.com Master(ドットコムマスター)


資格名 ドットコムマスター   試験名:インターネット検定(.com Master) 
 資格の種類 民間資格
資格の概要  NTTコミュニケーションズはインターネット検定「ドットコムマスター(.com Master)」において、2013年10月より認定資格レベルを2段階に再編し直し、初心者もより受検しやすい内容へリニューアルしました。
資格のランクは、中級・上級レベルの資格として「ドットコムマスター アドバンス」が新設されました。なお、初級レベルの資格である「ドットコムマスター ベーシック」は継続されました。
また試験の実施は、全国100カ所以上の会場で随時受検可能なコンピューター形式の検定(CBT)として一本化され実施されるようになりました。試験内容も改訂され、スマートフォン・タブレット端末などモバイル環境やクラウド関連の新技術、セキュリティリスクへの対応など、ICTのスキルアップに役立つ最新の知識・技術も網羅されています。

この試験はNTTコ ミュニケーションズが2001年に開始したインターネットの利用拡大を目的とし資格試験。インターネットに関するIT技術者の基礎知識の向上と、インターネットの利用拡大を目的にしたものです。特定のメーカーやソフトウェアに特化しない総合的な資格で、自己啓発や就職の際にも幅広く役立つだけでなく、ITスキルを客観的に証明できることで注目されている資格試験です。
主にインターネットに関する技術やPCやサーバーとの関連、セキュリティ、応用ビジネス、法規などを幅広くカバーし、クラウドにスマートフォンやタブレット端末、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアなど、最新のICT技術やサービスを反映し、実践的で実用的な知識を習得できる試験になっています。。

現在、ドットコムマスターにはICTを安心・安全に利用できる初級レベルの資格「ドットコムマスター ベーシック」、個人や企業のICT活用をサポートできる中級・上級レベルの資格「ドットコムマスター アドバンス」の2つの資格があり、目的に合わせて選べるようになっています(下表参照)

 
 
「.com Master Basic(ドットコムマスターベーシック)」

  ・対象:学生・社会人・一般
 インターネットを安心・安全に使うことができる。
 インターネットを利用する上で必要なリテラシーを身に付けている。
  「.com Master ADVANCE」
 (ドットコムマスターアドバンス)

(得点結果に応じて認定)
・中級レベル
「ドットコムマスター アドバンス シングルスター」
・上級レベル
「ドットコムマスター アドバンス ダブルスター」
中級レベル
  「ドットコムマスター アドバンス シングルスター」

 ・対象:会社員や学生
適切にICTを利用でき、初心者などへ利用指導ができる
上級レベル
  「ドットコムマスター アドバンス ダブルスター」

 ・対象:企業の情報システム部門の担当者
 組織やグループでICTを利用する仕組みを作り管理でき、社員や委託先を指導できる。
※2014年1月現在、受検申込者数は累計で約40万人に達しました。(資格取得者8万人以上)

ドットコムマスターは現在、多くの企業で奨励資格になっており、全国の自治体なども取得を推奨・活用しています。また大学・専門学校のカリキュラムにも採用されるなどで、多くの資格取得者がビジネスの現場で活用しています。
また、試験の出題範囲を分野ごとに系統的に解説した受験学習用の公式テキストや問題集などの副教材も揃っており、効率的な学習が行えるよう準備されています。
試験方式  ペーパー形式の定期検定を廃止し、全国140カ所以上の会場で随時受検可能なコンピューター形式の検定試験に一本化されました。

【ベーシック】
・試験方法:コンピューター受検(CBT:Computer-Based Testing) パソコン入力による回答(選択式)
・検定時間:45分 出題数:50問
・合格基準:総合得点70点以上(100点満点)
・結果発表:検定終了後、即時(その場ですぐに合否を確認できます。)

【アドバンス】
・試験方法:コンピューター受検(CBT:Computer-Based Testing) パソコン入力による回答(選択式)
・検定時間:80分 出題数:70問(1,000点満点)
・問題内訳: シングルスターレベル 50問(700点満点) ダブルスターレベル 20問(300点満点)
・合格基準:
  アドバンス シングルスターの場合
    【採点対象】 50問(700点満点)<内訳>シングルスターレベル:50問(700点満点)
    【総合得点】 460点以上
    ※各出題分野別に必須得点あり
  アドバンス ダブルスターの場合
    【採点対象】 70問(1000点満点)
            <内訳>シングルスターレベル:50問(700点満点) ダブルスターレベル20問(300点満点)
    【総合得点】 700点以上
    ※ただし、問題レベルに関わらず総合得点で判定する
・結果発表:検定終了後、即時(その場ですぐに合否を確認できます。)
受験資格  学歴・年齢・性別に関係なく、誰でも受験できます。

※.com MasterBASICに合格していなくても、.com MasterADVANCEを受検することは可能です。
また、.com Master BASICに合格していなくても.com Master ADVANCEは得点結果に応じて★(シングルスター)合格か★★(ダブルスター)合格かが決まります。
 試験科目 【出題分野】
・.com Master Basic
  @情報機器の活用 Aインターネットへの接続 Bインターネットの活用 Cインターネットの安全性・モラル
・.com Master ADVANCE
  @インターネットの基本技術 Aインターネットへの接続 Bセキュリティ 
  Cサービス(Webブラウザとメールクライアント含む)の利用と法律
スケジュール  随時受検可能(自分の都合に合わせて日程を選択できます)
  ⇒受験の申込み
試験会場  【アドバンス】
全国47都道府県・100ヶ所以上(自分の都合に合わせて会場を選択できます。)
プロメトリック株式会社の公認テストセンター

【ベーシック】
全国47都道府県・140ヶ所以上(自分の都合に合わせて会場を選択できます。)
プロメトリック株式会社の公認テストセンター
株式会社CBTソリューションズの公認テストセンター


(CBT試験画面のイメージや操作方法を確認できます)
受験料  【ベーシック】 4,320円(税込)
【アドバンス】 8,640円(税込)
資格 難易度  ・難易度  ベーシック 「C」やや易  
       アドバンスシングルスター  「C」やや易   
       アドバンスダブルスター    「B」普通 
・合格率  非公開

※参考 旧検定試験の結果(NTTコミュニケーション公式発表データ
・ベーシック: 合格率 60.1%  申し込み者数、受験者数は非公開
・シングルスター
年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率 合格倍率
第17回(平成21年度) 1,716 1,482 540 36.4% 2.74倍
・ダブルスター 
年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率 合格倍率
第17回(平成21年度) 632 501 111 22.2% 4.51倍
・トリプルスター:非公開      
受験対策
 &
資格の将来性
「インターネット検定(.com Master)」は、2001年からNTTコミュニケーションズが実施しているインターネットの利用拡大を目的とした民間資格試験。実際の仕事で活用できる知識についてのレベル認定試験です。
インターネット検定(.com Master)の問題は、最新の公式テキストから出題されます。受験する人は、まず公式テキストでしっかり学習することが合格への最短距離になります。
IT知識がそれほどない人でも、基礎が学べる知識があれば、ベーシックなら150時間、約2ヵ月もあれば合格できます。ただシングルスターになるにはもっと長い時間の勉強が必要です。 
この試験は、幅広い年齢層の方がチャレンジし、資格を取得しているのが特徴です。さらに上を目指す人は、ITパスポート試験のワンステップに受験するのもいいと思います。ただ、履歴書に記載するためには、ダブルスターは欲しいところです。

【ベーシック】
インターネット全般の基礎知識が問われるような試験ですので、いつもインターネットを活用している人なら、特に対策しなくても答えられると思います。他のベンダー系資格所持者や MS系で言えば、MCA取得レベルの知識がある人なら、ほとんど勉強しなくても合格できる試験です。
無勉でも楽勝だと思います。

【アドバンス シングルスター】
アドバンス シングルスターでは、CompTIAやITパスポートに比べ、インターネットを活用する現代の ビジネスにより実務的な問題が出題されています。たとえば、インターネット接続時のトラブル対応やメールの使用方法、セキュリティ、著作権などまで問われます。
試験の難易度は、ITパスポートや基本情報技術者午前試験に合格できる力があれば、問題ないレベルでしょう。
尚、シングルスターのあとダブルスターの試験が続きます。ここでダブルスターを辞退しても受験料は安くなりませんので、受けておいたら良いと思います。ただ、シングルスターで460点以上取得していないと、全体で700点超えてもダブルスター合格にはならないようなので注意が必要です。
技術系分野での就職を目指そうとする学生などには、入り込みやすい内容で、比較的取得しやすい資格だと思われます。
【アドバンス ダブルスター】
この試験は、ある程度の知識が必要な中級者向け試験、といったところです。以前の旧ダブルスターと比較すると、試験範囲も試験の内容も簡単になり、だいぶん易しくなっています。難易度は「旧シングルスター+α」といったところで、ITパスポートより難易度は高いようです。ただ、問題は公式テキストからしか出題されていないようなので、しっかり勉強すれば合格できるレベルです。プロトコルやルーティング方法、ファイアウォールの考え方やネットワーク機器の設定など、理論的なしくみや技術などについて詳しくつかんでおく必要があります。
.com Master ADVANCE 公式問題の内容が理解でき、問題につまづくことがないようなら、公式テキストと問題集のみで十分に合格を狙えると思います。特に問題集は集中してやっておくと良いでしょう。
通信講座   .com Master ADVANCE検定対策通信講座(★対応)
.com Master ADVANCE検定対策通信講座(★+★★対応)
通学スクール  .com Master ADVANCE受験対策セミナー
 eラーニング .com Master ADVANCE受験対策eラーニング講座
 教材
 売れ筋教材 「インターネット検定」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  プロメトリック(株)    http://www.com-master.jp/application/
 〒104-0033  東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー15F  TEL0120(387)737
            
.com Master  公式サイト http://www.com-master.jp/ 
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.