電子メール活用能力検定


資格名                        (お知らせ)

「電子メール活用能力検定」および「EC実践能力検定」については、正式に平成28年度末(29年3月31日)をもって終了し、「日商PC検定」の知識科目(共通分野)に統合されました。

尚、統合に伴い、「電子メール活用能力検定」および「EC実践能力検定」の合格者は、平成28年1月から、「日商PC検定 知識科目」の免除制度の対象となりました。日商PC検定において「知識科目」の受験が免除され、「実技科目」のみで受験が可能になります。
   ※「日商PC検定」知識科目の免除制度の詳細については、以下URLで確認ください。
           「日商PC検定(2級・3級)」知識科目の免除について         
 資格の種類 公的検定試験         主催・認定  日本商工会議所
資格の概要  ここ数年で特に会計実務等において、パソコンソフト等の活用による電子会計が急速に普及しました。また、e−Taxによる電子申告・電子納税や、e文書法による帳簿や書類の電子保存など、ネット社会に対応した会計実務の知識やスキルが求められています。 そこで、日本商工会議所が企業、特に中小企業における電子会計の実践と人材の育成、さらには中小企業の会計指針の普及・定着を目的として開設、主催した資格試験が、この「電子メール活用能力検定」です。

今やビジネスでは必須の通信ツールとなった電子メールですが、大きなメリットがある一方でトラブルも少なからず発生します。セキュリティや送受信に関する問題、さらにメールでの表現が適切かどうかなど、知っておかねばならないこともたくさんあります。
この試験では、企業人として(ビジネスの現場で)電子メールを利用する上で、知っておくべき知識、必要とされる知識を中心に、各分野から問題が出題されます。
試験形式は、商工会議所の認定した「商工会議所ネット試験施行機関」 でいつでも受験できるインターネットを介してのWebテストです。

※この試験は、「若年者就職基礎能力支援事業(YES-プログラム)」が行われていた平成21年度までは、この事業の認定を受けて実施されていました。
試験方式  試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題をインターネットを介しダウンロードして実施します。試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行われ、結果が通知されます。
(試験開始の時間になれば試験の説明があります。その後、試験番号とパスワードを入力し、登録事項を入力したら各自で試験スタートです)

・出題方式
 ・正誤、三択および穴埋め選択問題  出題数50問/試験時間30分
 ・100点満点で80点以上が合格です
受験資格  制限なし、誰でも受験できます。
 試験科目 ●出題範囲と項目
以下の項目について、企業人として(ビジネスの現場で)電子メールを利用するうえで、知っておくべき知識、必要とされる知識が中心に出題されます。

@電子メールの概要と特徴
1.コミュニケーションツールとしての電子メール 
・インターネットと電子メール・通信手段としての電子メールの特徴・企業や学校での電子メールの利用状況 等 
2.他のコミュニケーションツールとの違い 
・電話との違い・FAXとの違い・手紙との違い 等 
3.ビジネスにおける電子メールの役割 
・効率化とメリット・リスクとデメリット 等 
A電子メールの送受信
1.電子メールの基本要素 ・宛先、CC・件名・本文・署名 等 
2.ビジネスメール基本形式 ・基本フォーマット(文書例)・連絡・問い合わせ・依頼・お詫び 等 
3.効率的な連絡方法 ・同報、CCの活用・ BCCの活用・ 転送と引用・返信と引用 等 
B電子メールの文書技術
1.電子メールで使用するビジネス文書の特徴 ・適切な文書、不適切な文書 等 
2.情報伝達の意味 ・情報の整理と構成 等 
3.簡略で読みやすい文章表現 ・標準的な文章・敬語表現・箇条書き 等 
4.誤解を生まない表現 ・情報の欠落、意味が複数にとれる文章・肯定文の利用・係り受け 等 
5.注意すべき表現 ・社名、氏名、敬称等について・社内用語、業界用語・不適切な表現・責任の所在の明確化 
6.効果的な情報伝達 ・テキスト文書の特徴・マルチメディアデータの扱い 等 
7.効果的に伝える文章表現 ・目的に応じた表現・タブや表の利用・行間と区切りの利用・顔文字など記号の利 C電子メールの仕組み
1.メールアドレス ・メールアドレスの構成・ドメインの意味・認証とパスワード 等 
2.ハードウェアとソフトウェア ・メールサーバー・パソコン、PDA、携帯電話・ メールソフト・Webメール 等 
3.データ形式 ・HTML形式・テキスト形式・添付ファイル・圧縮ファイル・解凍・ヘッダーの内容 等 
Dセキュリティ
1.ウイルスの認識と対策 
・メールによるウイルスの感染・感染予防と駆除・ ウィルスソフトの活用 等 
・パスワードの管理  
・サーバー側での防御 
E社会的なルールの遵守
1.関連法と遵守義務  
2.一般常識としてのルールとマナー  
3.利用規約の遵守  
4.企業、大学などでのルールと遵守
F電子メールの活用
1.メールの管理 ・メールの整理・保存とバックアップ・アドレス帳の管理 等 
2.メーリングリストによる情報共有
・メーリングリストの仕組み・参加と配信中止 等 
3.トラブル対応
 ・トラブルの種類・対応と報告 等 
4.コミュニケーション・リスクの対応
・コミュニケーション・リスクの理解・回避のための備え 等 
スケジュール  ・商工会議所ネット試験施行機関(試験会場)が試験日を決定します(随時施行)
※受験の申込みは、近くのネット試験会場に問い合わせのうえ、試験開催予定の会場で申し込みます。
※試験会場を探す場合は申込フォームから必要事項を記入の上送信してください。
試験会場  ・試験日は、各ネット試験会場が決定します。
・商工会議所の認定した「日商ネット試験(日商PC以外)施行機関リスト」
受験料  ・3,090円(消費税込み)
資格 難易度  ・難易度 「C」やや易
・合格率 非公開    ※50%前後(予想)
  受験対策
  &
資格の将来性
この試験のように合格基準が80%以上の試験はあまりなく、基準点が非常に高く、得点が必要になるため、意外と落ちる人が多い試験です。

試験の対策は、「日本商工会議所 電子メール活用能力検定試験公式テキスト」 が中心で、これをベースに取組むのが堅実です。公式テキストを、徹底的に読み、章の最後に掲載されている確認テストで100% 正解するまでやれば、まず問題ないでしょう。特に、自分の弱点と思われる分野をなくすように勉強することが大事です。
他に必要なことは、パソコンの電子メールソフトをどんどん利用して操作に慣れておくことぐらいでしょう。

試験の難易度レベルと勉強について(目安)
・電子メールの知識については少し知っていても勉強は必要です。初心者向けの試験。
・初心者でも独学で約1週間しっかりと勉強すれば合格できるレベル。
・勉強は電子メール活用能力検定試験学習ガイドをよく理解しながら読むことです。
・使える教材:日本商工会議所電子メール活用能力検定試験学習ガイド
通信講座   -
通学スクール   -
教材 日本商工会議所電子メール活用能力検定試験学習ガイド(公式テキスト)
問い合わせ先  ・日本商工会議所     TEL:03-5777-8600
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル

・受験希望地の商工会議所
検定情報ダイヤル:03-5777-8600
URL:http://www.kentei.ne.jp/
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.