資格名

ホテルビジネス実務検定試験
※略称:H検 (Hotelier Proficiency Test)

資格の種類民間検定試験
主催一般財団法人 日本ホテル教育センター
資格の概要

「ホテルビジネス実務検定試験」は、ホテルビジネスにおいて必要とされる、ホテルの実務知識の体系的理解度を測定するための評価基準となる検定試験です。日本ホテル教育センターがホテル業務の調査、資格制度の研究を経て開発し1999年から実施しています。(社)日本ホテル協会と一般社団法人 全日本シティホテル連盟が正式に後援するホテルのプロが認めた業界資格です。

ホテルビジネス実務検定試験(H検)実施の目的は、
(1)宿泊・料飲・宴会といったサービスオペレーションから、マーケティング・総務人事・経理会計などのマネジメント業務に至るまで、ホテル業務に必要な実務知識を体系的に習得すること。
(2)自己学習目標の設定と到達度を把握すること。の2点とされています。

資格試験のレベルは、「ベーシックレベル」と「マネジメントレベル」に分かれています。
「ベーシックレベル1級・2級」はホテルの一般職およびホテル業界への就職を目指す学生から新人の若手スタッフを対象に、「マネジメントレベル」はホテルの管理職または将来管理職を嘱望されている方を対象とした試験です。ホテル業界や関連業界において昇進・昇格の基準となっている資格でもあります。尚、試験はどのレベルからでも受験できます。



試験方式

●試験方式:マークシート方式(4肢択一)
●出題数/試験時間:200問/各級90分間
●合否基準:
【マネジメントレベル】
正解率によって2級または1級として判定します。
 ・1級:各章の正解率が80%以上、かつ全体の正解率が85%以上。
 ・2級:各章の正解率が60%以上、かつ全体の正解率が65%以上。
【ベーシックレベル1・2級】
各章の正解率が60%以上、かつ全体の正解率が65%以上。

受験資格

制限なし 誰でもどのレベルからでも受験できます。

試験科目

【ベーシックレベル】
ホテル業界の基礎知識やホテルサービスのオペレーション理解度、接客業務の能力などが試されます。
【マネジメントレベル】
基礎をふまえた上で、管理者としての役割と課題の理解が求められ、部門マネージャーや部門管理者として、幅広い知識と決定力が試されます。

●試験科目と出題数
 試験範囲、試験科目の内訳、出題数等は「公式サイト」で参照ください。
●出題範囲
【マネジメントレベル】 管理編テキスト全章(第1章~第10章)
【ベーシックレベル1級】基礎編テキスト全章(第1章~第10章)
【ベーシックレベル2級】基礎編テキスト 第1章~第5章

スケジュール

●試験実施:年2回 原則11月第3木曜日と3月第1土曜日 
但し、マネジメントレベルは第1回のみ実施
●申込期間:
  ベーシックレベル ①3月中旬頃 ②11月下旬頃(年2回)
  マネジメントレベル 11月下旬頃(年1回)
●合格発表:
  ベーシックレベル  ①3月下旬頃 ②12月上旬頃
  マネジメントレベル ①12月上旬頃
検定実施約2週間後に受験者全員に結果通知表、認定者には認定書、認定証明書発行

2018年度ホテルビジネス実務検定試験日程
・試験日
 (第1回)2018年11月22日(木)
 (第2回)2019年3月2日(土)
・受験申請受付
 (第1回)2018年10月1日(月) ~ 10月22日(月)
 (第2回)2019年1月17日(木) ~ 
・結果発表(第1回)2017年12月3日(月)

試験会場

(個人受検) 札幌、東京、大阪、福岡  予定会場
※申込み時に希望する会場地域を選択。正式な受験会場は受験票で確認ください。

受験料

【マネジメントレベル】8,000円
【ベーシックレベル1級】5,000円
【ベーシックレベル2級】5,000円(各税込)

資格難易度

●難易度 
  マネジメントレベル 「C」やや易   
  ベーシックレベル1級/2級 「D」易しい
●合格率 
  マネジメントレベル:40~50%前後
  ベーシックレベル1級:55~60%程度 
  ベーシックレベル2級:70%程度

※参考データ
累計認定率
【マネジメントレベル】 37.4%
【ベーシックレベル1級】57.1%
【ベーシックレベル2級】68.1%
・2016年度試験結果
 受験者総数4,385名 資格認定者数2,952名 平均認定率67.3%

スポンサーリンク



受験対策&
資格の将来性

ベーシックレベル2級は、新入社員や現在ホテル業について学んでいる学生向けで、接客業務に従事する人のレベル、またベーシックレベル1級は一般社員~初級管理職で接客業務だけでなく基礎的な管理業務に就く人向けの試験、マネジメントレベルは中級~上級管理職で部門のマネージャーや部門の管理者として業務上の判断、決定をする立場の人に向いた試験と言えます。
主に、ホテル業界・観光業界などが対象です。団体受験では、8割が専門学校・短大・大学生です。

試験内容では実務に沿った出題も多く、ホテルのフロントや客室、レストランなど、ホテル業のさまざまな場で習得した知識を生かすことができます。ベーシックレベル1級では、総務・人事、施設管理、仕入・購買、経理・会計などの管理業務とマーケティング業務についても出題されています。公式の問題集や過去問を使って勉強すると出題形式や専門用語にも慣れることができるのでおすすめです。
この検定試験は、ホテル・観光業界への就職を目指す学校で多く導入されているほか、ホテル業界や関連業界では客観的な人事評価として広く活用されています。
将来の職業としてホテル業を目指す学生を指導する立場の方向けに講習会が実施されます。
 ホテルビジネス実務検定指導者講習会

通信講座

-

スクール

H検試験・直前対策セミナー(ベーシックレベル)

オンライン学習

-

教材

ホテルビジネス実務検定公式教材(テキスト・問題集)

売れ筋教材

-

問い合わせ先

一般財団法人 ホテル教育センター 03-3367-5663 
 http://www.jec-jp.org/hken/
〒164-0003 東京都中野区東中野3-15-14

スポンサーリンク