  2017年度第1回舗装診断士資格試験結果 ⇒詳細
   合格率 22.4%(申込み者数3,421名  受験者数3,037名  合格者数 679名)
※第1回試験の最年長合格者は66歳、最年少は29歳。女性の合格者は4人でした。

【資格の難易度レベル】
本年が初年度であり、具体的にはまだ見通せませんが、日本道路建設業協会では、「舗装診断士」 を舗装施工管理技術者資格の上位資格として試験を実施していることなどから、1級舗装施工管理技術者の同等以上の難易度ランクであると判断しています。

受験対策&
資格の将来性

国交省は、公共工事の調査・設計など、業務内容に応じた知識・技術を持つ人の資格を評価・登録する制度を運用しています。道路関連では橋梁とトンネルは対象施設となっていますが、舗装は対象外でした。日本道路建設業協会は舗装について「道路の構成要素として重要な役割を持っている」として、制度の対象となることを期待し、先行して民間資格でスタートしました。この資格の運用実績を積み上げ、将来は評価・登録の対象となる国家資格として申請することを目指しているのが「舗装診断士」です。

舗装関係では、1級と2級の舗装施工管理技術者は全国で約5万人が登録されています。これに対して、舗装の維持修繕を効率的に進めるに当たって、日本道路建設業協会は全国の道路管理者からの要望に対応するには1万人程度の舗装診断士が必要とみており、舗装施工管理技術者にも受験を促す方針を示しています。
尚、舗装診断士第1回試験での男女構成は、受験者数(男性3,025名 女性12名)、合格者(男性675名 女性4名)の結果でした。

※平成20年度から平成27年度までの8年間、舗装コンサルタント協会では、舗装の調査・評価および診断に関する高い専門知識を有する技術者を「舗装調査診断士」として認定してきましたが、日本道路建設業協会が、今年「舗装診断士」制度を創設したことを受け、今年度以降の舗装調査診断士認定が廃止されることになりました。従って、特例措置として、平成18年度から2年間、「考課測定付き移行講習会」が実施され、この講習を受講し、これに合格することで「舗装調査診断士」保有者に「舗装診断士」資格が付与されることになります。但し、講習会を受講するためには、「1級舗装施工管理技術者」等の資格も併有していることが前提となります。

通信講座

-

スクール

-

オンライン学習

-

教材

平成29年度第1回試験問題(記述試験問題・択一試験問題)
舗装の維持修繕ガイドブック 
VRで学ぶ舗装工学

売れ筋教材

-

問い合わせ先

(一社)日本道路建設業協会 検定企画課 舗装診断士試験事務局  http://www.dohkenkyo.com/〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-5-1 東京建設会館3階
  TEL03-6280-5038   FAX 03-6280-5040

スポンサーリンク