廃棄物処理施設技術管理者


資格名 廃棄物処理施設技術管理者
 資格の種類 国家資格              講習実施:財団法人日本環境衛生センター
資格の概要  「廃棄物処理施設技術管理者」は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の規定に基づき、一般廃棄物処理施設、産業廃棄物処理施設に設置が義務づけられている国家資格で、当該施設の維持管理に関する技術上の業務を担当する者のことを言います。
廃棄物処理施設技術管理者は廃棄物の処理及び清掃に関する法律に規定する維持管理に関する技術上の基準に係る違反が行われないように、施設を維持管理する事務に従事する他の職員を監督したり、処理施設の確保やダイオキシンなどの毒素流出を防止する定期検査の実施などを行います。

選任は廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第17条に規定する資格を有する者の中から選任することになっていますが、有資格者と同等以上の知識及び技能を有する者として、財団法人日本環境衛生センターの行う「廃棄物処理施設技術管理者講習」を修了した者を多くの都道府県等が認知しています。

試験級は「基礎・管理課程」と「管理課程」に分かれています。


【廃棄物処理施設技術管理者講習について】
・講習区分は「基礎・管理課程」と「管理課程」に分けられています。
  基礎・管理課程講習:
   廃棄物の処理及び清掃に関する法律」施行規則第17条第1項第4号に対応した講習です。
   技術管理者を設置される施設または事業場の種類(類型)に応じてコースを選択して受講します。
  管理過程講習
   厚生省生活衛生局水道環境部環境整備課長通知「衛環第96号」(平成12年12月28日)に対応する講習です。
※各課程を修了された方には、一般財団法人日本環境衛生センターから「(各廃棄物処理施設)技術管理士」認定証が交付されます。
試験方式  ・試験方式は、講習+修了試験で構成されています。

【廃棄物処理施設技術管理者講習】
・講習区分は、「基礎・管理課程」と「管理課程」に分けられ、さらにその下に各コース別の講習があります。
・資格認定講習は、以下の6コースに分かれて行われます。
  「基礎・管理課程」
  ごみ処理施設コース  し尿・汚泥再生処理施設コース  産業廃棄物中間処理施設コース
  最終処分場コース  産業廃棄物焼却施設コース  
  
  「管理課程」
  破砕・リサイクル施設コース  有機性廃棄物資源化施設コース

※全講習科目を受講した方のみ、「管理課程」を受講することができます。また、「管理課程」の基本履修の全てを受講した方のみ「管理課程」の講座終了後に実施される能力認定試験を受験することができます。
能力認定試験は、80%以上の得点率で合格となります。
受験資格  【受講対象】 ⇒詳しい受講資格要件を確認
講習受講資格
・基礎・管理課程講習:
  20歳以上なら誰でも受講できます。

・管理課程講習:
 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」施行規則第17条に規定する学歴および実務経験等を満たしている者。
 学歴等に応じた実務経験が必要です。廃棄物処理に関する技術上の実務に従事した経験が、学歴及び、所有して いる資格によって0〜10年以上必要になります。 
 試験科目 次の7コースに分かれており、講習に全日程出席し、最終日に行われる能力認定試験に合格すれと日本環境衛生センター認定の「技術管理士」の資格が付与されます。

@ごみ処理施設コース 
Aし尿・汚泥再生処理施設コース
B破砕・リサイクル施設コース 
C産業廃棄物中間処理施設コース
D産業廃棄物焼却施設コース 
E最終処分場コース
F有機性廃棄物資源化施設 (バイオマス利活用関連施設) コース

【基礎・管理課程】 講義内容はコースごとに異なります。
・廃棄物概論 
・廃棄物処理施設の構造と維持管理
・安全対策と安全衛生管理 
・測定・分析の実際
※基礎・管理課程講習
 基礎課程6日間・管理課程4日間
 ごみ処理施設コース し尿・汚泥再生処理施設コース 産業廃棄物中間処理施設コース 産業廃棄物焼却施設コース最終処分場コース

【管理課程】 講義内容はコースごとに異なります。
・廃棄物処理法と関係法規 
・管理監督の理論と実際
・廃棄物処理技術持論 
・施設の運営管理
・施設整備の計画と実際 
・処理機能の維持と評価
※管理課程講習
 基礎課程4日間・管理課程4日間
 破砕・リサイクル施設コース  有機性廃棄物資源化施設コース
スケジュール  ・講習日数
  基礎・管理課程は10日間(破砕・リサイクル施設コースのみ8日間)
  管理課程は4日間
・日程
  開催日および会場   管理課程の開催日および会場はこちらで確認ください。
・申込期間
  基礎・管理課程:開催日の10日前まで
  管理過程:開催日の14日前まで
試験会場  全国主要都市(コースによって異なります)
・基礎・管理課程講習:(東日本)北海道・宮城・東京・神奈川・愛知・大阪 (西日本)広島・福岡
・管理課程講習:
 開催日および会場は各コースによって異なります。⇒詳しくはこちらで確認ください。
受験料  ・基礎・管理課程講習:
     破砕・リサイクル施設コース/有機性廃棄物資源化施設コース 10,1520円(テキスト代、消費税込み)
     上記以外のコース 118,800円(テキスト代、消費税込み)
・管理課程講習: 64,800円(テキスト代、消費税込み)
・再試験:5,250円(再試験を受験できる期間は、最初に受験した日から6ヶ月間です)
資格 難易度  ・難易度: 「D」 易しい   
・合格率: 講習での資格取得(合格率80〜90%) 受講者数:約3,000名
   受験対策
 &
資格の将来性
廃棄物処理施設は全国に多く存在しており、非常に需要が高い資格といえます。
試験対策は、各コースの講習をまじめに聞いていれば問題ありません。講習中に試験のポイントは説明してくれますので、その部分を重点的に学習すれば合格は比較的簡単です。
通信講座   -
通学スクール   -
教材
問い合わせ先  ・一般財団法人日本環境衛生センター 東日本支局 研修広報部 研修事業課
〒210-0828 神奈川県川崎市川崎区四谷上町10-6
TEL 044-288-4919
・一般財団法人日本環境衛生センター 西日本支局 総務・企画部 企画研修課
〒816-0943 福岡県大野城市白木原3-5-11
TEL:092-593-8226
・一般財団法人 日本環境衛生センター研修広報部研修事業課
〒210-0828 神奈川県川崎市川崎区四谷上町10-6
TEL 044-288-4919   http://www.jesc.or.jp/

HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.