資格名

ビジネス統計スペシャリスト 

資格の種類民間資格
主催株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
資格の概要

「ビジネス統計スペシャリスト」は、2017年4月に誕生したばかりのOdyssey系のCBT試験で、エクセルによるビジネスデータ分析のスキルを証明する試験です。試験には、基礎レベルの「エクセル分析ベーシック」と上位レベルの「エクセル分析スペシャリスト」の2種類があります。

・ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析ベーシック(基礎レベル)
エクセル分析ベーシックは、平均値や標準偏差など、ビジネスデータの基本的な情報を把握したり、エクセルのグラフ機能や関数を使用してデータの傾向や相関関係などを発見・分析する基礎的な分析スキルを評価する試験科目です。

・ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)
エクセル分析スペシャリストは、確率分布や標本分布、仮説検定・推定、相関分析・回帰分析などの統計分析理論と、Excelの分析ツールを活用してビジネスデータを分析する実践力を評価する試験科目です。

※履歴書の記載例:
  ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析ベーシック取得
  ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト取得

スポンサーリンク



試験方式

●コンピューター上で実施するCBT形式です。
【エクセル分析ベーシック】
・試験時間:60分
・出題数:40問前後(出題形式は択一問題、穴埋め問題です)
・合格基準:700点(1000点満点)
【エクセル分析スペシャリスト】
・試験時間:60分
・出題数:30問(知識編20問、操作編10問)
・合格基準:700点(1000点満点)
※出題形式は択一問題、穴埋め問題ですが、試験問題は、統計の基礎知識を問う知識編とエクセルの実技操作を伴う操作編が出題されます。知識編は択一問題に解答しますが、操作編はエクセルを操作してデータを分析し、分析結果をもとに択一問題または数字や文字を入力する穴埋め問題に解答します。
(注意)
Excelの操作編の問題ではExcel2010、Excel2013、Excel2016のいずれかを使用します。Excelバージョンは、受験する会場により異なりますが、操作性に大きな違いはありません。

受験資格

【エクセル分析ベーシック】/ 【エクセル分析スペシャリスト】共通
受験資格は特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。但し、試験当日に小学生以下の方は、保護者の同意が必要になります。
※再受験する場合
(1)同じ科目を2回目に受験する場合、前回の受験から1日(24時間)待つ必要があります。
(2)3回目以降の受験は、前回の受験から2日間(48時間)待つ必要があります。

試験科目

【エクセル分析ベーシック】
  ・ビジネスデータ把握力:平均/中央値/最頻値/レンジ/標準偏差
  ・ビジネス課題発見力:外れ値の検出/度数分布表/標準化/移動平均/季節調整
  ・ビジネス仮説検証力:集計/散布図/相関分析/回帰分析/最適値
【エクセル分析スペシャリスト】
  ・操作編:基本統計量/一元配置分散分析/平均値の差の検定(t検定)/相関分析/回帰分析
  ・知識編:母集団とサンプリング/データのまとめ方/確率分布と標本分布/検定と推定/相関と回帰

スケジュール

【エクセル分析ベーシック】/ 【エクセル分析スペシャリスト】共通
・試験の申込み:試験は最寄りのOdyssey CBT会場で受験できます。
・試験結果:結果(合否)は試験終了直後にコンピューターのモニターに表示されます。終了後、「試験結果レポート」が渡されます。
・合格証:合格者には、受験から約4週間で合格証が郵送されます。

試験会場

【エクセル分析ベーシック】/ 【エクセル分析スペシャリスト】共通
・試験実施日や申込み方法は、試験会場に確認ください。
※受験には「Odyssey ID」の登録が必要です(無料)。事前に登録を済ませてから試験会場に来てください。
  ⇒Odyssey IDの登録
・試験会場の試験実施日を検索できます。⇒試験会場を検索して探す

受験料

【エクセル分析ベーシック】
一般価格6,480円(6,000円+消費税)
割引価格4,320円(4,000円+消費税)
【エクセル分析スペシャリスト】
一般価格10,584円(9,800円+消費税)
割引価格8,640円(8,000円+消費税)

※どちらも割引価格はMOS、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験、ビジネス統計スペシャリストの資格を1つでも取得している方と試験当日に学生の方に適用されます。
※割引価格の利用方法は「割引受験制度」を参照ください。

資格難易度

●難易度
  エクセル分析スペシャリスト 「B」普通  
  エクセル分析ベーシック   「C」やや易   
●合格率:  -

【資格の難易度レベル】
・エクセル分析ベーシック
ビジネスで活用するデータの基本的な知識とExcelを使用してデータ分析する方法に関する基礎的な試験なので、義務教育で習う算数・数学レベルを習得していれば、十分理解して実践できる内容です。
・エクセル分析スペシャリスト
一般のビジネスの場で必要なデータ分析の実践力を評価する試験なので、エクセルを活用したデータ分析技能と、その分析結果を正確に理解し応用する能力が求められます。そのため、統計学をまったく勉強したことがない人には、操作編の問題などは難しいかも知れません。統計検定2級くらいの難易度と判断します。



受験対策&
資格の将来性

【エクセル分析ベーシック】は、初級レベルの試験ですが統計学の理論だけでなく、実際にエクセル関数やグラフ機能などを使って分析力を測定するための試験なので、データ分析業務を担当されている方や、統計学を勉強しておられる方、これからエクセルのデータ分析スキルを身に付けたい方などには最適な試験だと思います。
特に、ビジネスマンなら万人が受験すべき試験であり、新人研修などで企業が利用するのにも大変役立つ検定試験だと思います。試験対策は、出題が公式テキスト(問題集)の章末の練習問題の類似問題が多いため、練習問題を繰り返しやっておくと良いと思います。

【エクセル分析スペシャリスト】では、知識問題とエクセルの実技操作を伴う操作問題が出題されます。知識問題は択一問題ですが、操作問題はエクセルを操作して図や表を作成し、関数を使って計算を行い、データを分析し、分析結果をもとに択一問題または数字や文字を入力する穴埋め問題に解答する形式になっているため、エクセル操作も行なわねばならないので、統計学の知識だけでは合格できない実践的な検定試験です。
この試験の対策も、公式テキストを十分に読んで章末問題を確実に解けるようにすることと、十分データ分析操作の練習をして、数値の読み取りができるようにしておくことです。ベーシックと同様、公式テキスト(問題集)の章末の練習問題や類似問題を確実に解けるように力をつけておくことが合格の近道です。

通信講座

-

スクール

総務省統計局主催の「社会人のためのデータサイエンス入門講座」

オンライン学習

-

教材

ビジネス統計スペシャリスト

売れ筋教材

-

問い合わせ先

・問合わせ:オデッセイ コミュニケーションズ カスタマーサービス
        TEL:03-5293-1881(平日10:00~18:00)
・株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
Tel 03-5293-1888(代表)  Fax 03-5293-1887

スポンサーリンク