資格名

毒物劇物取扱責任者

資格の種類国家資格(必置資格)
主催各道府県庁の薬事関係主管課
資格の概要

毒物劇物取扱責任者とは、薬事法の適用を受けない塗料や染料、農薬などの毒性の強い化学薬品(毒物・劇物)、これらを取り扱う製造業やメッキ工場、販売業、輸入業などでの保管、取り扱い業務を担当する人のことをいいます。これらの業界では毒物劇物取扱責任者を置くことが法律で定められています。

「毒物劇物取扱責任者」になれる人は、毒物劇物取締法8条第1項に該当する次の者に限られています。
1.薬剤師
2.厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者
3.都道府県知事が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者
上記1、2に該当しない場合は、各都道府県で実施する毒物劇物取扱者試験を受験してください。
毒物劇物取扱者試験は住所地に関係なくどちらの都道府県でも受験できます。また、合格した際は、全国どちらの都道府県でも毒物劇物取扱責任者になることができます。

資格試験は、扱える毒物劇物によって
(1)すべての毒物劇物が扱える「一般」、
(2)農業上必要な毒物劇物が扱える「農業用品目」、
(3)特定品目の毒物劇物が扱える「特定品目」の3つに区分されています。
18歳以上であれば基本的に誰でも受験できますが、心身の障害により毒物劇物取扱責任者の業務を適正に行うことができない者、精神病者または麻薬、大麻、あへん、もしくは覚醒剤の中毒者は、毒物劇物取扱責任者にはなれません。また、薬剤師や工業高等学校又はこれと同等以上の学校で応用化学に関する学課を修了した者(ただし、化学に関する科目を所定の単位数以上修得している者に限る。)は、毒物劇物取扱責任者の資格があるため、受験する必要はありません。

※毒物劇物取扱者試験に合格した者には、免許(ライセンス)ではなく、合格証書が発行されます。
※試験日程、試験方法などは都道府県によって異なるが、年に1回実施されています。

試験方式

(東京都の場合)
●試験時間:2時間
●出題数:75問 (筆記50問、実地25問)
※東京都の場合、筆記50問は5問択一、実地25問は4問択一のマークシート方式です。
●合格基準:(1)筆記試験 6割以上の正解率
       (2)実地試験 科目ごとの合計がそれぞれ4割以上の正解率
※都道府県により異なりますが、上記の(1)、又は(1)、(2)両方の条件を満たせば合格です。

受験資格

●制限なし。誰でも受験できます。
但し、次に掲げる者は、合格しても、以下欠格事項が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者となることはできません。
1.18歳未満の者
2.心身の障害により毒物劇物取扱者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
3.麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
4.毒物若しくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない者
※欠格事項の該当者であっても受験は可能ですが、合格しても欠格事項が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者となることは出来ません。

試験科目

【試験区分】
(1)一般毒物劇物取扱者試験:すべての毒物劇物を対象とする試験
(2)農業用品目:対象品目を農業用品目に限定した試験
(3)特定品目:対象品目を特定品目に限定した試験
(4)内燃機関用メタノールのみを対象とした特定品目毒物劇物取扱者試験

●筆記試験
・毒物及び劇物に関する法規
・基礎化学
・毒物・劇物の性質及び、貯蔵その他取り扱い方法
●実地試験
・取扱い方法
・毒物・劇物の識別及び取り扱い方法
※実地試験は「実地を想定した」筆記試験として実施する都道府県が多いようです。

スケジュール

●試験実施:9月下旬/年1回
●合格発表:12月中旬
●申込期間:5月中旬~6月上旬頃
●受験手続:日本ガス機器検査協会宛てに行う。
実施日については、各都道府県で違いますので、受験を希望される各都道府県庁の薬事関係主管課にそれぞれお問い合わせください。

試験日程は都道府県により異なります。 
※平成28年度毒物劇物取扱者試験日程(東京都)  平成28年度試験は終了しました。
・試験日:平成28年7月10日(日) 
東京都平成29年度試験の詳細については、4月末頃よりホームページ等で案内されます。

試験会場

各都道府県

受験料

都道府県により異なります。 
(東京都の場合)12,900円

資格難易度

●難易度   「C」 やや易
●合格率    平成29年度毒物劇物取扱者試験結果(東京都) ⇒詳細
    (一般)申込者数972名 受験者数846名 合格者数417名 合格率49.3%
  (農業品目)申込者数123名 受験者数112名 合格者数24名 合格率21.4%
  (特定品目)申込者数5名 受験者数4名 合格者数3名 合格率75.0%

※参考データ
・平成28年度毒物劇物取扱者試験結果(東京都)
         (一般)申込者数854名 受験者数775名 合格者数446名 合格率57.5%
  (農業品目)申込者数115名 受験者数108名 合格者数35名 合格率35.2%
  (特定品目)申込者数12名 受験者数11名 合格者数1 合格率9.1%

【資格の難易度レベル】
この資格と難易度をよく比較されるのが「危険物取扱者」ですが、難易度レベルは
危険物取扱者甲種>毒物劇物取扱責任者>危険物取扱者乙種 と考えるのが順当でしょう。

受験対策&
資格の将来性

試験内容に関して、筆記試験では「毒物及び劇物に関する法規」は、基本法である「毒物及び劇物取締法」やその関連法令を中心とした問題が出題されます。「基礎化学」では高校卒業程度の化学一般の問題。、また「毒物・劇物の性質」では、主に毒物・劇物の性質や貯蔵・廃棄法などに関する問題が出題されています。 
保健衛生上の危険を防止する立場からも、人命を保護するという立場からも重要な仕事といえます。また、業種によっては必要不可欠な資格とされているため、取得しておくことで就職・転職、給料面でも有利になると思われます。さらに特殊技術者として優遇され、活躍の場も多いでしょう。

受験者数では農業用品目と特定品目の受験者数は、 一般の受験者数に比べ、それぞれ約5%、約1%程度で、圧倒的に「一般」の受験者が多い試験です。
また、「内燃機関メタノールのみの取扱いに係る特定品目」という種類がありますが、実際に実施している都道府県は少ないようです。合格率だけを見ると、それほど難関な資格ではなさそうですが、やはり毒物、劇物を取り扱う職種になりますので、しっかりと知識を身につける必要があります。ただ、都道府県の違いや年度の違いで、試験の難易度がまったく違って来る傾向がありますので、この点は注意が必要です。

資格取得者が活躍できる職場としては、毒物劇物製造業やメッキ工場、毒物劇物販売業、輸入業、薬品会社などです。

通信講座

「毒物劇物取扱責任者」通信講座 

スクール

-

オンライン学習

-

教材

毒物劇物取扱者

売れ筋教材

-

問い合わせ先

(東京都の場合)         
東京都福祉保健局〒163-8001   
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号電話:03-5320-4032
健康安全部 薬務課 薬事免許係  
電話番号:03-5320-4503
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/index.html
※他道府県の試験については、各道府県庁の薬事関係主管課にお問い合わせください。

スポンサーリンク