資格名

GTEC CBT

資格の種類民間資格
主催一般財団法人 進学基準研究機構/(株) ベネッセコーポレーション
資格の概要

GTECとは、ベネッセコーポレーションが実施している英語4技能検定。正式名称は「Global Test of English Communication」、GTECはその頭文字をとっています。
グローバル人材に必要な英語力を測定する検定試験で、高校生を対象に英語の4技能を測る「GTEC CBT」。中・高校生を対象としたスコア型英語テストである「GTEC 」。 小・中学生対象の使える英語力を楽しく試せる4技能検定の「GTEC Junior」。英語コミュニケーション能力を測る「社会人・一般向けGTEC」。4種類の試験ラインナップがあり、それぞれの検定が英語4技能の測定に対応しているので、自分の学習の目的に合わせて受験することが可能です。近年では、大学受験でも活用されています。
※このページでは、「GTEC CBT」のみの解説をしています。

※「GTEC」と「GTEC CBT」の違い
(1)受験に関して
「GTEC」は学校単位で受検し英語力を測定するテストで、現在、全国の1,700校を超える高校で採用されています。一方「GTEC CBT」は個人受検が可能で、4技能を測定できる高校生向けの英語テストです。コンピュータを利用した公開会場で受検でき、大学入試におけるスコアの活用も広がっています。
(2)技能の測定に関して
GTEC CBTは、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を測定し、出題では日常生活以外に、学習場面での英語の使用を想定した出題で、大学で学ぶ力が身についているかが判定できます。 一方、GTECでは日常生活の場面を想定した出題で英語コミュニケーション力を測定します。
(3)出題範囲
GTECは日常的な英語力を測るための出題範囲になっていますが、GTEC CBTでは大学の講義を英語で受講したり、英語の論文を書いたり読んだりする力)を測るため、指導要領の範囲を超えた語い、表現を含む出題範囲になっています。また出題のレベルもGTECよりもGTEC CBTの方が難易度の高いレベルとなっています。

◆GTECに関連する情報
・英語4技能試験情報
2020年度に始まる大学入学共通テストの英語で、4技能(読む、聞く、書く、話す)を測るために活用する民間資格・検定試験が「ケンブリッジ英語検定」 「TOEFL」 「TOEIC」 「GTEC」 「TEAP」 「TEAP CBT」 「英検」「IELTS」の8種類に決まりました。大学入試センターが発表しました。2018.3.26

試験方式

【GTEC CBT】
・試験の構成:Speaking section, Writing section、Listening section, Reading sectionの4セクションで構成。
・試験の実施:会場に設置したコンピュータでの実施/試験時間 約175分
※コンピュータによる実施のため、試験時間は受験者によって異なります。また試験開始~終了までに休憩時間はありません。
・評価指標:スコア型の絶対評価
※受験方法
 公式ホームページよりGTEC IDの登録を行い、その後マイページから受検申し込みをすることができます。
※スコアの有効期間
 受検日から2年間。2年を越えるとスコアレポートの再出力ができません。

※GTEC CBTのテストの構成・スコア
  ・Speaking 問題数7/試験時間 約20分 満点スコア350点
  ・Writing  6/約65分   満点スコア350点
  ・Listening 約40/約35分 満点スコア350点
  ・Reading  約40/約55分 満点スコア350点
   TOTAL    175分   満点スコア1400点

受験資格

対象者について制限はありません。但し、大学入学者選抜での活用を想定したテストであるため、高校生以上の英語レベルの出題になっています。

試験科目

●出題:リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングの4技能。 
●問題の難易度:受検中にリアルタイムで受検者の能力に応じた問題が出題され、問題の難易度は受検者の能力により異なる。このシステムにより、より効率的かつ正確に、受検者の英語能力の測定が行われる。

スケジュール

・試験の実施
 年3回実施されます。
・合格通知
受験日の約4週間後に、受験者宛てにスコアレポートが送付されます。
※受験日の約4週間後に、マイページからもスコア情報を確認できます。

2018年度GTEC CBT検定試験日程
・試験日(2018年度)
※年度内2回まで受検可能です。
第1回検定日:2018年7月15日(日)
第2回検定日:2018年11月11日(日)
第3回検定日:2019年3月24日(日)
・申込期間
第1回申し込み期間 2018年5月8日(火)〜 6月13日(水)
第2回申し込み期間 2018年8月24日(金)〜 10月9日(火)
第3回申し込み期間 2019年1月8日(火)〜 2月21日(木)

試験会場

全国47都道府県の公開会場  ※受検地一覧

受験料

9,720円(税込)

資格難易度

●難易度 
 スコア1000~1100 「B」普通   
 スコア1300~ 「A」難関
●合格率 
  結果はスコアで評価されるため、合格率の概念はありません。

受験対策&
資格の将来性

GTEC CBTを入試で活用する動きは全国の大学に広がっていますが、GTEC CBTは国内の大学、短期大学での入試にのみ採用されていますので、大学入学後留学を希望する学生にはGTEC CBT以外の試験対策も必要になります。GTEC CBTは大学入試でスコアを活用したい高校生にとって一番取り組みやすく、スコアがとりやすい英語資格かもしれません。

GTEC CBTのリーディングセクションは時間配分だけ注意し、しっかり対策しておけばそれほど難しくありませんが、一番難しいのは、ライティングセクションでしょう。ライティングがGTEC CBTの対策をする上で、最も時間をかけておかなければならないセクションです。
また、リスニングセクションでは、聞くことと問題を解くことを同時に進行しなければならないところは、短期の勉強では克服が難しい難点です。スピーキングセクションは、ポイントをつかんだ話し方ができるように事前に十分対策をしておくことがポイントになるでしょう。
GTEC CBTは、TOEFLやIELTSの対策教材の豊富さと比べると、公式問題集が1冊でているだけなので対策が難しいと言えます。受験対策はベストティーチャーのGTEC CBT対策コースが唯一の対策コースとして活用されています。
※GTEC CBTを入試で活用する動きは全国の大学に広がっています、入試活用校検索ができます
※GTEC CBTの検定は、ベネッセコーポレーションが、大学入試で活用できる4技能英語検定として新たに2014年から開始したテストです。日常英語からアカデミックな英語まで、幅広い英語運用力を測定できるテストとして、入試に活用する国内の大学が増えています。2020年から始まる「大学入学共通テスト(新テスト)」にも活用される可能性が高い試験のうちの1つとも言われています。

通信講座

ベストティーチャーのGTEC CBT対策コース

スクール

-

オンライン学習

-

教材

GTEC CBT

売れ筋教材

-

問い合わせ先

株式会社ベネッセコーポレーション
URL: http://www.benesse.co.jp/gtec/

スポンサーリンク