ビオトープ管理士


資格名 ビオトープ管理士  ※「ビオトープ」とは「野生生物の生息空間」という意味のドイツ語 
 資格の種類 民間資格          主催 財団法人日本生態系協会         
資格の概要  「ビオトープ管理士」は、地域の自然生態系を守り取り戻すビオトープ事業、自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力を認定し、ビオトープ事業に携わる技術者の育成と質の向上を図るための資格。この資格は、環境省の入札参加資格審査申請における有資格者に指定されています、また国土交通省、農林水産省、秋田県、宮城県、長野県、岐阜県、京都府 や市町村など各地の行政機関で業務入札要件として採用されています。地域の自然生態系を守り、失われた生態系を取り戻すと言う環境政策(ビオトープ)の効果的な推進を提言します。

※この資格には「計画管理士」と「施工管理士」の2種類があり、またそれぞれに1級と2級があります。
専門性から計画部門と施工部門の2部門、さらに経験量や期待される責任の大きさから1級・2級の2階級に区分され、それらの組み合わせにより資格が認定されています。
認定されている資格は、1級ビオトープ計画管理士、1級ビオトープ施工管理士、2級ビオトープ計画管理士、2級ビオトープ施工管理士の4種類となります。
※2級は、基礎的な知識を有する技術レベル。1級は、業務担当責任者レベル。

・ビオトープ計画管理士
地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、広域的な地域計画(都市計画、農村計画など)のプランナー
・ビオトープ施工管理士
地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、設計・施工にあたる事業現場担当の技術者


※環境に関する資格は、数多く存在しますが、そのほとんどは日本国内でのみ有効な資格になっています。その種類は、国家、公的、民間資格にそれぞれありますが、環境系の資格は、さらに化学系、生物系、工・物理学系に分けられます。その中の生物系に分類される資格としては、ビオトープ管理士、森林インストラクター、生物分類技能検定、などが挙げられます。環境分野では広く知られている資格ばかりですが、主に生物や自然環境の調査・保全の人材を育成することが目的になっているため、そのような仕事に携わりたい方を主な対象としています。生物系の資格は、主に現場での保全や、一般の人に自然や生物を知ってもらうような仕事のための資格といえます。

※ビオトープ管理士認定者数
 平成27年度認定者数  695名
 平成26年度認定者数  447名
 平成25年度認定者数  709名
 平成24年度認定者数  832名
 平成23年度認定者数  1,093名
平成25年に累計で1万名を突破しました。環境基本法等の制定により、需要が増えつつあり、就業者数も増えています。
試験方式  1級・2級ともビオトープ計画管理士、ビオトープ施工管理士の2つの部門があります。
■2級 (ビオトープ計画管理士)
・筆記試験  多肢択一問題50問(150分)及び小論文1問(400字)
 共通科目(30問):生態学(10問) ビオトープ論(10問) 環境関連法(10問)
 専門科目(20問).
      計画部門:@都市計画や農村計画 A地域計画 B国土全体の土地利用計画等において、特に自然生態系の         保護・保全・復元・創出を目的とした場合の抗争・計画・設計等に関連する事項とそれらに 関する法制度
・小論文(1問):ビオトープ管理士としての意志や信念
■2級 (ビオトープ施工管理士)
・筆記試験  多肢択一問題50問(150分)及び小論文1問(400字)
 共通科目(30問):生態学(10問) ビオトープ論(10問) 環境関連法(10問)
 専門科目(20問).
      施工部門:@河川や士水域・海岸・道路・農地・公園・里山・森林・庭等において野生生物の生息空間を保護・          保全・復元・創出する際の設計・施工全般に 関する事項とそれらに関する法制度
・小論文(1問):ビオトープ管理士としての意志や信念

■1級 (ビオトープ計画管理士)
・筆記試験   多肢択一問題50問 ・記述問題4問(400字以内で記述) ・小論文1問(1200字)
 共通科目(30問):生態学(10問) ビオトープ論(10問) 環境関連法(10問)
 専門科目(20問)
     計画部門:@都市計画や農村計画、A地域計画、B国土全体の土地利用計画等において、特に自然生態系の        保護・保全・復元・創出を目的とした場合の抗争・計画・設計等に関連する事項とそれらに関する法制度
・口述試験 - 試験官との質疑応答、約15分間 
  ※1級筆記試験の合格者のみ
■1級 (ビオトープ施工管理士)
・筆記試験   多肢択一問題50問 ・記述問題4問(400字以内で記述) ・小論文1問(1200字)
 共通科目(30問):生態学(10問) ビオトープ論(10問) 環境関連法(10問)
 専門科目(20問)
     施工部門:@河川や士水域・海岸・道路・農地・公園・里山・森林・庭等において、野生生物の生息空間を保護・         保全・復元・創出する際の設計・施工全般に関する事項とそれらに関する法制度
・口述試験 - 試験官との質疑応答、約15分間 
  ※1級筆記試験の合格者のみ

◆合格基準
 (筆記試験)
・択一問題が各科目において正解が60%以上であること。
・記述問題が4問全てにおいて合格点であるA・B評価であること(A〜Dの4段階評価)
・小論文が意思・信念・知識の内容が適切であること。 以上を全て満たすことで合格。
 (口述試験)1級の筆記試験の合格者に対して課される面接形式の試験
・意思や信念、知識が1級ビオトープ計画管理士または1級施工管理士として適切かどうかが問われる。
 適切ならば合格。

※試験の施行規則から
・筆記試験では、生きものや法制度に関する知識から技術、倫理観、評価力や応用力まで、自然と伝統が共存する持続可能なまちづくり・くにづくりに必要な知識や技能を有していることを、試験による審査でもってはかる、とされている。また、試験問題は、事故や怪我のほか危険生物に遭遇した場合などの対処方法、あるいはその類を未然に防ぐ方法について出題するとされている。
・口述試験は、1級の筆記試験合格者のみに課される面接形式の試験で、実務経験、専門知識、環境問題に対する認識や意欲などさまざまな角度からの質問に対し、事業の責任者レベルとして適切に答えられることを合格の基準とする、とされている。
また、試験問題は、事故や怪我のほか危険生物に遭遇した場合などの対処方法、あるいはその類を未然に防ぐ方法について問う、とされています。
受験資格  ・2級: 特に制限はなく、誰でも受験することが可能です。
・1級: 一定年数の実務経験が必要とされます(下記参照)
1.四年制大学を卒業後、7年以上の実務経験を有するもの
2.短大・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験者
3.技術士(建設、農業、林業、水産、環境の5部門に限る)、1級土木施工管理技士、造園施工管理技士資格所持者で、資格を取得後、4年以上の実務経験を有するもの
4.ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験者
5.その他(詳しくは(財)日本生態系協会のホームページを参照)
 試験科目 ・試験科目と出題数
 ■2級 (択一)出題数 計50問
   @共通科目(生態学10問 ビオトープ論10問 環境関連法10問)
   A専門科目(計画部門]または施工部門 20問)
   B小論文1問
 ■1級 (択一)出題数 計50問
   @共通科目(生態学10問 ビオトープ論10問 環境関連法10問)
   A専門科目(計画部門]または施工部門 20問)
   B小論文1問
     (記述)発展的な内容 4問 
     (口述)筆記試験合格者のみ

・科目の内容
 □共通科目  (計画・施工の部門を問わず、共通の問題、級により出題は異なる)
  ・生態学 野生生物等、生態系の構成要素、機能に関する事項
  ・ ビオトープ論 ビオトープの理念に関する事項
  ・ 環境関連法 自然環境および野生生物の保護等に関する法制度
 □専門科目  (部門と級により出題が異なる)
  ・土地利用計画 (ビオトープ計画管理士を受験する場合の専門科目)
都市や農村等の土地利用計画において、特に自然生態系の保護・保全、復元、創出を目的とした場合の構想、計画、設計等に関する事項と、それに関わる法制度に関する事項
  ・土木・造園 (ビオトープ施工管理士を受験する場合の専門科目)
都市、河川、止水域、海岸、道路、農地、公園等において、野生生物の生息空間を保護・保全、復元、創出する際の設計、施工に関する事項
※ただし、既に計画、施工管理のいずれかに合格し、他方を受験する場合、あるいは試験の一部免除の適用を受ける場合には、上記と異なる試験科目となりますので注意が必要。
スケジュール  ・申込期間:6月上旬〜8月中旬
・試験日:
  1級、2級筆記試験           9月下旬 第4日曜
  1級筆記試験合格者の口述試験  12月上旬

平成29年度ビオトープ管理士資格試験日程
平成29年度ビオトープ管理士セミナー
【ビオトープ管理士セミナー】
   大阪会場:6/3(土)-4(日) 東京会場:7/1(土)-2(日)  
【ビオトープ管理士資格試験】
   ・筆記試験 平成29年9月24日(日)
   ・口述試験 平成29年12月9日(土) …1級筆記試験の合格者のみ
   ・受験申込期間 平成29年6月1日(木)〜8月12日(土)
試験会場  札幌 盛岡(2級のみ) 仙台 松本(2級のみ) 東京 新潟 金沢(2級のみ) 長野 静岡(2級のみ) 名古屋 大阪 広島(2級のみ) 徳島(2級のみ) 福岡 鹿児島 
※学校からの申請でキャンバス受験制度もあります。また、会場のない地域でも、申請によって自主運営の会場を設けることができるサテライト会場制度もあります。
受験料   1級 11,000円(筆記再受験者:5,000円)   2級 7,000円 (税込)
資格 難易度  ・難易度: 1級 「A」難関   2級 「B」普通    
・合格率:  1級 (経験豊富な事業責任者レベル)  25〜30%
        2級 (基礎知識のある技術者レベル)  40〜45%

※参考データ
・2007年度ビオトープ管理士試験結果
   合格率 31.3%(受験者数2136名 合格者数668名)
 受験対策
 &
資格の将来性 
計画管理士と施工管理士があり、それぞれ1級、2級がある。施工部門では生き物に関する知識、現場の2級は択一問題のみで記述問題はない。生態系の状況、造園・土木に関する知識の勉強が必要。計画部門では法律、行政、社会政策に関する勉強が中心になる。試験は施工の方が難しい。1級と2級の差は記述問題があるなしだけになった。06年の制度改正により、合格率は一挙に45%にアップし、だいぶ易しくなった印象があるが、問題そのものは、決してやさしくなってはいない。過去には独学でも通用した試験であったのが、年々難しくなっているとみるべきだろう。
試験範囲が非常に広く、詳細で広い範囲の知識を習得しなければならないため、かなりの量の勉強が求められる。2級は記述問題がなくなったため、負担は減ったようだが、それでも3ヵ月〜5ヶ月くらいの学習期間は見ておかなければならないでしょう。

1級試験で重要視されているのは造園業や土木業などでの経験より、むしろ自然保護に関する専門知識である。1級の試験と2級の差は記述問題のあるなしだけですが、記述式問題には十分な対策が必要です。この試験の特徴は出題範囲が非常に広いことにあります。生態系に関する各種の知識に通じていることが必要になるため、勉強は相当な量が求められます。独学では試験範囲の全体像を捉えるのには少しむつかいしい面があるため、セミナーの受講が必要でしょう。初心者の場合には、講座やセミナー利用で学習時間6ヶ月〜1年以上は必要になります。

この試験では、何といっても試験の結果を左右するのは400字小論文です。例文を読んでいるだけではクリアできないので、自分の言葉で書く力を身につける練習が絶対に必要です。
生物や生態系、環境、土木などに関する学習の他、毎年行われる「ビオトープ管理士セミナー」に参加し、出題傾向を把握しておくと良いでしょう。セミナーの教科書や副読本に指定されている参考書なども科目ごとに出版されているので、十分に活用した方が良いと思います。
この資格の残念なところは、合格しても評価をしてくれるところがないことですが、環境省など中央官庁や地方自治体の入札資格になっているため、地域や学校などでの環境教育や環境PRには有効で、地方自治体や公社、会社などの環境部門で働きたい人には有利な資格です。試験は建設業、環境配慮型住宅メーカー、造園業、製造業、材料メーカーなどにつとめる人の受験者が多く、行政の環境課や公園課、環境NGO、環境NPOなどの他、企業でなら造園業や土木建設業、コンサルタント業などで勤務します。

※大学で、この資格について学べるところには、東海大学、名城大学、法政大学、北海道工業大学、東洋大学、東京電機大学、鳥取環境大学などがあります。
通信講座   研究所が主催する「ビオトープ管理士養成通信講座」
通学スクール  -
教材        
問い合わせ先  (財)日本生態系協会ビオトープ管理係    http://www.ecosys.or.jp/
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20音羽ビル  TEL03(5954)7106

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.