資格名

ファッション販売能力検定試験

資格の種類民間検定試験
主催日本ファッション教育振興協会
資格の概要

アパレル業界などでは、ファッションの販売に関する専門的な知識や技術があり、お客様に対して心からの応対ができ、販売力のある人材や、ショップの運営や販売を任せることのできる人材が必要とされています。そのために、アパレル業界で、ファッションの販売に携わる人の知識、能力向上を目的に行なわれる資格試験が「ファッション販売能力検定試験」です。

受験級は1級と、2級、3級があります。試験のレベルは3級は基礎レベルで、ファッション商品販売に必要とされる基本的なファッション商品知識、販売基本知識、接客基本技術など1年程度専門教育を受けたレベル、また2級は実務レベルで、基本的な顧客対応と販売、事務処理ができるレベルとして知識、技術が検証されます。そして1級はそれらをベースとして企画・戦略にまで関わることのできる専門的知識が必要とされ、店長として店の販売や運営をまかすことができるレベルを対象としています。
※累計受験者数は約10万人

試験方式

●2級/3級:マークシート方式 
・A科目150点 / B科目200点の2科目で構成されています。
・合格基準は各科目とも配点の70%以上の得点です。
・試験時間 どちらも9:20~13:10  
●1級:筆記試験 
・記述式及び選択式

受験資格

・1級/2級/3級:年齢、職業、学歴、性別、国籍を問いません。
誰でも希望する級を受験できます。 
※1級受験も2級・3級合格に関係なく、受験できます。
※試験時間が同時間のため、2級/3級の併願はできません。

試験科目

出題範囲
●2級/3級
A科目:ファッション販売知識、ファッション・マーケティング知識、ファッション販売業務
B科目:ファッション販売技術、店舗演出・VP展開、ファッション商品知識
●1級
(1)ショップ・マネジメント知識
小売業知識/ショップ・マネジメント/経営・計数知識/マネジャーの職務/ショップの人事管理/リーダーシップ
(2)販売知識
商品化計画の理解/セールス・プロモーション/商品・素材に関連する知識/店舗空間・演出
(3)販売技術
顧客心理の理解とコミュニケーション/接客技術/ウェアリング・コーディネーション/コンサルティング・セールス/クレーム対応・処理
※1級試験の構成は、①対面接客販売であること、②店舗に対する経営者や本部支援システムがあること、③比較的小規模の店舗であること、を前提にしてあります。 
※1級/2級/3級ともに、試験の問題は協会のガイドブックより出題されます。

スケジュール

●試験実施
・2級/3級:6月、11月(年2回) 
・1級:年1回(12月頃)

2018年 第40回・41回・1級第11回 ファッション販売能力検定試験日程
(2級/3級第41回試験)
・試験日:2018年12月8日(土) 
・受験申請受付:2018年9月18日(火)~10月17日(水)
(1級第11回試験)
・試験日:2019年2月16日(土) 
・受験申請受付:2018年12月17日(月)~2019年1月30日(水)

試験会場

・2級/3級:都道府県支部の設定する試験会場、または教育機関 
・1級  :東京
※協会が設定する試験会場、または教育機関(専門学校・大学等)で受験できます。

受験料

・3級 :5,500円 (いづれも税込)
・2級 :6,000円  科目免除受験は、2級/3級ともに3,000円 
・1級 :12,000円  科目受験(1科目につき)4,000円  

資格難易度

●難易度 
  「C」やや易
●合格率 
  非公開
2級 45~50%(想定)   
3級 65~70%(想定)

受験対策&
資格の将来性

試験自体はそれほど難しくはありませんので、独学を希望する場合は、協会が発行している参考書「ファッション販売ⅠとⅡ、それに受験する級の試験問題集で勉強すれば知識面は問題ありません。上級クラスでは、知識もさることながら、顧客とのコミュニケーションなど、接客技術が重要です。洋服などをデパートや専門店などで販売し、ファッションアドバイザーとして洋服に関する幅広い知識はもちろんのこと接客が中心の仕事になるので、人当たりのよさやマナー、売れる洋服を見極めるセンスなどが重要になるのは当然のことです。

この検定試験は、 アパレル業界内では知名度が高い資格で、2級以上が取得できれば就職・転職のアピールとしても有効です。特に、将来ショップなどの運営を目指している人はチャレンジしてみる価値はあります。 
求人関係をみても、ファッション販売能力検定という資格を必要としているものは、まずありませんが、店長やマネージャーなどの求人になるとこの資格を持っていることで効果があります。
4、5年前くらいまでは、ファッション系専門学校の学生の受験が多かったようですが、最近では高校生や一般大学・短大生の受験者数が増加してきています。 

資格取得できれば、デパート、ブティック等に勤め、ファッションアドバイザーなどの販売のプロとして活躍する道があります。また、経験を積んでショップの運営管理にもあたることも可能です。

通信講座

-

スクール

ファッションビジネス能力検定講座(2級・3級)

オンライン学習

-

教材

ファッション販売能力検定

売れ筋教材

-

問い合わせ先

日本ファッション教員振興協会(協会本部)   
URL:http://www.fashion-edu.jp/ 
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14 四谷小林ビル7階
TEL 03-3354-5021

スポンサーリンク