ビジネスコンプライアンス検定


資格名
 資格の種類 民間検定試験    主催 サーティファイ コンプライアンス検定委員会  後援 新日本有限責任監査法人
資格の概要  企業倫理や企業の社会的責任をはたすための基盤となる法令知識、ならびに倫理法令順守精神を有する人材の育成を目的に、平成17年8月より始まった試験です。
企業活動に必要なコンプライアンス経営(法令・ルール・倫理等)の根幹となる法律知識と実践的な価値判断基準を有する人材の育成は最も重要であり、そのための知識の習得を目的としています。
そのため検定では、これらに必要な法令・倫理などについて、その理念と目的の理解度、価値判断基準、対応能力などを認定しています。
最近は企業だけでなく、企業に属するビジネスマンの倫理法令順守に関する事件が増えているため、コンプライアンスの知識や理念、能力を持っている人材へのニーズは非常に高まっています。そのため、一般企業だけでなく、銀行や保険会社、金融会社など財務・金融関係の業種では特に就職や転職において有利なることが予想されます。
尚、平成23年度末時点での年間受験者数は14.7万名、公開試験と合わせたのべ受験者数が、平成23年度に239万人を突破しました。

※試験は上級と初級に区分されています。
※一般の人を対象として全国一斉に実施する公開試験と、企業や教育機関等の団体単位で任意の日時に実施する団体受験制度があります。
※上級と初級の認定基準
初級  コンプライアンス経営のもとで、ビジネスパーソンとして日常業務を遂行する際に必要となる基礎的な法律知識と価値判断基準を有し、経営理念や社内規範、社会通念に基づく健全な行動をとることができる。
 上級  コンプライアンス経営の推進者および主体者として日々の業務課題の解決に取り組み、具体的な事例について解決手段や対応策を意思決定することができる。また、コンプライアンス経営の根幹となる高度な法律知識と実践的な価値判断基準を有する。
試験方式  ●初級 :筆記試験  多肢選択問題(マークシート)   試験時間60分 出題数40問
      正答率 65%以上で合格
●上級 :筆記試験  多肢選択問題(マークシート)および記述式
              試験時間120分  出題数 多肢選択問題 40問 記述式 1問
      正答率 70%以上で合格
※上級記述問題の採点は、多肢選択問題の正答率が60%以下の場合は実施されません。
受験資格  制限・条件は特になし。誰でも受験できます。
 試験科目 ●初級:ビジネスパーソンとしてのコンプライアンス行動において必要とされる
 (1) コンプライアンスに関する基礎的な知識
 (2) コンプライアンスに関連する基本的な法律知識
 (3) ビジネスシーンにおける健全な価値判断基準  
              について、多肢選択式問題として出題。

●上級:コンプライアンス経営の推進者として必要とされる
(1) コンプライアンスに関する実践的な知識
(2) コンプライアンスに関連する高度な法律知識
(3) ビジネスシーンにおける高度な意思決定基準  
        について、事例問題を含む多肢選択式問題として出題。

※初級・上級の出題項目については公式サイトで確認ください ⇒出題項目の詳細
スケジュール  ・申込期間:試験日の3週間前まで
・試験日:年2回(8月の第1日曜日 2月の第1日曜日)

平成29年度ビジネスコンプライアンス検定公開試験日程
 試験会場  札幌、仙台、東京、横浜、新潟、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡 
※正式な受験会場は試験1週間前に受験申込者に直接連絡があります。
公開試験予定会場
 受験料 ・ 初級 5,300円  ・上級 7,700円(各税込)
※申込方法は、Web申込みと郵送による申込みがあります。
※受験申込み方法は「公開試験申込の流れ」を確認下さい。
資格 難易度  ・難易度: 初級 「C」やや易  上級 「B」普通    
・合格率  最近の合格率 初級 42.7% 上級 25.3%
        累計受験者人数 18,167名(平成28年3月31日)

※参考データ
・平成27年度合格率  初級 61.0%
・平成26年度合格率  初級 42.7%
  受験対策
 &
資格の将来性
この試験は、健全な企業・組織活動を推進するために必要となるコンプライアンス経営及びコンプライアンス行動(法令・ルール・倫理等)について、その理念と目的の理解度、価値判断基準、および個々の対応能力を認定するものであり、経済社会のさまざまな問題を解決するスキルを測ることができます。
初級では、ビジネスパーソンとしてのコンプライアンス行動において必要とされる基礎的な知識、法律知識、ビ​ジ​ネ​ス​シ​ー​ン​に ​お​け​る健全な価値判断基準などの出題が主になります。

上級では、そこからさらに一歩踏み込んだ内容になり、 より実践的で高度な問題が出題されます。
出題基準は、コンプライアンス経営の推進者として必要とされる実践的な知識、高度な法律知識、高度な意思決定基準であり、事​例​問​題​も​含​め​て​出​題​さ​れ​る​。管理職候補や、経営者として活動される方はぜひ取得するとよいスキルの一つと言えます。

この試験は2005年の創設で、まだ新しい試験であるが、認定者に対する企業の求人マインドは強いので、ビジネスマンや就職を考えている学生などは、実務経験も必要なく、合格率は初級で5割強と難易度もそれほど高くないので、初級から挑戦してみることをお薦めします。
内容的には、必ずしも仕事で活かされるとは限りませんが、ビジネスマンならば誰でもが知っておきたい、また知っておかねばならない内容なので、個人の意識向上という面からもこの検定試験を受験する意義はあるはずです。
取得できれば資格給などが期待できるほか、転職の際にも武器となります。そういう意味では、挑んで損はないと言えるでしょう。企業内での自分の価値を高めたい人はもちろん、独立などを目指し、一歩上の資格に挑む場合にも、これらの資格を取得するために努力し、専門性の高い実務経験を積んでいくことは、必ずプラスになるはず。特​に​、​銀​行​や​保​険​会​社​、​金​融​会​ 社​な​ど​財​務​・​金​融​関​係​の​業​種​で​は​さ​​活​躍​で​き​る​と思います。​

・受験者の属性(職業)
   初級 上級  計 
 就労者  78.9% 85.3% 81.1%
 学生  6.3 2.1  4.8 
 その他  14.8 12.6  14.0 
・受験者の年齢(第2回試験)
   初級 上級  計 
 20代 21.1% 12.6% 18.3% 
 30代 36.7  31.5  34.9 
 40代 26.7  32.2  28.6 
 50代以上 15.6  23.8  18.4 
 ※年間受験申請者 約17万人  累計受験者数 14,050名(H24年3月31日時点)
        
合格のための学習方法としては、初級の場合は公式テキスト「企業法とコンプライアンス」の理解が一番の早道。
出題は「ビジネスとコンプライアンス」という知的財産権に関するものが出題数が多い。初級対策は模擬問題を繰り返し解く勉強をしっかりやれば、公式テキストで合格できる範囲だ。1ヶ月あれば十分合格できます。

上級試験対策は、まず上級用の公式テキスト「企業法とコンプライアンス」(東洋経済新報社)は必読。さらに、検定委員会が公開している模擬問題を繰り返し解いて、単なる法令遵守ではない、コンプライアンスのあるべき姿を把握しておくことが大切です。また、短い試験時間内での論述問題も十分な対策が必要。上級試験では最後の論述問題がヤマになると思います。
上級は合格率は低いですが、これらのことをしっかりと勉強すればそれほど難易度は高くありません。初級の知識があれば45時間程度の勉強で合格できると思われます。初めてでも2~3ヶ月間あれば合格は可能。但し、協会のHP掲載内容によると、学習時間の目安は、上級 40時間 初級 20時間としています。
初級も上級試験も、問題や出題の内容を理解し、答案練習を繰り返し行うことが試験合格への近道です。公式テキストなど学習ツールは充実しているので、時間を作って勉強を着実に進められるかどうかだけでしょう。
検定の受験にあたり効果的に学習を進めるための教材として、東洋経済新報社よりビジネスコンプライアンス検定の出題範囲に対応した公式テキストが、またサーティファイからは分野別の練習問題と模擬問題からなる初級問題集が発行されています。
ビジネスコンプライアンス―検定試験公式テキスト「初級」第2版
通信講座   日経ビジネスのオンライン基礎講座
協会のeラーニング学習ツール
通学スクール  LECのビジネスコンプライアンス基礎講座
教材 

協会が案内する試験対応書籍
問い合わせ先  株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL:http://www.sikaku.gr.jp/
東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
TEL:0120-031-749 FAX:0120-31-750 E-Mail:info@certify.jp
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.