電気主任技術者


資格名 電気主任技術者 
 資格の種類 国家資格  1種、2種、3種の種類のある必置資格。
資格の概要  高圧の電気設備工事や電気設備の維持・運用に関する監督を行うための資格で、電験(でんけん)と略称されます。監督できる範囲によって第1種から第3種に分かれます。一定以上の電気を利用す る工事現場や工場などの建築物で、一般の事業所は第3種、大規模な需要設備がある事業所は第2種、発電所などを有する電力会社などでは第1種の資格者を選任することが義務付けられています。電気主任技術者は社会的評価が高い資格と言えます。
中でも、第三種電気主任技術者試験は「電気事業法」に基づいて実施されている国家試験です。この試験は「電気工作物の工事、維持及び運用の保安に関して、必要な知識及び技能」について実施されますが、試験の程度は工業高等学校の電気科を卒業した程度の学力が必要です。試験の合格者は電気技術者試験センター事務局に免状を申請することにより第三種電気主任技術者免状が交付されます。

電気主任技術者は、電気設備・電気工作物における維持・管理・運用に関する保安監督者。第一種、第二種、第三種に分かれて、種類により扱える設備が違う。一種は電力会社、二種は大規模な需要設備がある事業所、三種は一般事業所など。
電気主任技術者の主任技術者免状にはそれぞれ記載した範囲の電気工作物について選任をうけ、電気的設備の工事、維持及び運用に関する保安の監督ができる。
・第一種電気主任技術者免状:すべての事業用電気工作物
・第二種電気主任技術者免状:170,000V未満の事業用電気工作物
・第三種電気主任技術者免状:50,000V未満の事業用電気工作物(出力5,000kW以上の発電所を除く)
電気主任技術者資格と電気工作物の範囲の詳細はこちらで確認ください。

※「電気主任技術者」、「電気工事士」、「電気工事施工管理技士」の違いについて
・電気主任技術者
事業用電気工作物の設置者が、電気事業用または自家用の電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるために選任するもの。第1種、2種、3種があり、主に電圧により保安の監督のできる範囲が決まっています。電気関係法令に照らして、点検、試験、検査し設置者に報告し、不具合があれば設置者に是正を求めますが、電気工事や関連作業はできません。
・電気工事士
電気工事士は実際に工事ができる資格です。第2種電気工事士は一般用電気工作物、第1種電気工事士は一般用電気工作物のほかに、高圧で受電する需要設備500kW未満の自家用電気工作物の電気工事ができます。
・電気工事施工管理技士
この資格は、主に施工上の管理力を問われる資格です。電気工事を実施するに当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに工事の工程管理、品質管理、安全管理等、工事の施工管理を適確に行うために必要な技術を求められる資格です。そのため、実務経験が問われることもあり取得しにくい資格です。また、この資格も電気工事はできません。

◆ 電気主任技術者資格関連情報
2015年度 技術系資格試験「受験者数ランキング」
   資格名 受験者数(人)  備考
 1位 危険物取扱者 401,000 電気工事関連の資格と、土木施工管理技士資格の受験者数伸び率が大きい。
共に、」対前年比+10%前後。
 2位 電気工事士 156,500
 3位 消防設備士 84,800
 4位 土木施工管理技士 69,100
 5位 電気主任技術者 63,300
試験方式  第一種、第二種は1次試験、2次試験があります(いずれも筆記試験)。 第三種は一次試験のみです。

【第一種・第二種】1次試験
一種試験はマークシートに記入する多肢選択方式とマークシートによらない記述式
二種試験はマークシートに記入する多肢選択方式
※1次試験は科目別合格制度が設けられており、一部の科目に合格した人は、その年を含めて3年以内に残りの科目に合格すれば二次試験を受験することができます。
【第一種・第二種】2次試験
一種試験、電験二種試験とも記述式
※2次試験でその年の試験に不合格になった場合でも、次年度は1次試験を免除され、2次試験を再度受験できます。この試験に合格すると構内/構外のすべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督ができるようになります。

【第三種】1次試験
・第三種試験はマークシートに記入する多肢選択方式
※第三種及び第一種又は第二種と併願も出来ます。
受験資格  ・試験は誰でも受験可能
・二次試験は同じ年度の一次試験の合格者及び一次試験免除者(前年度の一次試験合格者)のみ受験することができます。
 試験科目 ・第一種、第二種:
一次試験4科目(理論、電力、機械、法規)と二次試験2科目(電力・管理、機械・制御)
・第三種:
一次試験4科目(理論、電力、機械、法規)

<第一種、第二種>
●一次試験科目(試験科目は4科目)
1.理論 @電気理論、A電子理論、B電気計測、C電子計測
2.電力 @発電所・送電所の設計・運転、A送電線路・配電線路の設計・運用・材料知識
3.機械 @電気機器、Aパワー・メカエレクトロニクス、B電動機応用、C照明、D電熱、E電気化学、F自動制御、
Gメカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
4.法規 @電気法規(保安に関するものに限る)・電気施設管理
※1種は各科目A問題4題 B問題2題  2種は各科目A問題4題 B問題3題
※科目別合格制なので有効期限の3年間を使って勉強する方法も採れます。
●二次試験(試験科目は2科目)
1.電力・管理 @発電所・送電所の設計・運転、A送電線路・配電線路の設計・運用・管理
2.機械・制御 @電気機器、Aパワー・メカエレクトロニクス、B自動制御・メカトロニクス関連
※電力・管理6題中4題を選択 機械・制御4題中2題を選択
※科目別合格制度はありませんが、一次試験合格年度に不合格でも翌年度は一次試験が免除されます。

<第三種>一次試験のみ
●一次試験科目(試験科目は4科目)
1.理論 @電気理論、A電子理論、B電気計測、C電子計測
2.電力 @発電所・送電所の設計・運転、A送電線路・配電線路の設計・運用・材料知識
3.機械 @電気機器、Aパワー・メカエレクトロニクス、B電動機応用、C照明、D電熱、E電気化学、F自動制御、
Gメカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
4.法規 @電気法規・電気施設管理
※試験は科目別で合否が出ます。科目合格者にはその後2年間の合格科目が免除されます。

<第一種・二種>
・一次試験の結果は科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば第一種・第二種試験の一次試験に合格となりますが、一部の科目だけ合格した場合には科目合格と なって、翌年度及び翌々年度の試験では申請によりその科目の試験が免除されます。3年間で4科目の試験に合格すれば二次試験の受験資格が得られます。
<第三種>
・試験の結果は科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば第三種電気主任 技術者試験合格となりますが、一部の科目だけ合格した場合には科目合格となって、翌年度及び翌々年度の試験では申請によりその科目の試験が免除されます。3年間で4科目の試験に合格すれば第三種電気主任技術者免状の取得資格が得られます。
スケジュール  ・申込受付:受付期間が郵便窓口受付の場合とインターネット受付で違いますので注意要。
・試験日:9月上旬(第1種・第2種1次試験と第3種試験共通日)  
      11月下旬(第1種・第2種の1次試験合格者を対象にした2次試験)
受験申込書・受験案内については、財団法人電気技術者試験センターで無料で配布


平成29年度電気主任技術者試験日程(第一種・第二種・第三種)
試験会場    東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、福岡、那覇
 受験料 ●第一種・二種
 ・12,800円(郵便による申込み)  ・12,400円(インターネットによる申込み)
●第三種
 ・5,200円(郵便による申込み)   ・4,850円(インターネットによる申込み)
資格 難易度  ●難易度
・第一種 「A」 難関     ・第二種 「A」 難関    ・第三種 「B」 普通
●合格率  平成28年度電気主任技術者試験結果
     第一種(一次試験)合格率 21.8%(4科目合格)  合格者数331名  ⇒詳細
     第二種(一次試験)合格率 22.3%(4科目合格)  合格者数1,456名 ⇒詳細
     第三種 合格率 8.5%(4科目合格)  受験者数46,552名 合格者数3,980名 ⇒詳細
   
※参考データ
・平成27年度電気主任技術者試験結果
     第一種(一次試験)合格率 25.7%(4科目合格)  合格者数401名 
     第二種(一次試験)合格率 24.3%(4科目合格)  合格者数1,557名 
     第三種 合格率 7.7% 合格者数3,502名 
・平成26年度試験結果
     第一種(一次試験)合格率 20.6%(4科目合格)  合格者数337名  
     第二種(一次試験)合格率 23.9%(4科目合格)  合格者数1,595名
     第三種 合格率 8.4% 合格者数4,102名 
・平成25年度試験結果
     第一種(一次)合格率 23.3%(4科目合格)  合格者数379名  
     第二種(一次)合格率 24.0%(4科目合格)  合格者数1,550名 
     第三種     合格率 8.7%(4科目合格)   合格者数4,311名 
 受験対策
 &
資格の将来性
  
強電系の最高峰の難関資格と言われ、試験のレベルは、第一種が大学の電気系学科、第二種が高専・短大、第三種が工業高校卒業程度を対象としているが、試験は誰でも受験することができます。
第三種を例にとると、試験レベルは工業高校程度とされてはいますが、かなり難度が高い試験で、実際には大学卒でも、合格するのは難しい試験です。
試験対策は、参考書や問題集を使って学ぶのが一般的です。広い範囲から専門的な内容が出題され、計算問題の割合も多いので十分な準備が必要です。
中でも、難解な科目は「機械」でしょう。電気や電力は比較的簡単で、法規は試験直前の集中勉強でカバーできます。この試験は、平均的に過去問からの出題が多いため、合格を目指すのであれば、過去10年分の過去問は必ずこなしておかなければなりません。また、10年分の過去問をやることで出題傾向もつかめてきます。電験は過去問を完全に理解することが合格への近道です。さらに、できれば受験スケジュールを3年程度の長期に設定して、1年に2科目制覇するつもりで勉強すれば良い結果が得られると思います。
科目面では、数学が得意な人は非常に有利な資格です。なぜなら、電気そのものの知識より数学が合否を決めると言っても言い過ぎではないほど数学重視の試験だからです。
しかしながら、問題のレベルは電気科高校卒業レベルで、解答もマークシート形式の多肢選択なので、しっかりと試験対策さえしておけば誰でも合格を目指せる資格だと言えます。

第二種試験の場合は、1次試験は2次試験の準備・足切り試験のようなもので、本番は2次試験にあります。そして、2次試験では「機械・制御」の科目が一番の重点科目になります。本番では試験時間が短く、必ず試験時間が足りなくなりますので、その辺を考慮した受験対策を考えておくことが良いでしょう。
第一種試験対策は、基本的には二種の過去問の完全解答から始めた方がいいでしょう。理論も大学レベルになり、「超」がつくほどの難関試験になりますが、試験対策は、これも10年間の「過去問を繰り返し解く」ことで、傾向をつかむことが大切な対策になります。
また、第一種試験は、かつては全国で20人程度の合格者しかでなかったこともあり、司法試験よりも難しい資格と言われたこともあるくらいに難易度が高い試験です。出題は2種と比べて計算問題が少なく、平均して論述問題が多くなります。論述問題では総合的な知識を要求されます。
試験対策は過去問中心になりますが、過去問が全て解けるようになっても、過去問と同じ問題が出ることはないので、最低10年分はこなして、理解しながら解けるようにしておくべきです。
第三種試験では、理論はほとんどが計算問題ですが電力、機械は知識問題も多く得点源になります。そのため、知識問題を落とすと致命傷になるので、計算問題に自信がない人は知識問題を確実に押さえなければなりません。
三種の資格取得者は発電所や変電所、工場などの電気設備の保安監督者として従事できます。

尚、この資格は大学の電気工学科を卒業して所定の実務経験を積むと1年で取得できる「認定」の道があります。
実際、1種、2種の電気主任技術者で、職場にいる多くの人は、この「認定」資格者が多いのが実状ですが、この「認定」資格の取得が簡単というわけではありません。「認定」も審査が非常に厳しく、申請して簡単に取れるものではありませんが、資格取得には2通りの道があるということです。

※電気主任技術者は、工場では必ず必要であり、有資格者は待遇が良く、社会的評価も高い国家資格です。
※第3種電気主任技術者(電験3種)はビルや工場の高圧電気の管理・保全をするための資格です。
電験3種を取得すると、電圧が5万ボルト未満の電気工作物の電気主任技術者になれ、電気工事の業界では、電験3種をもつことが一つのステータスになっています。また、電験3種があれば、ほとんどの工場やビルで電気主任技術者になれるため、建物がある限り電験3種保有者の仕事もなくならないと言われています。
通信講座   JTEXの技術系通信教育講座(電験三種)    
JTEXの電験二種合格講座
           
通学スクール  電験研修センターの講座
教材 
売れ筋教材  「電気主任技術者」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  財団法人電気技術者試験センター   http://www.shiken.or.jp/
〒104-8584 東京都中央区八丁堀2-9-1 RBM東八重洲ビル8F
 TEL03(3552)7691
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.