土木施工管理技士

資格名 土木施工管理技士       ※試験名 土木施工管理技術検定
 資格の種類 国家資格     国土交通省管轄   ※試験実施は財団法人全国建設研修センター
資格の概要  施工管理技士国家資格のうちの1つで、河川や道路、ダム、トンネルといった土木工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理などを適切に実施するのが土木施工管理技士の仕事です。

資格は1級と2級に分かれ、1級は、河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。特に建設会社の技術者にとっては、不可欠な代表的資格になっています。
2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。
※一定予算額以上の公共工事などの現場には、土木工事全般に関する高度な応用力を活かして指導監督的業務にあたる1級土木施工管理技士の配置が必要になる。
また、建設業法に定められた土木工事関係8業種の許可に際して、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者又は監理技術者となることが認められています。
※2級土木施工管理技士は、建設業法で定められた一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所における「専任技術者」及び工事現場における「主任技術者」となることが認められています。
※1級の累計登録者数は、約65万人になります。


◆施工管理技術検定試験関連ニュース
・国土交通省が実施した2級施工管理技術検定試験の受験機会の拡大策が効果を発揮している。高校(指定学科)3年生・卒業生が対象の「学科試験」を2016年度から17歳で受けられるよう受験要件を緩和した結果、全種目で受験者数が前年度を上回った。2017年度は高校在学中の合格者の増加が期待できる2級学科を年2回にして受験機会を増やす。「土木」種目のうち「土木」と、「建築」種目のうち「建築」の2種別が対象。試験日は土木が10月と18年2月、建築が6月と11月となる。(平成20年3月3日)⇒詳細

・平成 29 年度より、 2 級土木施工管理技術検定の学科試験 はこれまでの年 1 回から年 2 回の実施となり、受験機会が拡大することになりました。それによって、2 級学科のみ試験を合格した者は、学科試験に係る合格発表日の属する年度の初日から 起算して12 年以内は学科試験が全部免除されます。 ただし、学科試験全部免除期間内に実地試験を受験する者は、実地試験を受験する日の属する年度の初日から起算して 2 年以内において実地試験を受験することができます。

2015年度 技術系資格試験「受験者数ランキング」
   資格名 受験者数(人)  備考
 1位 危険物取扱者 401,000 電気工事関連の資格と、土木施工管理技士資格の受験者数伸び率が大きい。
共に、」対前年比+10%前後。
 2位 電気工事士 156,500
 3位 消防設備士 84,800
 4位 土木施工管理技士 69,100
 5位 電気主任技術者 63,300

・建設業法に基づく技術検定は、土木、建築、管工事、電気工事、建設機械、造園の6種目それぞれに1級、2級があり、学科試験と実地試験で構成されており、1級施工管理技士の資格者は監理技術者になれます。しかし、電気通信工事は監理技術者になれる国家資格「施工管理技士」を取得する技術検定が設定されていない業種で、今後、監理技術者の不足が懸念されているため、国土交通省は、電気通信工事に関する新たな国家資格の創設に向け検討を始めることになりました。(平成28年10月21日)⇒詳細

・建設業法に基づく技術検定は6種目あり、それぞれ学科試験と実地試験がありますが、今年度より、学科試験に加えて実地試験の合格基準についても試験の実施前に公表されることになりました(平成25年5月29日)
          ⇒建設業法に基づく技術検定の合格基準の公表について(国土交通省)
試験方式  ●1級
・学科:4肢択一方式で、出題合計数96問 必要解答数65問。
・実地:経験記述(必須問題1問)と記述式問題(5問中3問を選択解答)
●2級
・学科:4肢択一方式で、出題合計数61問 必要解答数40問。試験時間 2時間
・実地:経験記述(必須問題1問)と記述式問題(必須問題2問、選択問題2問中1問)。試験時間 2時間
受験資格  2級の学科は実務経験がなくても受験できる(指定の学科修了者)。 1級は学歴に応じた実務経験。
●1級 (1年以上の指導監督的実務経験年数が必要)
・大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6ヶ月以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
※上記以外の者は15年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年以上の者は合格後、5年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6ヶ月以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者はその他で14年以上の実務経験
・専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年以上の者は合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、7年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、8年6ヶ月以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者はその他で12年以上の実務経験
※上記以外の者は高等学校の指定学科を卒業後、8年以上の実務経験
※上記以外の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、11年以上の実務経験
※上記以外の者はその他で13年以上の実務経験

●2級
・大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
※上記以外の者は8年以上の実務経験

(学科試験の受験)
実務経験を積むことなく2級技術検定の学科試験のみを受験することができるのは、次のいずれかに該当する方となります
・ 高校の指定学科を卒業見込の者又は卒業後3年以内の者
・ 短大・高等専門学校の指定学科を卒業見込の者又は卒業後2年以内の者
・ 大学の指定学科を卒業見込の者又は卒業後1年以内の者
※学科試験に合格した者は、所定の実務経験を積んだ後に実地試験を 受験することができます。
※指定学科を卒業した者であっても上記に該当しない者は、従来通 り、実務経験を積んだ後、学科試験と実地試験を同時に受験することになります。
(実地試験の受験)
上記1の受検資格により学科試験のみを受験し合格した者については、 次の技術検定の学科試験が免除され、実地試験のみ受験することができます。
・ 高校の指定学科を卒業した者:卒業後6年以内に行わ れる連続する2回の技術検定
・ 短大・高等専門学校を卒業した者:卒業後5年以内に行われる連続する2回の技術検定
・ 大学の指定学科を卒業した者:卒業後4年以内に行われる連続する2回の技術検定
※指定学科とは、土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学及び建築学に関する学科をいいます。


施工管理技士試験に関するニュース
・平成27年度の試験より実務経験要件の見直しが行われます。
    平成27年度試験から「実務経験要件」の見直しが行われることが決まりました ⇒詳細
・国土交通省は、建設業法に基づく技術検定試験の受検資格見直しを官報に告示しました。
    平成26年度試験から「受験資格」が見直されます ⇒ 詳細
 試験科目 学科と実地がある。
●1級
・学科
土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理
・実地
経験記述1題(必須)、記述式の部分では、土工・コンクリート工の問題が1題ずつ2題出題され、施工計画・工程管理・安全管理・品質管理のうちから3題出題されます。
●2級
・学科
土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理
・実地
(経験記述)自分の経験した土木工事のうちから1つの工事を選び工事概要を記述した上で施工計画立案時の事前調査または現場で実施した毎日の安全管理活動について特に留意した技術的課題、その課題解決のための検討内容と現場で実施した対策や処置などを文章で記述する。
(記述式問題)土木、コンクリート工、安全管理、建設副産物に関するれぞの問題に対して記述で解答する。
※実地試験
1次試験の合格者(前年度含む)または、技術士法による第2次試験のうち該当部門合格者で、1級土木施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する方が受験できます。
スケジュール  ・試験日:【2級】 学科・実地とも10月下旬  2月下旬
     (平成29 年度より、 2級土木施工管理技術検定の学科試験 年 2 回の実施となりました)
      【1級】 学科 7月上旬  実地 10月上旬
・申込期間:【2級】 4月中旬〜下旬  【1級】4月上旬〜中旬


平成29年度土木施工技術検定1級試験日程
平成29年度土木施工技術検定2級試験日程
  ・試験日:(1級学科)平成29年7月2日(日)  (1級実地)平成29年10月1日(日)
        (2級学科・実地)第1回学科試験:平成29年10月22日(日)  第2回学科試験:平成30年2月25日(日)
  ・申込受付期間:
        (1級)平成29年3月31日(金)〜4月14日(金)  
        (2級)第1回学科試験:平成29年4月14日(金)〜28日(金) 
            第2回学科試験:平成29年12月5日(火)〜平成30年1月10日(水)
  ・合格発表:(1級学科)平成29年8月16日(水) (1級実地)平成30年1月16日(火)
          (2級)第1回試験:平成30年2月1日(木)    第2回試験:平成30年3月23日(金)
※2級の第2学科試験は「種別を土木のみとする」
試験会場   札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
受験料  ・1級管理技士  学科8,200円 実地8,200円
・2級管理技士  学科・実地8,200円  学科のみ・実地のみ 各4,100円
資格 難易度  ●難易度   2級 「C」やや易  1級 「B」普通
●合格率 平成28年度土木施工管理技術検定 1級試験結果
        (学科試験)受験者数35,340名 合格者数 19,454名  合格率 平均 55.0% ⇒詳細 
        (実地試験)受験者数27,846名 合格者数 10,,219名  合格率 平均 36.7% ⇒詳細 合格基準60%
              土木施工管理技術検定 2級試験結果 ⇒詳細
        (学科試験)受験者数33,992名 合格者数16,422名 合格率 平均48.3%  
        (実地試験)受験者数34,400名 合格者数10,273名 合格率 平均29.9%

今年の1級学科試験では、受験者に関しては合格者の年齢上昇と女性の割合の増加傾向が見られました。
学科試験に関しては、難易度の高い問題も多く、難化傾向があり、合格基準も公表値の39点(正答率6割)から
37点に下方修正されました。
      

※参考データ
・平成27年度土木施工管理技術検定 1級試験結果
          (学科試験)合格者数 19,551名  合格率 平均 54.6%
          (実地試験)合格者数 10,266名  合格率 平均 37.3%
・平成27年度土木施工管理技術検定 2級試験結果  
          (学科試験)合格者数 22,198名  合格率 平均 66.5%  
          (実地試験)合格者数 11,336名  合格率 平均 35.7%  
・平成26年度土木施工管理技術検定 2級試験結果  
          (学科試験)合格者数 15885名  合格率 平均 53.4%  
          (実地試験)合格者数  9554名  合格率 平均 33.5%  
・平成26年度土木施工管理技術検定 1級試験結果
          (学科試験)合格者数 19,389名  合格率 平均 58.5%  
          (実地試験)合格者数 11,064名  合格率 平均 39.5%  


【資格の難易度レベル・難易度ランキング】
土木の業界で働く人には、この資格は大変重宝され、評価されます。何故かと言えば、この業界には有資格者がいないと工事もできない法律があるからです。従って、この業界では土木施工管理技士の資格は、転職や就活においても有利で評価もされます。しかし、この資格は、受験をするのに実務経験が必要なので一般の人はほとんど受験できません。業界の人が、ステップアップを狙って受験する資格になっていますので、合格率も比較的高くなっていますが、2級でも以前ほどやさしい資格ではなくなってきています。特に実地試験は難解になっています。
  受験対策
 &
資格の将来性
この資格は建設業を営む場合に必要な資格の一つで1級と2級があり、2級土木施工管理技士は、中規模、小規模な土木工事現場の責任者です。

1級の合格率は平成18年度 51%、平成19年度 50.8%。また、学科試験と実地試験の合格率は、学科試験が40%前後、実地試験は約30%です。学科試験は、全体で6割以上得点すれば合格できます。定員制ではなく、合格基準点以上とれば合格できますが試験範囲が広いので効率のよい学習が必要になります。資格の難易度レベルは、一級建築施工管理技士とほぼ同じぐらいです。
2級は、学科試験、実地試験共に合格率が低下してきています。特に実地試験では、出題内容が実務的な問題に変わってきて、難易度を上げています。実務に直結した応用能力を判断する問題が出題される傾向にあるようです。
1級、2級共に技術系資格の中では比較的易しい方だと思われます。独学でも十分に合格できますので、出題範囲に合わせた幅広い分野の学習に取り組んでください。。

ただ、公共工事に求められる内容が多様化しており、経験記述も今まで以上に、より幅広い分野から出題される傾向にあり、これに伴い難易度も高くなってくると思います。経験記述は工事の内容などの専門的なことよりも、問題に沿って外れずに書けているかどうかが一番のポイントになります。過去問題をしっかりやると同時に、自信のない人は特に作文の練習を行うといいでしょう。
たとえば、施工管理法は3問について記述式で答える試験です。この中では自分の施工体験などの経験記述対策が重要になります。その他、施工計画・工程管理・品質管理など、各種の設問に対応出来るようにしておかねばなりません。
受験対策は、 受験用参考書や問題集が書店で手に入るので、これを使っての独学が一般的ですが、民間企業が行う通信講座もあります。現場経験が10年もあれば、最初から1級を目指してもいいでしょう。
この資格は、建設工事の現場監督として仕事をするために不可欠の資格で、工事に関する技術的知識と管理能力を備えた人材として確実にステップアップしていくことができ、土木建設業界で活躍するには、是が非でも欲しい資格です。また一方、企業にとっては土木施工管理技士の資格保持者の勤務者数がそのまま企業の評価となり、結果として受注の機会が増えるということもあり、有資格者に手当てを支給するところもあります。また、変わったところでは、自衛隊においては、施設科において幹部となるための必要資格になっています。

土木施工管理技士は建築業者なら絶対に欲しい資格なので、就職や転職、昇給・昇進にとても有利です。また近年は施工現場では施工計画や安全面、品質面、工程面などが重要視されているため、1級取得者で実務経験者は特に優遇されています。
また、技術者については、若年技術者確保や工事の増加への対応などの観点から、1級土木施工管理技術試験の受験資格である実務経験年数短縮など緩和を求める声が一部の建設業界から上がっています。
通信講座   土木施工管理技術士 通信講座一覧        
 通学スクール 土木施工管理技士 通学スクール・講座一覧 
 教材       
 売れ筋教材
問い合わせ先  一般財団法人 全国建設研修センター    http://www.jctc.jp/
 〒187-8540 東京都小平市喜平町2−1−2 1号館3F
  TEL042(300)6860  FAX042(300)6868
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.